創薬(用語)

創薬に関する記事一覧

  • Gタンパク質共役型受容体など膜タンパク質標的の創薬目指すリベロセラが5.4億円を追加調達

    Gタンパク質共役型受容体など膜タンパク質標的の創薬目指すリベロセラが5.4億円を追加調達

    膜タンパク質を標的とする革新的治療薬の創出を目指すリベロセラは5月14日、東京大学協創プラットフォーム開発(以下東大IPC)が主導しベンチャーキャピタル等を引受先とする第三者割当増資により約5.4 億円を調達したと発表した。 続きを読む

  • コロナ禍で押し進められたDXの中、AIに期待される今後の役割とは

    コロナ禍で押し進められたDXの中、AIに期待される今後の役割とは

    2020年、新型コロナウイルスの存在が確認されて以来、その猛威は世界中に広がり、2021年になった今でも終息のめどが立っていない。そのような状況下、にわかに注目を集めているのが業務の自動化や省力化を得意とするAI技術の活用だ。 続きを読む

  • AI創薬・AI再生医療スタートアップ「ナレッジパレット」が創薬・再生医療領域の停滞を吹き飛ばす

    AI創薬・AI再生医療スタートアップ「ナレッジパレット」が創薬・再生医療領域の停滞を吹き飛ばす

    創薬および再生医療高品質化の研究開発を行うナレッジパレットは3月29日、シリーズAにおいて、第三者割当増資による総額約5億円の資金調達を発表した。引受先は、リード投資家の未来創生2号ファンド(スパークス・グループ)、きぼう投資事業有限責任組合(横浜キャピタル)、既存株主のANRI。創業以来の累計調達額は約7億円となった。 続きを読む

  • アミノ酸トランスポーターLAT1を創薬標的に画期的医薬品開発を目指すジェイファーマが5億円を調達

    アミノ酸トランスポーターLAT1を創薬標的に画期的医薬品開発を目指すジェイファーマが5億円を調達

    ジェイファーマは1月7日、ラウンドDにおいて、第三者割当増資による総額5億円の資金調達を発表した。引受先はEight Roads Ventures、F-Prime Capital Partners。ラウンドDの累計調達額は総額22億4600万円となった。 続きを読む

  • D3 LLCがバイオ/創薬やデジタルヘルス/ヘルステック特化型1号ファンドを30億円規模で組成

    D3 LLCがバイオ/創薬やデジタルヘルス/ヘルステック特化型1号ファンドを30億円規模で組成

    D3 LLCは12月24日、30億円規模の1号ファンド「D3バイオヘルスケアファンド1号投資事業有限責任社員」のセカンドクローズを行ったと発表した。 続きを読む

  • TikTokの親会社ByteDanceがAI創薬チームを採用開始、多角化を目指しヘルスケア産業へ参入

    TikTokの親会社ByteDanceがAI創薬チームを採用開始、多角化を目指しヘルスケア産業へ参入

    TikTokの親会社であるByteDanceは、広告やライブストリーミング販売に依存する事業の多角化を目指して、ヘルスケア産業へ参入する。コンテンツアルゴリズムを得意とする同社はマウンテンビュー、上海、北京全域でAI創薬の人材募集を開始したことが、同社の求人ページにて明かされた。 続きを読む

  • NVIDIAのGPUで新型コロナ研究中のAIスタートアップElix、アステラス製薬とAI創薬の共同研究開始

    NVIDIAのGPUで新型コロナ研究中のAIスタートアップElix、アステラス製薬とAI創薬の共同研究開始

    AIスタートアップのElixは8月6日、アステラス製薬との共同研究を7月から進めていることを明らかにした。 続きを読む

  • 合成生物学ツールで創薬を大規模化するOctant、UCLAの研究チームが開発したテクノロジーがベース

    合成生物学ツールで創薬を大規模化するOctant、UCLAの研究チームが開発したテクノロジーがベース

    Andreessen Horowitzが支援するOctantが、ついに公の場に姿を現した。合成生物学用ツールを駆使して創薬の最新トレンドを支える企業だ。製薬業界の視線が高精度医療(つまり遺伝子工学を用いた、患者個人に合わせた疾患の治療法の研究)に集まる中、Octantは同じ技術を用いて、創薬と診断の大規模に取り組んでいる。 続きを読む

  • AIとビッグデータが新型コロナとの戦いで奇跡を起こすことはない

    AIとビッグデータが新型コロナとの戦いで奇跡を起こすことはない

    かなづちを持っている人には、あらゆる問題が釘のように見える。予想通り、テクノロジーセクターは目に入るすべての釘を一生懸命かなづちで叩いている。だが、現代のデータエコシステムの分析力は、新型コロナウイルス治療への対応の点では非常に限られている。 続きを読む

  • 希少疾患の治療法をAIで探るHealxが約61億円を調達

    希少疾患の治療法をAIで探るHealxが約61億円を調達

    AIを使って希少疾患の新しい治療法を探るスタートアップ、ヒーレックスがシリーズB投資で5600万ドル(約61億円)を調達した。 続きを読む

  • AIで創薬プロセスを改善するAtomwiseが、シリーズAで4500万ドルを調達

    AIで創薬プロセスを改善するAtomwiseが、シリーズAで4500万ドルを調達

    深層学習を用いて新薬の発見プロセスを短縮するAtomwiseがシリーズAで4500万ドルを調達した。このラウンドは、Monsanto Growth Ventures、Data Collective(DCVC)、ならびにB Capital Groupによって主導された。Atomwiseに対して初めて投資を行うBaidu Ventures、Tencent、Dolby Family Venturesも参加し、かつて投資していたY Combinator、Khosla Ventures、そしてDFJも再び参加した。 このことにより、2012年に創業したAtomwis… 続きを読む