Duke University

  • 気化した過酸化水素で除染すればN95マスクも再利用可能に

    気化した過酸化水素で除染すればN95マスクも再利用可能に

    デューク大学は、過酸化水素を使ってマスクの除染する方法を発見したと考えている。このプロセスでは特殊な装置を使って過酸化水素を気化させ、その蒸気をマスクのすべての層に通して、その素材を劣化させずにウイルスも含め殺菌する。 続きを読む

  • 顕微鏡で観察する‘微小ロボット’のモジュールが、形をさまざまに変えてたった一つの細胞を捉える

    顕微鏡で観察する‘微小ロボット’のモジュールが、形をさまざまに変えてたった一つの細胞を捉える

    ノースカロライナ州立大学とデューク大学が発表したビデオでは、顕微鏡の下で5つの小さなキューブが自由に浮遊している。突然、二つのペアがくっつき合い、最後には5つすべてが一体化する。いったんくっつくと、彼らは蝶番のように折れ曲がり、パックマンのあごのように密着し合う。キューブたちは小さな円形のオブジェクト…一つのイースト菌の細胞…に接近し、蝶番の開閉を利用して前進していく。やがて彼らは閉じた形状になり、そこにイースト菌を閉じ込め、その後また開いて、菌を自由にしてやる。 続きを読む

  • レーザーを使用する3D顕微鏡で小さなウィルスの体内航跡を観察する

    レーザーを使用する3D顕微鏡で小さなウィルスの体内航跡を観察する

    もしもあなたがぼくみたいな人間なら、ウィルスが自分の体内を航行するときの経路が気になって気になって、まる一日がつぶれてしまうことがあるだろう。そんなぼくたちにとって幸運にも、デューク大学の研究者たちが開発した新しい顕微鏡は、おちびさんたちがたどる道を、ミクロン単位で見せてくれる。 Kevin Welsher助教授の研究チームが設計したシステムは、従来の顕微鏡の形をしていない。光学的に像を拡大するのではなく、少量の対象物をさまざまな角度からレーザーで何度も走査し、特殊な蛍光粒子を光らせる。そしてそれらの位置の変化を追う。 続きを読む

  • ハイテク業界のマネージャーには、管理者教育が必要だ

    ハイテク業界のマネージャーには、管理者教育が必要だ

    かつて私がプログラマーからプロジェクトマネージャーになろうとしていた頃、勤め先のXerox Corporationは、私をバージニア州リースバーグにある巨大な教育訓練センターに送り込んだ。そこでは2週間に渡って、私の新しい任務で必要とされるスキルを教えられた。プロジェクト管理、動機付け、雇用規則の遵守、進捗レポートやプレゼン資料の書き方などだ。さらに会社は、ニューヨーク大学の夜間に通ってMBAを取得するよう勧めた。しかもたくさんの休暇をくれ、学費も払ってくれた。 インターネット時代のハイテク企業は、さまざまな特典を従業員に与えている。しか… 続きを読む