DX / デジタルトランスフォーメーション(用語)

DX / デジタルトランスフォーメーションに関する記事一覧

  • Salesforceがローコードツールキットにドラッグ&ドロップ式のインタラクティブコンポーネントを導入

    Salesforceがローコードツールキットにドラッグ&ドロップ式のインタラクティブコンポーネントを導入

    最近、ローコードツールやノーコードツールが数多く登場している。これは、企業が技術者ではないエンドユーザーでも、コードなしで(あるいはほとんどコードなしで)アプリケーションを作成できるようにしようとしているからだ。CRMの巨人Salesforceは、そのプラットフォーム上での複雑な作業を軽減するために、こうしたアプローチを積極的に推進してきた。 続きを読む

  • ノーコードでチャットボットを開発可能なKUZENを提供するコンシェルジュがシリーズAで4.5億円を調達

    ノーコードでチャットボットを開発可能なKUZENを提供するコンシェルジュがシリーズAで4.5億円を調達

    ノーコードでチャットボットを開発でき、チャットから収集したデータをプラットフォーム上で分析できるウェブアプリ「KUZEN(クウゼン)」を提供するコンシェルジュは、シリーズAラウンドとして、東京⼤学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)およびUB Venturesを引受先とした第三者割当増資で、4億5000万円を調達した。 続きを読む

  • データ活用支援のDATAFLUCTが3億円調達、スタートアップスタジオモデルで2年後の上場目指す

    データ活用支援のDATAFLUCTが3億円調達、スタートアップスタジオモデルで2年後の上場目指す

    「多くの企業は、データを会社の中で腐らせてしまっています」。そう話すのは、データサイエンスビジネスを展開するDATAFLUCTCEOの久米村隼人氏だ。同社は2021年4月20日、東京大学エッジキャピタルパートナーズよりシリーズAで3億円の資金調達を行ったと発表した。 続きを読む

  • 死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

    死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

    死は、人生において絶対に避けられない出来事であると同時に、非常に複雑で厄介な問題でもある。感情的あるいは宗教的な複雑で不安な気持ちに圧倒されるなか、多くの遺族はお金や、対処すべきさまざまな問題にも悩まされる。米国時間4月6日、Empathyというスタートアップが、そうした課題に正面から取り組み、遺族の心の傷を部分的に肩代わりすることを目指して、ステルスモードから姿を現した。 続きを読む

  • 幼稚園・学校・塾・習い事教室の集金業務キャッシュレス化・DX化を実現する「enpay」が4億円調達

    幼稚園・学校・塾・習い事教室の集金業務キャッシュレス化・DX化を実現する「enpay」が4億円調達

    集金業務のキャッシュレス化・DX化を実現するFintech×SaaSプラットフォーム「enpay」(エンペイ)を提供するエンペイは4月1日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による総額4億円の資金調達を完了したと発表した。引受先は、リードインベスターのDNX Ventures、ちゅうぎんインフィニティファンド。累計調達額は4億7000万円となった。 続きを読む

  • 「建設DX」のスパイダープラスが上場、現場出身の創業者「俺にわかるものを作れ」

    「建設DX」のスパイダープラスが上場、現場出身の創業者「俺にわかるものを作れ」

    今、デスクレスSaaSが熱い。物流ラストワンマイルの変革を目指す207は、TechCrunch Startup Battle Online 2020で優勝を飾った。また、製造工場から紙をなくすカミナシは、2021年3月シリーズAで約11億円を調達している。 続きを読む

  • 「昭和」な方法が残る債権管理・督促業務のDXを進めるLectoが総額1.1億円調達

    「昭和」な方法が残る債権管理・督促業務のDXを進めるLectoが総額1.1億円調達

    債権管理・督促業務のDXを進めるスタートアップLecto(レクト)は3月22日、第三者割当増資によって総額1億1000万円の資金調達を行ったと発表した。Lectoは今回の調達で、債権管理・督促回収業務を一貫して支えるSaaS(Software as a Service)プロダクトの開発を進める。 続きを読む

  • 金属加工のDXを推進する「Mitsuri」運営のCatallaxyが総額4.1億円調達で未来の製造業を目指す

    金属加工のDXを推進する「Mitsuri」運営のCatallaxyが総額4.1億円調達で未来の製造業を目指す

    特注金属部品における受発注の商取引プラットフォーム「Mitsuri」を提供するCatallaxyは3月22日、第三者割当増資により総額約4億1000万円の資金調達を行ったと発表した。Catallaxyは2020年3月17日に約3億2500万円を調達したばかりだが、ここ1年の累計調達額は約7億3500万円となった。 続きを読む

  • 不動産DXのWealthParkが25億円調達、オルタナティブ投資のプラットフォーム目指す

    不動産DXのWealthParkが25億円調達、オルタナティブ投資のプラットフォーム目指す

    株式や仮想通貨を運用する人にとって、アプリやウェブで資産管理をすることは、いまや常識となった。しかし現在、不動産オーナーの多くは「紙」で資産管理を行っている。この状況を変えようとするスタートアップがWealthParkだ。2021年3月22日、WealthParkはJICベンチャー・グロース・インベストメンツから25億円を調達したと発表した。 続きを読む

  • 「東大IPC 1st Round」第4回の採択企業5社を発表、シード期から東大発スタートアップを支援

    「東大IPC 1st Round」第4回の採択企業5社を発表、シード期から東大発スタートアップを支援

    東大IPCは3月15日、第4回「東大IPC 1st Round」採択企業を発表した。採択されたのは、EVや鉄鋼材リサイクル、AI、バイオ、獣医DXで事業展開する5社だ。東大IPCは三井不動産など計10社のコーポレートパートナーと手を組み、最長6カ月の期間でさまざまなサポートをしながら、採択企業の垂直立ち上げを目指す。 続きを読む