Eコマース

  • アドビのCommerce CloudはMagentoにAmazonとGoogleを統合

    アドビのCommerce CloudはMagentoにAmazonとGoogleを統合

    米国時間5月13日、MagentoのImagine 2019カンファレンスで、Adobe(アドビ)はいくつかのアップデートを発表した。プラットフォームのカバー範囲を、サービスを利用する中小企業にも拡げることを狙ったものだ。 続きを読む

  • Instagramはクリエイターやインフルエンサーによる直売を可能に

    Instagramはクリエイターやインフルエンサーによる直売を可能に

    Instagramでは、クリエイターやインフルエンサーが商品にタグを付けることで、投稿やストーリーを見た人に直接販売することができるようになるという。 続きを読む

  • 辛い葬儀を補佐するEver Lovedが本当の問題に取り組む

    辛い葬儀を補佐するEver Lovedが本当の問題に取り組む

    ジョンストン氏が起したEver Lovedは、葬儀に関する手続きの間、心の安らぎを提供したいと考えている。 続きを読む

  • Amazonによるeコマース50%独占が意味するもの

    Amazonによるeコマース50%独占が意味するもの

    ウォルマートのグローバルeコマースサプライチェーンを担当するSVPを5年間務めた者として、私は実在の小売店舗がいかにeコマースにおけるAmazonの独占に対応しているかを最前列でつぶさに見てきた。 続きを読む

  • Amazon、記録破りのホリデーシーズン売上。新規プライムメンバーが「数千万人」

    Amazon、記録破りのホリデーシーズン売上。新規プライムメンバーが「数千万人」

    Amazon は記録破りのホリデーシーズンを終えたことを今日(米国時間12/26)午前発表した。 続きを読む

  • WalmartはAppleを抜いて米国で第3位のオンライン小売業者になる見込み

    WalmartはAppleを抜いて米国で第3位のオンライン小売業者になる見込み

    eMarketerからの今週のレポートによれば、WalmartはAppleを抜き米国で第3位のオンライン小売業者になった。依然Amazonが、2018年のeコマースの48%を占め、他を圧して首位を保ってはいるものの、年末までにWalmartは(Sam’s ClubとJet.comも加えると)、米国内のオンライン小売業における売上の4%を占めることになりそうだ。 続きを読む

  • 百貨店のリプレイス狙うギフト特化型EC「TANP」が1.2億円を調達

    百貨店のリプレイス狙うギフト特化型EC「TANP」が1.2億円を調達

    ギフトEC「TANP」を運営するGraciaは10月22日、複数のVCや個人投資家らを引受先とする第三者割当増資により1.2億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • メッセージアプリだけで成功した高級品専門店Threadsが22億円の投資金を獲得

    メッセージアプリだけで成功した高級品専門店Threadsが22億円の投資金を獲得

    eコマースの市場と聞いてまず思い浮かべるのが、ウェブサイト上に作られた店舗やアプリだろう。しかし今、そのどちらも持たずに、また今後持つ予定もなく、多額の現金を集めて、商品の販売活動を行なっているスタートアップがある。彼らが使っているのは、その成長の原動力でもあるプラットフォーム、「メッセージアプリ」だ。 続きを読む

  • 身体を3D計測するボディスキャンアプリ3DLOOKが100万ドルを調達

    身体を3D計測するボディスキャンアプリ3DLOOKが100万ドルを調達

    3Dボディスキャンシステムは、何年もの停滞と再起動を繰り返したあとに、大きな動きを見せた。Original StitchのBodygramに続いて、新たな3Dスキャナーである3DLOOKが、世界中の身体を測定するために、100万ドルの資金を手に競争に参入した。 創業者である、Vadim Rogovskiy、Ivan Makeev、そしてAlex Arapovdは、スマートフォンだけで人体を測定できることがわかったときに3DLOOKを開発した。チームは、他のソリューションでは必要な精度を実現できず、高価なハードウェアに依存してしまうことを発見した… 続きを読む

  • 米国eコマースにおけるAmazonのシェアが49%にー小売全体では5%を占める

    米国eコマースにおけるAmazonのシェアが49%にー小売全体では5%を占める

    独占禁止調査の脅しに関して、Amazonはすでにホワイトハウスの標的になっている。これは特定のものを標的にするトランプ流の猛攻なのだと言う人もいるが、このほどeMarketerの研究員が発表した数字は、火に油を注ぐことになるかもしれない。 続きを読む

  • メアリ・ミーカー、恒例のインターネット・トレンドを発表――全スライドと重要ポイント要約

    メアリ・ミーカー、恒例のインターネット・トレンドを発表――全スライドと重要ポイント要約

    テクノロジー分野の最新の数字を漏れなく知っておきたいなら朗報だ。伝説のアナリスト、ベンチャー投資家、 メアリー・ミーカーがInternet Trendsの2018年版を発表した。記事末に294ページに及ぶスライド全体をエンベッドしてある。モバイルからeコマースまであらゆるジャンルがカバーされている。ここでは特に重要と思われる点を選んで要約してみた。 続きを読む

  • 「見えない小売店」を目指すDarkstore

    「見えない小売店」を目指すDarkstore

    オンデマンドフルフィルメント(商品の受注決済在庫管理配送を全て手がけるサービス)スタートアップのDarkstoreが、T-Force Final Mileと提携し、さらに33の全国のマーケットを追加した。これによってDarkstoreが対象とするマーケットの総数は40となった、その中にはサンフランシスコ、ロサンゼルス、ポートランド、マイアミ、アトランタ、ボストン、リノ、そしてオースティンなどが含まれている。 T-Force Final Mileは、IKEA、Office Depot、そしてAmazonのための配送を行っているラストマイル配送会社だ… 続きを読む

  • Amazonがアパートなどに設置できる宅配ロッカー”Hub”の運営を開始

    Amazonがアパートなどに設置できる宅配ロッカー”Hub”の運営を開始

    Amazonは、メディアコンテンツやクラウドサービスといった実体のない製品の取扱範囲をさらに深めているが、電子商取引とマーケットプレイス、そしてそれを支える巨大な物流機構に対しても、そのビジネスの日々の収益を守るために機能の追加を続けている。 本日(米国時間7月27日)Amazonは、Hubという新しいサービスを静かに発表した。これは集合住宅内に設置されるロッカーで、居住者たちが大きな荷物を自由な時間に受け取ることができるようにするものだ。このサービスの特徴は、Amazon自身やその提携相手以外からの荷物も、ここへ配達できるようにしてい… 続きを読む

  • 現金でAmazonアカウント残高をチャージ ― 米国でAmazon Cashがリリース

    現金でAmazonアカウント残高をチャージ ― 米国でAmazon Cashがリリース

    Amazonは米国時間4月3日、Amazon Cashと呼ばれる新しいサービスを発表した。提携する小売店で専用のバーコードを見せることにより、現金でAmazon.comアカウント残高をチャージすることができる。1度で15〜500ドルをチャージすることが可能だ。 Amazon Cashは今日から米国全土の従来型小売店で利用できる。CVS Pharmacy、Speedway、Sheetz、Kum & Go、D&W Fresh Market、Family Fare Supermarkets、VG’s Groceryなどが提携店となって… 続きを読む

  • Alipayが韓国のKakao Payに2億ドルを出資 ― 韓国のEコマース、モバイルペイメント市場に攻勢をかける

    Alipayが韓国のKakao Payに2億ドルを出資 ― 韓国のEコマース、モバイルペイメント市場に攻勢をかける

    AlibabaグループのAnt Financialが新たなM&Aを発表した。同社は、韓国のKakaoが展開するフィンテックプロジェクトに2億ドルを出資する。Kakaoは韓国でメッセージング業界で独占的な地位を確立しており、企業価値は50億ドルにものぼる。 AlipayやAlibabaのデジタルバンキング事業を運営するAnt Financialは、近日ローンチ予定のKakao Payに出資することを決めた。このディールにより、Ant FinancialはKakao Payを通して同社の金融サービスを韓国でも展開する。また、オンラインのペイメ… 続きを読む

  • Walmartがアウトドア用品大手のMoosejawを5100万ドルで買収

    Walmartがアウトドア用品大手のMoosejawを5100万ドルで買収

    Walmartは現地時間15日、アウトドア用品大手のMoosejawを約5100万ドルで買収すると発表した。買収費用はすべて現金で賄われる。ミシガン州マディソンハイツに拠点を置くMoosejawは、オンラインで大きなプレゼンスをもつとともに、ミシガン州をはじめとするアメリカ中西部に10の実店舗をもつ。Walmartによれば、同社による他の買収先と同じく、Moosejawは今後も独立した経営を維持される。そして今後、両社が互いに補完し合うようなブランドを開発していくという。 続きを読む

  • オンラインショップ向けのパーソナライゼーション・ツールDynamic Yieldが2200万ドルを調達

    オンラインショップ向けのパーソナライゼーション・ツールDynamic Yieldが2200万ドルを調達

    ショップのWebサイトなどを顧客別にパーソナライズすることができるツールのDynamic Yieldは現地時間20日、シリーズCで2200万ドルを調達したと発表した。 CEOのLiad Agmonによれば、彼がDynamic Yieldを2011年に立ち上げた理由は、既存のパーソナライゼーション・ツールは「さまざまな問題に対して個別のソリューションを提供する」ものが多かったからだという。 一方、Dynamic Yieldではあらゆる問題に対処できる総合ツールを提供している。このツールが提供する機能には、A/Bテスト、メッセージング、パーソナライズ… 続きを読む

  • Amazonがドローン宅配をイギリスで検証開始、13分で初配送を完了

    Amazonがドローン宅配をイギリスで検証開始、13分で初配送を完了

    Amazonは本日イギリスで、個人へのドローン配送の小規模な検証を開始したと発表した。今のところ、Amazonと協力する2人のカスタマーしかドローン配送での注文はできない。けれど、ゆくゆくは対象となるカスタマーを数十人、その後はさらに数百人規模まで拡大する計画だという。イギリス、ケンブリッジにある初のPrime Air配送センターから数マイル内に住むカスタマーが対象となる。 続きを読む

  • ボタン1つで洗剤やキッチンペーパーを注文、Amazon Dash Buttonが日本上陸

    ボタン1つで洗剤やキッチンペーパーを注文、Amazon Dash Buttonが日本上陸

    かさばるトイレットペーパーなどの消耗品、あるいは重たい水や洗剤が切れる度にスーパーや薬局まで行って買い足すのは家事の負担だ。だが、これからはボタン1つで、いつでも日用品を注文できるようになる。品物を買い忘れる心配もない。Amazonは、ボタンで商品を注文できるIoT端末「Amazon Dash Button」を今日から日本でも販売 続きを読む

  • オンラインの100均ショップ「Hollar」が3000万ドルを調達

    オンラインの100均ショップ「Hollar」が3000万ドルを調達

    100円均一ショップに似たモバイルアプリを運営するHollarがシリーズBで3000万ドルを調達したことを発表した。リード投資家を務めたのはKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)で、他にも新規投資家のComcast VenturesとGreycroft Partners、そして既存投資家のLightspeed Venture Partners、Index Ventures、Forerunner Ventures、PritzkerGroupも本ラウンドに参加している。 これに際し、KPCBでGeneral Part… 続きを読む