電子ウォレット / デジタルウォレット(用語)

電子ウォレット / デジタルウォレットに関する記事一覧

  • Coinbaseが暗号資産ウォレットBRDを人材獲得買収

    Coinbaseが暗号資産ウォレットBRDを人材獲得買収

    暗号資産の推進者たちが新世代のユーザーを獲得しようとしている中、消費者を誘導する主要な入口となっているのが、洗練されたインターフェースを持つ消費者向けウォレットアプリの数々だ。Coinbaseは米国時間11月24日、2014年に初めてモバイルウォレットを発表した暗号資産ウォレットスタートアップBRDのチームを迎え入れることを発表した。 続きを読む

  • 将来、DiscordにNFTと暗号資産ウォレットが登場するかもしれない

    将来、DiscordにNFTと暗号資産ウォレットが登場するかもしれない

    Discordはすでに、NFT(非代替性トークン)のコミュニティの事実上の拠点となっているが、さらにこれらのつながりを大幅に深めることを計画しているかもしれない。 続きを読む

  • 中国のフィンテックWalletsClubは世界で使える「eウォレットのためのVisa」を目指す

    中国のフィンテックWalletsClubは世界で使える「eウォレットのためのVisa」を目指す

    デジタル決済が世界中で主流になりつつある。モバイルネットワーク事業者の業界団体であるGSMAが発表したレポートによると、2020年末までにアクティブユーザー10万人超を抱えるモバイルマネープロバイダーは300社超となった。合計で3億を超えるモバイルマネー口座が世界中で毎月使われている。 続きを読む

  • モバイル決算アプリVenmoは暗号資産、家計管理、貯蓄に進出、2021年中にHoneyを統合

    モバイル決算アプリVenmoは暗号資産、家計管理、貯蓄に進出、2021年中にHoneyを統合

    モバイル決算アプリVenmoの2021年は、これまでとはずいぶん違う展開になりそうだ。Venmoの親会社であるPayPalは米国時間2月3日に行った第4四半期収支報告において、Venmoは家計、貯蓄、暗号資産へと範囲を広げ、ネオバンクの領域に少しずつ近づくと話した。 続きを読む

  • TikTokの中国国内版「Douyin」が電子ウォレットサービスを開始

    TikTokの中国国内版「Douyin」が電子ウォレットサービスを開始

    中国ではTencentのWeChat PayとAlibaba系列のAlipayが長くデジタルペイメントを支配しているが、両社は常に新しいチャレンジャーの挑戦を受けている。オンラインペイメントに新たに参入したのは、TikTokの中国国内版であるDouyin(抖音)だ。 続きを読む