地震(用語)

地震に関する記事一覧

  • IoT
    東大発スタートアップ「ソナス」が地震モニタリングシステム用無線振動計測システムを関西電力本社ビルに設置

    東大発スタートアップ「ソナス」が地震モニタリングシステム用無線振動計測システムを関西電力本社ビルに設置

    安定したIoT無線ソリューションを開発提供するソナスは6月15日、関西電力の41階建て本社ビルをはじめとする7棟の拠点建物に、地震モニタリング用の無線振動計システムを導入したと発表した。 続きを読む

  • Androidに今夏導入される6つの新機能、安全性やアクセシビリティも向上

    Androidに今夏導入される6つの新機能、安全性やアクセシビリティも向上

    Androidに2021年夏から導入される6つの新機能についての情報が、米国時間6月15日に公開された。それらの中には、テキストメッセージにスターを付けて後で簡単に探せるようになる機能や、入力中の言葉に応じて最適なEmoji Kitchen(絵文字キッチン)の候補を表示する機能など、単に「生活の質」を向上させるものもある。 続きを読む

  • グーグルがAndroidスマホを地震計にする技術を発表、世界最大の地震検知ネットワークを作り出す

    グーグルがAndroidスマホを地震計にする技術を発表、世界最大の地震検知ネットワークを作り出す

    本日の発表のハイライトは、Googleの新たな世界規模の地震検出システムだ。これは新しい地震アラート機能としてカリフォルニアでローンチされる。グーグルはAndroidスマートフォンを地震計に変えることで、同社によれば「世界最大の地震検知ネットワーク」を作り出すという。 続きを読む

  • UCバークレー校が海底光ケーブルを地震計にするテクノロジーを発表

    UCバークレー校が海底光ケーブルを地震計にするテクノロジーを発表

    地震の観測は重要な活動だが、精度をアップするためには地震活動が起きている場所になるべく近い地点に地震計を設置しなければならない。これが海洋の中心などになると困難を極める。 続きを読む

  • 震動検知モバイルアプリのMyShakeは、地震データの世界ネットワークを作る

    震動検知モバイルアプリのMyShakeは、地震データの世界ネットワークを作る

    去る2月、UCバークレーの地震学者グループが、MyShakeというアプリを発表した。地震活動を受動的に監視するシステムで、地震を記録すると共に、発生している最中には人々に警告する。アプリは開発者の予想を超え、発表後数ヵ月間に10ヵ国以上で200回以上の地震を検出した。 続きを読む

  • 地震の“予報”はまだ無理だが“早期警報”は可能かもしれない、高密度な地震計ネットワークShakeAlertを米西部でテスト中

    地震の“予報”はまだ無理だが“早期警報”は可能かもしれない、高密度な地震計ネットワークShakeAlertを米西部でテスト中

    アメリカ地質調査所(United States Geological Survey, USGS)といくつかの大学が協力して、ShakeAlertと呼ばれる地震早期警報システムを作っている。その目標は、地震が起きる10秒前までに警報を提供することだ。まだ一般公開されていないが、目下、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンの三州でテストを行っている。 プロジェクトのリーダーの一人でカリフォルニア大学バークリー校地震研究所の所長、そして地球惑星科学科の学科長でもあるRichard Allenは語る: “同様の地震早期警報システムのテストを、イタ… 続きを読む

  • Google、アメリカ地質調査所と連携して最新地震情報の提供を開始

    Google、アメリカ地質調査所と連携して最新地震情報の提供を開始

    地震頻発地域にお住まいの方には、ある意味で朗報と言えるかもしれない。身体に感じた「揺れ」が果たして地震なのか、それとも大型トラックが近くを通っただけなのかどうか、あるいは近くで小さな地震が発生したのか、そうではなくて離れた地域で大きな地震が発生したのかを、簡単に調べることができるようになったのだ。方法は簡単で、Google(モバイル版およびデスクトップ版の双方に対応)で「earthquake」ないし「earthquake near me」を検索すればよいのだ。果たして気にすべき地震が発生したのかどうかをただちに知ることができる。 続きを読む

  • 震災から3年、ヤフーは「検索」で、LINEは「スタンプ」での支援を発表

    震災から3年、ヤフーは「検索」で、LINEは「スタンプ」での支援を発表

    東日本大震災から丸3年となる2014年3月11日。ネット企業もさまざまな形で震災の追悼、支援の取り組みをしているようだ。 ヤフーの「Yahoo!検索スタッフブログ」では、3月11日0時に「あの日から3年。3.11、検索は応援になる。」というエントリーを掲載。Yahoo!検索 続きを読む

  • Googleストリートビュー、福島原発付近の町並を公開

    Googleストリートビュー、福島原発付近の町並を公開

    東日本大震災から2年、Googleは福島県浪江町の立入禁止区域のストリートビュー画像を公開した。対象にはチェルノブイリ以来最大の放射能事故現場である福島第一原子力発電所も含まれる。360度のパノラマ画像には、無人の街並みと廃虚と化した建物が写し出され、不気味であると共に悲痛だ。 続きを読む

  • Apple、日本版iOSに緊急地震速報を追加

    Apple、日本版iOSに緊急地震速報を追加

    〔お詫び:この記事の公開当初、短時間ですが誤って日本版記事アーカイブへのリンクとなっていました。ブックマーク等された場合は現在のアドレスに修正するようお願いします。〕 日本版のiOS 5に緊急地震速報情報をSMSで受信することができる特別なウィジェットが追加されることになった。 ただし、このウィジェットは即座に警報を受信するため常時サーバに接続しているのでバッテリーのもち時間を減らす可能性があるという。 続きを読む

  • 日本の大地震で家族の結びつきを助けた位置対応モバイルアプリTekTrak

    日本の大地震で家族の結びつきを助けた位置対応モバイルアプリTekTrak

    日本を襲ったマグニチュード9.0の大地震と、それに続く、カリフォルニアやインドネシアなどでも死者が出るほどの地球規模の大津波のような、大きな災害が起きると、まず第一に気になるのが、被害に遭っているかもしれない家族との連絡だ。電話でもメールでも何でもいいから連絡をとりたい、とあせる。 しかし自然災害は通信回線を破壊することが多いし、多くの人が家族と連絡を取ろうとするので、携帯電話のネットワークもたちまち過負荷になる。ぼくは9月11日の攻撃の直後にロワーマンハッタンにいて、親戚の安否を知りたくてあせっていた。あの日のことは、決して忘れないだ… 続きを読む

  • レディー・ガガ、Zyngaを通じて日本の震災救援に150万ドルを寄付

    レディー・ガガ、Zyngaを通じて日本の震災救援に150万ドルを寄付

    すでに報じたとおり、ソーシャルゲームの大手、ZyngaはFrontierVille、FarmVille、CityVilleなどのオンラインゲームを通じて地震と津波で被災した日本の子供たちを救うためにSave The Childrenというキャンペーンを立ち上げている。 今日、Zyngaはレディー・ガガは自ら企画したJapan Prayer Bracelets〔日本のために祈ろう〕というチャリティー・ブレスレットの売上75万ドルを寄付した。またLady Gagaはこれと別に7個人として5万ドルをアメリカ赤十字を通じて日本救援のために寄付した。 この2… 続きを読む

  • ハイチ地震の復旧プロジェクトを地図化–リアルタイムの情報地図を見て複数の救援組織が協調可能に

    ハイチ地震の復旧プロジェクトを地図化–リアルタイムの情報地図を見て複数の救援組織が協調可能に

    [筆者: Lora Kolodny] ハイチは今なお、1月12日に同国を襲ったマグニチュード7の大地震からの回復に苦闘している。この自然災害は国のすべてを破壊し、上水道施設や、都市と農村のごみ処理施設、人びと(と動物や自然環境)の健康を守る施設、設備、そして組織も崩壊した。 支援物資や支援の意思は各国の非営利団体から洪水のように押し寄せているが、最近の国連報告によれば、避難所や食糧、医療などは、その確保も配布も困難である。HaitiAidMap.orgという新たなWebサイトが、合衆国の非営利団体の、ハイチにおける救援努力の効果と認知度を上げ… 続きを読む