echo

  • IoT
    Amazonは過去を見て未来を作る

    Amazonは過去を見て未来を作る

    この20年間で、スマート家電は夢から日常へと進化した。家電量販店Best Buyの中を歩けば、わずか数分でセットアップできる製品が並んでいる。素晴らしいことだ。 続きを読む

  • 米国のスマートスピーカーの採用台数は6600万、Amazonが大差でリード

    米国のスマートスピーカーの採用台数は6600万、Amazonが大差でリード

    AmazonのEchoデバイスが依然としてアメリカの市場を支配し、据え付け台数ベースで70%のシェアを握っている。次いでGoogle Homeが24%、Apple HomePodが6%だ。 続きを読む

  • クリスマスにAlexaがクラッシュ、サーバーの過負荷か

    クリスマスにAlexaがクラッシュ、サーバーの過負荷か

    クリスマスの日に生まれて初めて自分たちのデバイスをセットアップする新しいユーザーの急増は、Alexaが対応できる範囲を超えていたようだ。 続きを読む

  • Amazon、Alexaの難しい質問への答えをクラウドソーシングで募集

    Amazon、Alexaの難しい質問への答えをクラウドソーシングで募集

    Amazonは、ユーザーにAlexaの難しい質問への答えを投稿してもらう招待制プログラムを開始した。 続きを読む

  • Apple MusicがAmazon Echoにやってくる

    Apple MusicがAmazon Echoにやってくる

    12月中旬、Amazon EchoスピーカーでApple Musicの 曲を流せるようになる。たぶん、ちょっとした驚きだろう。2017年にHomePodを発売して以来、Appleはこの分野のライバルだ。 続きを読む

  • Alexa for Businessをサードパーティのデバイスメーカーが自社製品に利用できる

    Alexa for Businessをサードパーティのデバイスメーカーが自社製品に利用できる

    昨年Amazonは、‘企業用のAlexa’、Alexa for Businessを発表した。Amazonの音声アシスタントの技術を、企業がEchoなどのデバイスで利用できるためのシステムだ。そして今日(米国時間10/24)同社は、そのプラットホームを大きくアップグレードして、デバイスのメーカーが独自の企業用Alexaデバイスを作れるようにした。 続きを読む

  • Alexaをささやき声で使えるようになった、夜のムードを壊したくない人に向いている

    Alexaをささやき声で使えるようになった、夜のムードを壊したくない人に向いている

    先月シアトルで行われたAmazonのAlexaイベントで、EchoなどAlexaデバイスの‘ささやきモード’が紹介された。そのとき見たささやきのデモでは、“子守唄をかけて”とささやくと、AlexaがEchoなど音声アシスタントデバイスにそれを命じる。そして今日(米国時間10/18)、そのWhisper Modeが正式に使えるようになった。 続きを読む

  • レビュー:小さな129ドルのEcho Subでオーディオ環境が格段にアップする

    レビュー:小さな129ドルのEcho Subでオーディオ環境が格段にアップする

    音楽をもっといい音で聴きたい? それならサブウーファーを追加することだ。Amazonもそうすることにした。これで、Echoスマートスピーカーのラインナップは、ずっと面白くなった。Echoの音を不満に感じていたとしたら、Echo Subを追加してもう一度試して欲しい。きっと考えが変わる。 続きを読む

  • AmazonのEcho Inputは初めてのスピーカーのないEchoだ

    AmazonのEcho Inputは初めてのスピーカーのないEchoだ

    Amazonが今日(米国時間9/20)のハードウェアイベントで、Echo Inputという新製品を紹介した。それは上図のように、Echo Dotのとても薄くて小さなバージョンで、Amazon作のAlexaデバイスとしては初めて、スピーカーがない。スピーカーが必要なら、ユーザーがお気に入りのものを自分で接続する。そのために3.5ミリのオーディオケーブルかBluetoothを使うが、マイクが4つあるのでAlexaに話しかけることはできる。Echo Dotと違うのは、オーディオは接続したスピーカーから再生され、デバイス本体からではない。 続きを読む

  • AmazonのAlexaイベントの至るところにGoogleの指紋があった

    AmazonのAlexaイベントの至るところにGoogleの指紋があった

    今日(米国時間9/20)のAmazonの大規模なAlexaイベントで行われたおよそ70の発表の中には、ある重要なものが隠れていた。このビッグイベントから溢(あふ)れ出てくるニュースの多くには、Googleの製品が大きな影を落としていたのだ。 続きを読む

  • 本年Q2、もっとも売れたスマートスピーカーはGoogle Home Mini

    本年Q2、もっとも売れたスマートスピーカーはGoogle Home Mini

    Amazonのプライムデーで一番売れたのはEcho Dotだったかもしれない。しかしStrategy Analyticsの最新レポートによれば、2018年の第2四半期にもっとも売れたスマートスピーカーは、GoogleのHome Miniであるようだ。全世界での出荷台数を見ると、Echo Dotの220万台に対してHome miniは230万台となっている。 続きを読む

  • Alexa CastでAmazon MusicをAlexaデバイスへキャストできる

    Alexa CastでAmazon MusicをAlexaデバイスへキャストできる

    Amazonが今日(米国時間7/26)発表したAlexa Castを使えば、Alexaデバイス上で音楽をもっと幅広くコントロールできるようになる。たとえばスマホでAmazon Musicアプリを聴いていて、それを引き続きAlexaデバイス上で聴く、という移行が容易にできる。MusicはAmazonの重要なサービスのひとつだから、前からこういうことが望まれていた。 続きを読む

  • Alexaに音声によるイコライザーが登場、オーディオ機能の高級化に一歩前進

    Alexaに音声によるイコライザーが登場、オーディオ機能の高級化に一歩前進

    AlexaがEchoのイコライザーを設定できるようになり、たとえば“アレクサ、高音を下げて”(Alexa, decrease the treble)で高音が下がる。この便利な機能は、もっと前からあってもよかった、と思うが、とにかく二日後には展開を終了し、Echoに“アレクサ、低音を上げて”(Alexa, turn up the bass)と言えるようになる。 当面アメリカだけだけど、EchoとDot, Plus, Show, Echo Spotで帯域を-6dbから+6dbの範囲で増減できる。… 続きを読む

  • Alexa Blueprintsで誰でもカスタムAlexaスキルが作れる

    Alexa Blueprintsで誰でもカスタムAlexaスキルが作れる

    本日(米国時間4/19)Amazonは “Alexa Blueprints” を発表する。Alexaオーナーが、自分専用のAlexaスキルをプログラミングなしで作れるシステムだ。Alexaオーナーがトリビアゲームやベッドタイムストーリーなどの独自の音声アプリを作り、決められた通りに回答するようAlexaに教えこむことができる —— たとえは「世界一のママはだれ?」といった具合だ。 続きを読む

  • 子どもたちを食事に呼ぶためにAmazon Echoを使える…家庭内の増設需要をねらうか?

    子どもたちを食事に呼ぶためにAmazon Echoを使える…家庭内の増設需要をねらうか?

    Amazonが今日、Echoの前から約束していた機能を開始した。そのAlexa Announcementsと呼ばれるスキルは、同社のスマートスピーカーを一方向だけのインターホンにして、家にいる家族に通信できるようにする。 続きを読む

  • AmazonがEcho Buttonのゲーム用APIをベータで公開

    AmazonがEcho Buttonのゲーム用APIをベータで公開

    Echo Buttonsは、AmazonのR&Dから出て来るハードウェアとしては一風変わっている。最新のEcho製品群と一緒に発表されたこの小さなライトのようなデバイスは、Alexa Echoの製品系列の中に対話的なゲームプレーを持ち込むことがねらいだ。 続きを読む

  • Alexaの新しい‘ブリーフモード’では、コマンドへの応答を「オーケー」でなくチャイム音ですます

    Alexaの新しい‘ブリーフモード’では、コマンドへの応答を「オーケー」でなくチャイム音ですます

    Amazonが、AlexaデバイスEchoの新しい動作モード、“ブリーフモード”(Brief Mode)の存在を確認した。brief(簡潔)の名のとおり、Alexaが自分の声でなくチャイムなどの音でユーザーの指示を確認するようになる。たとえばAlexaに、明かりをつけるよう頼むと、通常は“okay”と返事するが、ブリーフモードなら小さなチャイム音を鳴らす。 続きを読む

  • Amazon Echoのマルチルーム音楽ストリーミング機能が新たにSpotifyとSiriusXMをサポート

    Amazon Echoのマルチルーム音楽ストリーミング機能が新たにSpotifyとSiriusXMをサポート

    今やミソもクソもノミもシラミもホリデーシーズンの狂騒に間に合わせようと頑張っている今日このごろ、AmazonはEchoのマルチルームストリーミング機能に二つの価値あるプレーヤーを加えた。それは音楽ストリーミングのSpotifyとインターネットラジオのSiriusXMだ。これらが、既存のメンバーTuneIn, iHeartRadio, Pandora, Amazon自身のMusic Unlimitedなどの仲間に加わることになる。 続きを読む

  • Amazon、新型Echoの「(RED)」バージョンを期間限定で発売

    Amazon、新型Echoの「(RED)」バージョンを期間限定で発売

    新しいEchoは、前機種よりもルックスがよい。その理由は主として布地のカバーリングにある。このたび新しい選択肢が増える。特別限定「PRODUCT(RED)」モデルだ。その名にふさわしく布地のアウターは赤で、購入価格(他のEchoと同じく99.99ドル)の中から10ドルが、Global Fundを通じて(RED)のAIDS撲滅キャンペーンに贈られる。 続きを読む

  • AmazonのAlexaデバイスが声で個人を識別できるようになった…Echoの各人利用が可能

    AmazonのAlexaデバイスが声で個人を識別できるようになった…Echoの各人利用が可能

    Amazon Echoの最大の盲点のひとつが解決した。ついに、やっと、今日(米国時間10/11)から、声を聞き分ける機能が加わったのだ。家族のいる家庭では、声を認識してEchoの利用を個人化できる。ショッピングリストや音楽の選択などを、個人別にできるのだ。 続きを読む