エッジAI(用語)

クラウドではなくエッジにあるデバイスで情報処理を実行し、通信による遅延を回避し高速なデータ処理が可能なAI技術のこと。

  • IoT
    エッジコンピューティングのスタートアップEdgifyが6.9億円のシード資金を調達

    エッジコンピューティングのスタートアップEdgifyが6.9億円のシード資金を調達

    エッジコンピューティング用のAIを開発するEdgifyが、Octopus Ventures、Mangrove Capital Partners、および名前を伏せた半導体の巨人の支援を受けて、650万ドル(約6億9000万円)のシード資金を調達した。 続きを読む

  • 産業用オープンソースハードウェアのビズライト・テクノロジーがエッジAIカメラをJVCケンウッドと共同開発

    産業用オープンソースハードウェアのビズライト・テクノロジーがエッジAIカメラをJVCケンウッドと共同開発

    産業用オープンソースハードウェアの企画・製造スタートアップの「ビズライト・テクノロジー」は9月23日、JVCケンウッドと共同開発したIoTエッジAIカメラ「BH3-AI-VISION」を発表した。10月下旬より発売する。 続きを読む

  • 中小企業へ「はやい・やすい・巧いAI」の提供目指すフツパーが数千万円調達

    中小企業へ「はやい・やすい・巧いAI」の提供目指すフツパーが数千万円調達

    中小企業向けのエッジAIソリューションを手がけるフツパーは5月21日、ANRIから数千万円規模の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • IoT
    エッジAI開発のエイシングが第一生命、未来創生ファンドから4億円を資金調達

    エッジAI開発のエイシングが第一生命、未来創生ファンドから4億円を資金調達

    エッジデバイスに組み込んで利用するAI技術を提供するエイシングは3月23日、第一生命保険および未来創生2号ファンドを引受先とした4億円の資金調達実施を発表した。 続きを読む

  • IoT
    デバイス側で学習・予測が完結できるエッジAI開発のエイシングが3億円を調達

    デバイス側で学習・予測が完結できるエッジAI開発のエイシングが3億円を調達

    エッジデバイス組み込み型のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下DBT)」を提供するエイシングは11月20日、約3億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • XnorのAI2GOは数回のクリックだけでエッジAIをカスタマイズ

    XnorのAI2GOは数回のクリックだけでエッジAIをカスタマイズ

    AIは、中小企業やその他の業務で発生する大量の日常的なタスクの実行に役立つ。もし自分専用の機械学習エージェントを構築して展開する方法を知っていさえすればの話だが。 続きを読む