Editor’s Picks

  • Eコマースを巡る次の革命的発展は利用者次第?!

    Eコマースを巡る次の革命的発展は利用者次第?!

    Eコマースにはパーソナルなレコメンド機能が欠かせない。しかし、10年前にAmazonがプロダクト販売の場面に「パーソナライズ」の概念を持ち込んで以来、この面における進化というのはほとんどないという状況かもしれない。但しEコマースで利用できるデータは一層膨大なものとなっており、まさに今、新たな「パーソナライズ」時代へとジャンプする直前期にあるのではないかと思われる。 現状は確かに、Amazonで導入した「パーソナライズ」の仕組みからほとんど進化していないのが実際のところだ。たとえば自分が買ったのと同じ物を買った人が、他に何を購入したかとい… 続きを読む

  • 成長著しいPinterest ― Googleが買収に興味を示す?!

    成長著しいPinterest ― Googleが買収に興味を示す?!

    ここ数日、GoogleがPinterestの買収に興味を示しているという噂を追いかけてみていた。入手した範囲の情報を記しておこうと思う(尚、他に情報をお持ちの方はこちらにご連絡頂きたい)。これまでのところ、Googleが公式にグリッド型ブックマークサービスとでも言うべきPinterestに話を持ちかけたことはない。しかし複数の情報筋によれば、間接的にはさまざまな動きがあるのだとのこと。買収金額についても数億ドル規模というような話は出ているらしい。 金額はなるほど説得力がある。というのもGoogleはかつて利用者がいない段階でのPathを… 続きを読む

  • Samsungが次のAppleだと言えるのはなぜか

    Samsungが次のAppleだと言えるのはなぜか

    ぼくが見てきたCESのこの10年は、どのプレゼンテーションも、どのブースも、目標は一つだった: 何かのエコシステムを作って、消費者をそこに閉じこめること。そして、毎年必ず出てくるプレゼンテーションが、携帯電話が冷蔵庫に接続し、その冷蔵庫がテレビに接続する、という家庭内機器ネットワーキングだ。毎年、それらは失敗した。 これまでは。 今年Samsungと、ほかのベンダたちもある程度まで、ついに成功への鍵を見つけた。過去数年間彼らはもっぱら、Appleがメディアの共有とリモートコントロールを中心に、それらのまわりをぐるぐる走っている様子を、見つめ… 続きを読む

  • 必要なのは医者かアルゴリズムか?–コンピュータ医療の現実的な未来を素描する

    必要なのは医者かアルゴリズムか?–コンピュータ医療の現実的な未来を素描する

    編集者注記: これはシリコンバレーの伝説的な投資家Vinod Khosla(Khosla Venturesのファウンダ)からの、三部から成る寄稿の第二部だ。第一部で彼は、今回の論旨の基盤として、人工知能が単なる論理マシンではなく、人間の能力とコンピュータの能力との組み合わせであることを説明した。第三部では、テクノロジが教育を全面的に改革する、と説く。 1年前にエネルギーに関する講演をしたとき、医療や教育といった、そのほかの社会的な問題に関しては何をしているのか、と聞かれた。不意打ちを食らった私は、冗談まじりでとっさにこう答えた: 週7日一日24… 続きを読む

  • ブログにはコメントが必要か?必要だ–そしてその理由

    ブログにはコメントが必要か?必要だ–そしてその理由

    ブログのコメントはぶっ壊れている。でも必要なのは対策であって、コメントを廃止することではない。この問題は数か月に一回ぐらいのサイクルで必ず持ち上がってくるが、でも最近のソーシャルコメントの技術を見ると、これまでになかった対策が可能ではないかと思えてくる。しかし昨日(米国時間1/3)は、MG Siegler(本誌ライター)とMacStoriesとモバイルデベロッパのMike Gemell、以上三者が、最終的手段として、自サイトのコメントを完全にoffにする、と発表した。その主な理由と思われるのは: ブログのコメント部分はトロル(troll, 荒… 続きを読む

  • アプリのWeb(アプリ間ハイパーリンク)は可能か?

    アプリのWeb(アプリ間ハイパーリンク)は可能か?

    今、史上初めて、アプリの時代というものが訪れようとしているのではないか。iOSのアプリはすでに60万近くあり、Androidも40万近い(Distimoによる)。アプリのエコシステムは指数関数的に急速な成長を遂げ、成長鈍化の兆しもない。また、鈍化するはずもない: モバイルアプリの対象市場の規模は、数億というオーダーなのだから。 アプリがウン十万種類(やがてウン百万種類?)ともなれば、その発見が大きな課題になる。アプリストアでも、自分のデバイスの上でも、そしてサードパーティのサービスにおいても。この、アプリ発見という堅いクルミの殻を割ること… 続きを読む