edutech

  • オンライン家庭教師サービスのマナボがZ会グループと資本業務提携、2.5億円を調達

    オンライン家庭教師サービスのマナボがZ会グループと資本業務提携、2.5億円を調達

    スマホやタブレットを使ったオンライン家庭教師サービス「manabo」を展開するマナボは、11月1日、Z会グループの持株会社である増進会出版社を引受先とする2.5億円の第三者割当増資と、Z会の会員などを対象にmanaboサービスを提供する業務提携契約の締結を発表した。 続きを読む

  • オンラインでの学位取得を支援するNoodle Partnersが400万ドルの資金を調達

    オンラインでの学位取得を支援するNoodle Partnersが400万ドルの資金を調達

    Noodle Partners Inc.はThe Princeton Reviewや2U Inc.を創設したJohn Katzmanが新たに立ち上げた教育ベンチャーだ。同社はこの度400万ドルのベンチャー資金を調達し、カレッジや総合大学が高い水準の認定書や学位のプログラムをオンラインで提供する手助けをする。フィラデルフィアのOsage Venture PartnersがNoodle Partnersのリード・インベスターとなりNew Markets Venture Partners、500 Startupsなどが投資に参加した。 続きを読む

  • サッカー本田の投資1号は教育―、中高生向けプログラミング教育のライフイズテックが7億円を調達

    サッカー本田の投資1号は教育―、中高生向けプログラミング教育のライフイズテックが7億円を調達

    ライフイズテックは今日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ジャフコ、電通デジタル・ホールディングス、ベクトル、Misletoe、KSK Angel Fundなどから総額約7億円の資金調達をしたこと明らかにした。現在好調なキャンプ形式のサマースクールのノウハウを活かしてオンライン教育に力を入れていく。 続きを読む

  • 動画学習のスクー、国内10大学と連携して30本以上の授業を無料配信

    動画学習のスクー、国内10大学と連携して30本以上の授業を無料配信

    2月に3.4億円の資金調達を実施したことを明らかにしたスクーが、今度は全国10大学と連携。同社の運営するコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー)」にて、合計30本以上の授業を3月から無料配信することをあきらかにした。 同社ではすでに2014年から東京大学や法政大学と連携して授業を配信しているが、今回の取り組みでは法政大学のほか早稲⽥大学政治学研究科ジャーナリズムコース、近畿大学、関⻄学院大学大学院、東海⼤学芸術学科、中央⼤学、京都造形芸術大学、京都⼯芸繊維⼤学、⾼野山⼤学、聖学院⼤学と連携。 続きを読む

  • 動画学習サービスのschooが「プログラミング学部」を新設、マネタイズに舵を切る

    動画学習サービスのschooが「プログラミング学部」を新設、マネタイズに舵を切る

    2014年6月に学部制度を導入した動画学習サービス「schoo」。1月23日には新たに「プログラミング学部」を新設した。 プログラミング学部では「Ruby入⾨」「リーダブルコード入⾨」といった授業を提供。未経験から、Web サービスを開発・公開できるまでに必要な学びをパッケージで提供するとしている。TechCrunch Tokyo 2014で司会を務めてくれた女優の池澤あやかさんが自作PCの作成に挑戦する授業などもあるそうだ。 続きを読む

  • オンライン家庭教師サービスのmana.bo、ベネッセなどから3.3億円の資金調達

    スマートフォンやタブレットを使った家庭教師サービスを展開するマナボは9月18日、ベネッセコーポレーション、ニッセイ・キャピタル、三菱UFJキャピタルから合計3億3000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。またこれにあわせて、ベネッセホールディングス インキュベーションセンター EdTech Lab部長の森安康雄氏が同社の社外取締役に就任する。マナボが手がける家庭教師サービス「mana.bo」は、スマートフォンやタブレット向けのアプリを通じて、オンデマンド、リアルタイムでの個別学習を実現するものだ。 続きを読む

  • ミクシィが学習管理サービスStudyplusのクラウドスタディに7200万円を出資

    ミクシィが学習管理サービスStudyplusのクラウドスタディに7200万円を出資

    ミクシィが本日、クラウドスタディへ7,200万出資したことを発表した。また、ミクシィは同時に、クローズドSNSのCloseなどを運営するREVENTIVEへの出資も発表している。 クラウドスタディは学習管理サービスのStudyplusを運営している。このサービスは講師と生徒、サービスとユーザーといった学習サービスではなく、学習を管理するためのものだ。 続きを読む

  • オンタイム学習プラットフォームのマナボがサイバーエージェント・ベンチャーズなどから3,800万円の資金を調達

    オンタイム学習プラットフォームのマナボがサイバーエージェント・ベンチャーズなどから3,800万円の資金を調達

    主に中高生を対象としたオンタイム学習プラットフォームmana.boを運営するマナボがサイバーエージェント・ベンチャーズ(以下、CAV)などから3,800万円の資金調達を実施した。mana.boは昨年、KDDI∞Laboの第3期採択チームとしてインキュベーション・プログラムに参加、Infinity Ventures Summit 2012 FallのLaunch Padに出場したため、すでにご存知の方も多いかもしれない。 このサービスは生徒がわからない問題に直面した際に「いま聞けて、すぐに理解る」ことを目指している学習プラットフォームである。マナボ… 続きを読む

  • 簡単教育ビデオ作成サービスのShowMe、登録レッスン数150万超となりv2.0アプリケーションも登場

    簡単教育ビデオ作成サービスのShowMe、登録レッスン数150万超となりv2.0アプリケーションも登場

    去年くらいから、さかんに初等及び高等教育の場面に存在する諸問題に対処しようとするサービスが生まれ始めている。ニューヨークに拠点をおくShowMeもそのひとつで、投資家たちからも高額評価をうけ、昨年8月には80万ドルの資金を調達した。出資したのはLerer Ventures、SV Angel、betaworks、Leran Capital、およびエンジェル投資家のNaval Ravikantなどだった。 算数から物理、金融から歴史まであらゆる範囲のビデオライブラリーを用意して、独自ペースでの学習をサポートするKhan Academyというものがある… 続きを読む

  • 教育革命を志向するKnewtonのCEOが今のベンチャーキャピタリストたちに苦言

    教育革命を志向するKnewtonのCEOが今のベンチャーキャピタリストたちに苦言

    ここダボスのWorld Economic Forumには、銀行、海運、鉄鋼、運送など、グローバル経済を支える各業界の大物たちが集まっているが、中にはテクノロジ畑の起業家の姿も数名見かける。Eric Schmidt、Sean Parker、Loic Le Meur、Robert Scobleあたりは人混みの中にいてもすぐに分かるが、ぼくは、教育問題を解決する特効薬と自称するKnewtonのファウンダでCEOの、Jose Ferreiraをつかまえることができた。Knewtonを、無謀な試みと危惧する人たちもいるのだが。 ニューヨークに本社を置くKnewt… 続きを読む

  • 教えるのは教師かアルゴリズムか?–教育の高度コンピュータ化はますます人間的な人間教師を必要とする

    教えるのは教師かアルゴリズムか?–教育の高度コンピュータ化はますます人間的な人間教師を必要とする

    編集者注記: これはシリコンバレーの伝説的な投資家Vinod Khosla(Khosla Venturesのファウンダ)からの、三部から成る寄稿の第三部だ。第一部で彼は、今回の論旨の基盤として、人工知能が単なる論理マシンではなく、人間の能力とコンピュータの能力との組み合わせであることを説明した。第二部では、ソフトウェアとモバイル技術が医師の能力を増強し、さらに、医師に換わることもありえる、と説いた。第三部では、テクノロジが教育を全面的に改革する、と説く。 この前の私の記事では、医者が今やっている仕事の多くをソフトウェアがやるようになる、と主張… 続きを読む