脳波 / EEG(用語)

Electroencephalogram。脳波 / EEGに関する記事一覧

  • 障がい者向け脳モニタリングヘッドセットを開発するCognixion、Alexaと統合しスマートデバイスのハブにもなる

    障がい者向け脳モニタリングヘッドセットを開発するCognixion、Alexaと統合しスマートデバイスのハブにもなる

    身体障がい者向けの直感的な脳モニタリングヘッドセットとインターフェースを設計しているスタートアップCognixionが、アクセシビリティの向上を追求するため、1200万ドル(約13億8000万円)のAラウンドを実施した。 続きを読む

  • 睡眠中の脳卒中を早期に警告するZeitのウェアラブル、実用化に向けシード約2.3億円調達

    睡眠中の脳卒中を早期に警告するZeitのウェアラブル、実用化に向けシード約2.3億円調達

    Zeit Medicalのデバイスは、軽量の脳波計(EEG)が内蔵されたソフトなヘッドバンドだ。スマートフォンのアプリと連動して、脳の活動を分析し、人間の専門家によって訓練された機械学習モデルを使って、差し迫った脳卒中の兆候を監視することができる。 続きを読む

  • 考えるだけで操作できる脳モニタリングデバイス「Cognixion One」、重度障がい者の円滑な意思疎通をアシスト

    考えるだけで操作できる脳モニタリングデバイス「Cognixion One」、重度障がい者の円滑な意思疎通をアシスト

    重い運動障がいを持つ人たちは多くのフラストレーションを抱えているが、最も深刻な悩みの種はコミュニケーション障がいだろう。テック業界は、閉じ込め症候群、ALS、重度の脳卒中などの症状を抱えた患者たちにあまり多くの支援を提供してこなかった。スタートアップ企業Cognixionは、新しい形態の脳モニタリングと最新のインターフェイスを組み合わせて、会話とやり取りをより簡単かつ高速に行えるようにすることを目指している。 続きを読む

  • 大阪大学発スタートアップPGVが1.5億円の調達、小型軽量な脳波センサー・脳波AIモデルを開発

    大阪大学発スタートアップPGVが1.5億円の調達、小型軽量な脳波センサー・脳波AIモデルを開発

    大阪大学発のベンチャー企業PGVは7月14日、第三者割当増資として総額約1.5億円の資金調達を発表した。引受先は大阪大学ベンチャーキャピタル(OUVC)。 続きを読む

  • 脳波によるデバイスの制御を目指すMindAffect

    脳波によるデバイスの制御を目指すMindAffect

    今回のTechCrunch Disrupt Startup Battlefieldで発表したチームMindAffectは、私たちの周囲のデバイスを脳波で制御できるようになれば、どんなことが可能になるのかを探求したいと考えている。そして他の人にもその可能性を探って欲しいと考えている。 続きを読む

  • UCサンフランシスコ校の脳外科医が脳から直接発話を引き出すことに成功

    UCサンフランシスコ校の脳外科医が脳から直接発話を引き出すことに成功

    科学者たちが健康な被験者の脳に直接接続を行い、言葉を生成して音声として再生することに成功した。これは深刻な医学的状況にある人たちが、発話できる可能性につながって行く素晴らしい技術だ。この技術は実用化からは遥か遠い段階だが、科学的成果は本物で、見込みは確かにある。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の脳神経外科医であり、米国時間24日にNatureで発表された論文の共著者でもあるエドワード・チャン(Edward Chang)氏は、プレスリリースの中でチームの成果のインパクトを次のように説明している、「今回初めて、この研究によって、個人の脳… 続きを読む