電動航空機(用語)

電動航空機に関する記事一覧

  • 京都大学、高温超伝導線の交流損失を20分の1に低減しモーターなどの超伝導化に道を拓く

    京都大学、高温超伝導線の交流損失を20分の1に低減しモーターなどの超伝導化に道を拓く

    京都大学は11月16日、高温超伝導線に交流の磁界中で発生する「交流損失」を1/20に抑えることに成功したことを発表した。液体水素や液体窒素などの比較的高い温度で超伝導状態になる高温超伝導線は、大量の電気を効率的に流すことができるため、モーターなどの電気機器の高効率化やコンパクト化に貢献すると期待されているが、交流損失の問題が実用化のハードルになっている。 続きを読む

  • NASAが航空機用電動推進技術の開発で民間2社に助成金2812億円

    NASAが航空機用電動推進技術の開発で民間2社に助成金2812億円

    NASA(米航空宇宙局)は米国企業2社を選び、航空機の電動推進技術の開発を推進する。この技術を2035年までに米国航空戦隊に導入することが目標だ。選ばれたGE Aviation(ジーイー・アビエーション)とMagnix(マグニクス)の2社は、今後5年間にわたって任務を遂行する。その中には地上および飛行試験デモンストレーション、NASAで電動推進系に焦点を合わせる他のプロジェクトとの協業、データ分析、およびフライトテスト設備などが含まれている。 続きを読む

  • ロールス・ロイスが最高速度記録を目指す全電動飛行機Spirit of Innovationの初飛行に成功

    ロールス・ロイスが最高速度記録を目指す全電動飛行機Spirit of Innovationの初飛行に成功

    英ロールス・ロイスが、オール電動飛行機Spirit of Innovation(スピリット・オブ・イノベーション)の初飛行に成功しました。Spirit of Innovationは1930年代のクラシックレース機を彷彿させるロングノーズなプロペラ機で、電動飛行機による最高飛行速度記録の樹立を目的として開発しています。 続きを読む

  • 太陽光発電で「飛び続ける無人飛行機」を開発するSkydweller Aeroが分析プラットフォームのPalantirと提携

    太陽光発電で「飛び続ける無人飛行機」を開発するSkydweller Aeroが分析プラットフォームのPalantirと提携

    現在の飛行機やドローンは、その大きさや燃料の種類にかかわらず、いずれも「最終的には着陸しなければならない」という同じ制約を抱えている。 続きを読む

  • Wrightが大型機の動力源になる2メガワット電動旅客機用モーターの試験を開始

    Wrightが大型機の動力源になる2メガワット電動旅客機用モーターの試験を開始

    自動車業界と同様に、航空業界も電動化を目指している。だが、バッテリー駆動のパワーユニットで空を飛ぶことは、地上を走るよりも難しい。Wrightは、小型機以上の規模で電動化を実現しようとしている。 続きを読む

  • 電動航空機用水素燃料電池システムの開発でHyPointとPiaseckiが提携

    電動航空機用水素燃料電池システムの開発でHyPointとPiaseckiが提携

    電動垂直離着陸機(eVTOL)で高い評価を得ている企業をざっと調べてみると、1つの共通点があることに気づく。それは、すべての企業がバッテリーを動力源とする航空機を開発しているということだ。しかし、リチウムイオン電池ではエネルギー密度に限界があると考え、代わりに水素燃料電池に目を向ける航空機会社も増えている。 続きを読む

  • 地方航空路線に最適な9人乗り電動航空機「P3」をPykaが披露

    地方航空路線に最適な9人乗り電動航空機「P3」をPykaが披露

    2019年に突如現れたPykaは、無人農薬散布機という一風変わった電動航空機を発表した。その最初の航空機の成功を受け、同社は次にP3の開発に着手した。P3は9人乗りの航空機で地域間のフライトを安くシンプルにすることを目的とし、まったく独自のプロペラ機構を採用した。早ければ来年にも飛ぶ可能性がある。 続きを読む

  • スウェーデンの電動航空機スタートアップHeart Aerospaceが200機を受注

    スウェーデンの電動航空機スタートアップHeart Aerospaceが200機を受注

    最大100機の追加購入オプションを含むこの取引は、3500万ドル(約38億円)のシリーズA資金調達ラウンドとともに発表された。本ラウンドはビル・ゲイツ氏のBreakthrough Energy Ventures、ユナイテッド航空のベンチャー部門、およびMesaが主導し、シード投資家のEQT VenturesとLowercarbon Capitalも参加した。 続きを読む

  • 電動飛行機によるエアタクシー事業に向けWisk AeroとBlade Urban Air Mobilityが提携

    電動飛行機によるエアタクシー事業に向けWisk AeroとBlade Urban Air Mobilityが提携

    電動航空機の設計、製造、認証を完了させると、都市部のエアモビリティ企業は、顧客を搭乗させるためのアプリの構築や、専用の離着陸場の確保など、事業展開に向けたさまざまな課題に直面することになる。自律飛行型エアタクシーのWisk Aeroと、エアモビリティの搭乗プラットフォームBlade Urban Air Mobilityの両社は、新たな提携を結ぶことでその解決を目指す。 続きを読む

  • 航空業界の水素燃料電池普及を目指すUniversal HydrogenがシリーズAで約22億円調達

    航空業界の水素燃料電池普及を目指すUniversal HydrogenがシリーズAで約22億円調達

    脱炭素化に向けた競争がアースデイ(4月22日)に加速した。ロサンゼルスに本拠を置き、民間航空機用の水素貯蔵ソリューションと変換キットの開発を目指すUniversal Hydrogenというスタートアップ企業が、シリーズA投資ラウンドで2050万ドル(約22億1200万円)を調達したと発表したのだ。 続きを読む

  • 電動航空機の実現はH3Xの斬新な電動モーターで加速される

    電動航空機の実現はH3Xの斬新な電動モーターで加速される

    未来が「乗り物の電動化」へと向かっていることは間違いないが、乗り物の電動化とは、単に化石燃料で動くモーターをバッテリー駆動モーターに置き換えれば実現できる、というものではない。航空機の分野では特にそうだ。 続きを読む