electric vehicle

  • 電気自動車の電池をインターネットからリアルタイム管理するクラウドサービス

    電気自動車の電池をインターネットからリアルタイム管理するクラウドサービス

    Boschが提供するクラウドサービスには、アドバンテージが3つある: (1)電池の長寿命化、(2)修理間隔を長くしてメンテナンスを楽にする、(3)充電の適正管理により電池の好調高能力を長時間維持する。 続きを読む

  • BMWの次世代電動コンセプトカーには特製のサウンドトラックがついている

    BMWの次世代電動コンセプトカーには特製のサウンドトラックがついている

    電動車は無音だ。それらは、内燃機関を載せた車のような音を出す必要がない。このコンセプトカーも、それは同じだ。でも今回わざわざ作ったサウンドは、無音の電動車の楽しいおまけ機能として、ドライバーが有効/無効に設定できる。 続きを読む

  • Ustreamの元CEOが高効率電動モーターのスタートアップLinear Labsを創業

    Ustreamの元CEOが高効率電動モーターのスタートアップLinear Labsを創業

    HETは状況の変化や多様な状況に適応できる複数のローターを使っている。永久磁石を使ったモーターに比べてトルク密度は2倍、電力密度は3倍ある。 続きを読む

  • Tesla、トラック輸送会社を買収して12月31日前の納車能力を強化

    Tesla、トラック輸送会社を買収して12月31日前の納車能力を強化

    Tesla CEO Elon Muskは木曜日(米国時間11/15)、同社が「トラック輸送能力を手に入れた」とツイートした。連邦税優遇が減額される12月31日までに同社のModel 3の納車能力を強化するためだ。 続きを読む

  • テスラ、GM、日産がEV税額控除の延長を求める連合に参加

    テスラ、GM、日産がEV税額控除の延長を求める連合に参加

    TeslaとGMと日産を含む15社は、電気自動車の税額控除制度の改定を求める連合を結成した。 グループ名はEV Drive Coalitionで、自動車メーカーのほか、業界の巨人ABB、気候変動およびエネルギーのロビー団体、ChargePointらのEVインフラ会社などが参加している。 火曜日(米国時間11/13)正式発足したこのグループは、「長期にわたりより多くの消費者が恩恵を受け、米国のEV市場の成長を加速する」ために、国の電気自動車税額控除を変更する法案の通過を望んでいる。 現行の税額控除規定では、電気自動車を購入した消費者は7500ドル… 続きを読む

  • Googleマップが電気自動車オーナー向けに充電ステーション情報を強化

    Googleマップが電気自動車オーナー向けに充電ステーション情報を強化

    Google Mapsは、電気自動車オーナーが最寄の最適な充電施設を見つけるための機能をアプリに追加した。 続きを読む

  • コロラド大学出身のスタートアップSolid PowerがBMWと組んで自動車用固体電池の商用化を目指す

    コロラド大学出身のスタートアップSolid PowerがBMWと組んで自動車用固体電池の商用化を目指す

    自動車メーカーのBMWは、多くの他社とともに、ソリッドステート(固体)のバッテリーという、鼻先の人参を追うレースに参加している。今日(米国時間12/18)同社は、バッテリー技術の企業Solid Powerとのパートナーシップを発表し、その技術に基づく電気自動車用固体電池の開発と商業生産を目指すことになった。 Solid Powerはすでに、その方面の企業が開発した無機素材を使ってバッテリーを作っており、そのバッテリーセルは従来のリチウムイオン電池に比べてエネルギー密度が高く、したがって一定サイズ(立方cm)あたりの出力が大きい。 続きを読む

  • Qualcommが電気自動車の走行中充電技術をデモ、フィジビリティスタディを開始

    Qualcommが電気自動車の走行中充電技術をデモ、フィジビリティスタディを開始

    Qualcomm Technologiesは、電気自動車(EV)用のワイヤレス充電システムHaloを研究開発してきた。そして今日(米国時間6/15)同社が発表したのは、それをさらに一歩進めた製品、“無停車Halo”だ。それは正式には動的電気自動車充電(dynamic electric vehicle charging, DEVC)システムと呼ばれる技術で、充電器のそばを通っただけで電気自動車の充電ができる。 続きを読む

  • 電動自動車のLucid Air、価格は6万ドルから

    電動自動車のLucid Air、価格は6万ドルから

    Lucid初の電気自動車はみんなが思っていたほど高くなかった。同社はブログで、Airの基本価格を公表した。10万ドルを超えるだろうと言われた憶測を鎮めるためと思われる。Lucid Airの実際の価格は6万ドルから。EV購入者の税控除を差し引けば5万2500ドル。 続きを読む

  • Samsungの次世代EVバッテリーは、20分の充電で約500キロの走行が可能

    Samsungの次世代EVバッテリーは、20分の充電で約500キロの走行が可能

    Samsungのバッテリー製造子会社、SDIが発表した新しい電気自動車用バッテリーは、1回の充電で最大372マイル(526 km)の走行が可能で、わずか20分間の充電で310マイル走れる。北米国際自動車ショウで初めて紹介されたこの新バッテリーは、現在Samsung SDIが製造しているバッテリー製品と比べて、必要なユニット数と重量が10%減るという。 続きを読む

  • 電動トラックのCharge、カーレースに挑戦

    電動トラックのCharge、カーレースに挑戦

    自動車時代の夜明け以来、発明家や製造メーカーは自分たちの作った車の能力を試すためにコースへ繰り出した。ただしこのトラックはレースで走るのではない。電気自動車のレースシリーズFormula Eの、公式サポート車両として参加する。Formula Eは、Chargeにとってとりわけ都合が良い。このシリーズでは専用コースではなく公道を使用する。Chargeが市場に出た時に走るのと全く同じ環境だ。 続きを読む

  • 日産自動車曰く、イギリスでは2020年にガソリンスタンドよりEV充電スポットの方が多くなる

    日産自動車曰く、イギリスでは2020年にガソリンスタンドよりEV充電スポットの方が多くなる

    日産自動車が行った最新の調査研究によると、イギリスでは2020年までに、電気自動車のための充電スポットの方がガソリンスタンドよりも数が多くなる、と予測される。2020年というとわずか4年後だから大胆な予言だが、この調査研究がファクターとしているのは、実際に稼働しているガソリンスタンドの近年の減少傾向と、同じく充電スポットの増加傾向だ。 イギリスのガソリンスタンドの減少率は大きい。日産自動車の調査によると、40年前に稼働していたスタンドの75%が今は無く、新設も見られないから、最多だった1970年の37539軒に対し今はわずかに8472軒… 続きを読む

  • Scoot's First Four-Wheel Vehicle

    Scoot、日産と協同で4輪電動車 Quad をサンフランシスコでレンタル開始

    サンフランシスコ拠点の電動スクーター相乗りネットワーク、Scootが、日産と組んで2シーター屋根付4輪車を作った。今日(米国時間10/17)からScootのメンバーは、この愛らしい小さな車がレンタル選択肢に増える。 続きを読む