電気自動車 / EV(用語)

電気自動車に関連する記事一覧

  • フォルクスワーゲンとボッシュが合弁会社を設立、欧州でのバッテリー生産を推進

    フォルクスワーゲンとボッシュが合弁会社を設立、欧州でのバッテリー生産を推進

    VolkswagenとBoschは、欧州にバッテリー機器のソリューションを提供するための合弁事業の検討に合意した。VWによれば、両社はバッテリーセルおよびバッテリーシステムメーカー向けに、統合されたバッテリー生産システムを提供することや、オンサイトでの生産力強化ならびにメンテナンスサポートを目指しているという。 続きを読む

  • Blink Chargingが米国とカナダのGMのディーラーにEV充電器を供給へ

    Blink Chargingが米国とカナダのGMのディーラーにEV充電器を供給へ

    電気自動車用充電器メーカーのBlink Chargingは、米国とカナダのGeneral MotorsのディーラーにEV充電器を提供することを発表した。同スタートアップは設備ソリューション・プロバイダーのABMと組んで、同社の新しいレベル2EV充電器IQ 200をGMに供給する。 続きを読む

  • 車上荒らし防止に取り組むFordとADTのジョイントベンチャー企業「Canopy」

    車上荒らし防止に取り組むFordとADTのジョイントベンチャー企業「Canopy」

    車両に内蔵されたアラームシステムは、盗難の抑止に役立つ場合もあるが、決して安全とはいえない。2020年、FBIは自動車盗難によって74億ドル(約8479億円)の損失が発生したと推定しており、これには自動車そのものとその内容物の盗難が含まれている。 続きを読む

  • CESに登場したEV充電企業は家庭での充電を高速化、V2G、コネクティビティを推進

    CESに登場したEV充電企業は家庭での充電を高速化、V2G、コネクティビティを推進

    EV充電企業各社はここ数年間、CESで自社商品を展示してきた。2022年は、利害関係、そしてオポチュニティの度合いが若干高まっている。 続きを読む

  • LGがインキュベーター「LG Nova」の第1期候補企業を発表

    LGがインキュベーター「LG Nova」の第1期候補企業を発表

    韓国の大手テクノロジー企業であるLGは、テレビ(CESでいくつか新製品が発表された)、洗濯機、冷蔵庫など、あらゆるものを製造している。同社が関わっていないものを列挙する方が、おそらく時間がかからないだろう。そんなLGがイノベーションに強い関心を持っていても驚くことはない。LG Nova(LGノヴァ)は、カリフォルニア州シリコンバレーのサンタクララにある同社の比較的新しい北米イノベーションセンターで、ここではLGの中核となる成長分野でのミッションを推進するために、スタートアップ企業と協力する新たな興味深い方法を模索している。 続きを読む

  • アパートなど地下駐車場でのEV充電を容易にするHeyChargeがBMW主導で約5.4億円のシード調達

    アパートなど地下駐車場でのEV充電を容易にするHeyChargeがBMW主導で約5.4億円のシード調達

    明らかな理由から、EV充電ビジネスは高成長を続けている。2007年以降、最大のプレーヤーの1つとなっているのは、広範なEV充電ネットワークを持つ米国の上場企業ChargePointだ。しかし、多くのスタートアップがそれに追いつこうとしている。ドイツのHeyChargeは、一般的にEV充電活動の約80%を占める地下駐車場でのEV充電に問題があることに気づいた。 続きを読む

  • 5分でフル充電できるEV用急速充電バッテリーのStoreDotがベトナムのVinFast主導で約92億円を調達

    5分でフル充電できるEV用急速充電バッテリーのStoreDotがベトナムのVinFast主導で約92億円を調達

    イスラエルの次世代バッテリーテクノロジー企業StoreDotは、ベトナムのEVメーカーであるVinFastが主導する最新の資金調達ラウンドのファーストクローズを完了した。同社は今回のシリーズDラウンドで、最大8000万ドル(約92億4000万円)を調達する予定だ。 続きを読む

  • EVの販売拡大を目指すGM、カリフォルニア州独自の排出ガス規制に同意

    EVの販売拡大を目指すGM、カリフォルニア州独自の排出ガス規制に同意

    General Motorsが政治的にも経済的にも有利と思われる立場を表明した。この自動車会社は米国時間1月9日、カリフォルニア州の規制当局が大気浄化法に基づき独自の自動車排出ガス基準を設定する権限を認めると発表したのだ。 続きを読む

  • Rivianが「冒険」を求めるユーザー向け電動バイクの商標を出願

    Rivianが「冒険」を求めるユーザー向け電動バイクの商標を出願

    電気自動車メーカーのRivianは、自転車と電動バイク、およびそれらに対応する構造部品の商標を新たに出願した。この動きは、Rivianが電動バイク需要の波に乗り、電動ピックアップトラックよりも大規模な生産が安価で、ターゲットとする「冒険」を求める顧客層に沿った製品で自社のポートフォリオを多様化しようと検討していることを示すものかもしれない。 続きを読む

  • 電動ピックアップトラックのRivianは2021年に1000台超を生産

    電動ピックアップトラックのRivianは2021年に1000台超を生産

    米国時間1月10日、米国の電気自動車メーカーRivianは2021年に1015台の車両を生産したことを報告した。2021年12月に同社が下方修正した予測と一致している。 続きを読む