電力 / 電力網(用語)

電力 / 電力網に関する記事一覧

  • スタートアップにはバイデン大統領のインフラ計画を支持する110兆円分の理由がある

    スタートアップにはバイデン大統領のインフラ計画を支持する110兆円分の理由がある

    テクノロジー企業は過去10年以上、農業、建設、エネルギー、教育、製造、運輸、流通といった昔からの業界に適用できるイノベーションの開発に取り組んできた。こうした業界は、非常に強力なモバイルデバイスの出現により、ようやく最近テクノロジー適応における構造的な障害が取り除かれた業界だ。これらの業界は現在、より強固な経済再建を目指す大統領の計画の核となっている。 続きを読む

  • 【コラム】暗号資産とエネルギー消費をめぐる議論

    【コラム】暗号資産とエネルギー消費をめぐる議論

    暗号資産(仮想通貨)に関して昨今、エネルギー消費が議論の的となっている。批評家たちは暗号資産がエネルギーを大量に消費していると主張し、推進派は現在の世界経済に比べ、エネルギー消費量は少ないと評価している。そんな批評家の1人であるDigiEconomist創業者のアレックス・ド・フリース氏は「Bitcoinほど非効率的なものは見たことがない」と話す。 続きを読む

  • 二酸化炭素ゼロの再エネ100%電力を提供するCleanTechの「アスエネ」が3億円調達、脱炭素社会を目指す

    二酸化炭素ゼロの再エネ100%電力を提供するCleanTechの「アスエネ」が3億円調達、脱炭素社会を目指す

    再生可能エネルギーの電源を特定し、電力の地産地消を進めるCleenTechスターアップのアスエネ(旧リフューチャーズ)が事業展開を加速させている。クリーン電力サービス「アスエネ」を提供するアスエネは4月2日、シリーズAラウンドで第三者割当増資により3億円の資金調達を行ったと発表した。 続きを読む

  • 再生可能エネルギーSwell EnergyのNY新規プロジェクトは調達した490億円の用途を示す

    再生可能エネルギーSwell EnergyのNY新規プロジェクトは調達した490億円の用途を示す

    2020年12月、Swell Energyは3つの州における分散型電力プロジェクトの開発を支援するために、4億5000万ドル(約490億円)を調達すると発表した。そして今、ベンチャーにより支援された同社とニューヨーク市の電力会社ことConEdとの契約が発表されたことで、これらのプロジェクトがどのようなものになるのか、業界関係者の目に触れることになった。 続きを読む

  • テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新

    テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新

    気候変動の総合的危機に対する個別なソリューションがいくつも出ている。非常用ディーゼル発電機、Tesla(テスラ)のPowerwall、地下シェルターの “Prepper” などなど。しかし、現代文明が依存しているインフラストラクチャーは相互につながり相互に依存している。エネルギー、輸送、食料、水、ごみのシステムは、気候による緊急時に対していずれも脆弱だ。私たちのエネルギー・インフラ危機を救う唯一の孤立したソリューションは存在しない。 続きを読む

  • 機械学習でエネルギー需要を予測し分配を最適化するInBarance Research

    機械学習でエネルギー需要を予測し分配を最適化するInBarance Research

    マサチューセッツ州のケンブリッジと、英国のケンブリッジにまたがり拠点を構えるinBalance Researchは、Y Combinatorに参加し、現在行っている独立系電力供給業者、電力会社、証券会社に「お告げ」を与える事業を加速させる狙いだ。 続きを読む

  • 再生エネに頼る送電網の安定化に取り組むMaltaが約53億円調達

    再生エネに頼る送電網の安定化に取り組むMaltaが約53億円調達

    エネルギー供給網が化石燃料から主に再生可能エネルギーによるゼロエミッションソースの使用へと移行するにつれ、太陽光や風力で断続的に生み出されるかなりの量のエネルギーを貯蔵して使用するという能力が必要とされている。だからこそ、新たに5000万ドル(約53億円)を調達したばかりのエネルギー貯蔵テクノロジーデベロッパーMaltaのような企業のテクノロジーがかなりの注目と投資を惹きつけている。 続きを読む

  • 電力網の障害や山火事をいち早く感知するセンサーをGridwareは開発中

    電力網の障害や山火事をいち早く感知するセンサーをGridwareは開発中

    グローバルの気候変動が異常気象をさらに激化させ、送電網にかなりの負荷がかかるのにともない、送電網は今後ますますニュースで取り上げられるようになる。送電網は我々が今世紀に直面している最も困難な課題の1つの中心にある。 続きを読む

  • 悪天候や停電が示す米国の電力網最大の問題は再生可能エネルギーではなくインフラそのものにある

    悪天候や停電が示す米国の電力網最大の問題は再生可能エネルギーではなくインフラそのものにある

    地球温暖化が引き起こす厳しい気象条件は、現在、米国の最大の都市のいくつかで大規模な停電の原因となっている。米国の電力網(パワーグリッド)が異常気象によるストレスに耐えられないという事実が、エネルギーインフラをより回復力のあるものにするため大規模に更新する投資計画が必要であることを示している。 続きを読む

  • AI活用エネルギースタートアップの英Octopusが東京ガスから208億円の投資を受けて評価額2000億円超え

    AI活用エネルギースタートアップの英Octopusが東京ガスから208億円の投資を受けて評価額2000億円超え

    チャレンジャーバンクという言葉を耳にしたことはあるだろうか?今度はチェレンジャーエネルギーサプライヤーの登場だ。英国のOctopus Energyは、合弁会社の立ち上げに向けて、9.7%の株式と引き換えに東京ガスから1億5000万ポンド(約208億円)の出資を受けた。 続きを読む

  • Sidewalk Infrastructure Partnersが104億円の投資でカリフォルニア州の電力網の信頼性向上を目指す

    Sidewalk Infrastructure Partnersが104億円の投資でカリフォルニア州の電力網の信頼性向上を目指す

    Alphabet(アルファベット)のSidewalk Labs(サイドウォークラボ)からスピンアウトした会社で、次世代のインフラへ資金提供し、インフラを開発・所有する会社であるSidewalk Infrastructure Partners(サイドウォーク・インフラストラクチャー・パートナーズ)が、電力網の効率性と信頼性の向上に焦点を当てる最新のプロジェクトであるResilia(レジリア)を発表した。 続きを読む

  • エネルギーグリッド向け予測ソフト開発のAmperonが約2.2億円を調達

    エネルギーグリッド向け予測ソフト開発のAmperonが約2.2億円を調達

    エネルギー需要が世界的に減少している。原油価格も急落している。エネルギーの世界は全体的にかなり厳しいように見える。ただ、明かりをつけて電子を動かし続けることは、混乱に陥った経済の世界を維持していくためにも依然として重要だ。 続きを読む