電子タバコ / VAPE / ベイプ(用語)

電子タバコ、VAPE(ベイプ、フレーバーつき電子タバコ)に関する記事一覧

  • 中国の電子タバコに目を向けた機関投資家からJUUL発明者が起業したMystが資金獲得

    中国の電子タバコに目を向けた機関投資家からJUUL発明者が起業したMystが資金獲得

    過去何年もの間、機関投資家たちは中国の電子タバコメーカーから大きく遠ざかっていた。この業界は、粗末な工場がひしめき、規制による監督も行き届いていなかったからだ。しかし、中国政府が電子タバコに対してこれまでで最も厳しい規制を適用していく中で、投資家たちの態度も変化している。 続きを読む

  • 米国では未成年への電子タバコ「VAPE」販売にTikTokが使われている

    米国では未成年への電子タバコ「VAPE」販売にTikTokが使われている

    TikTokはVAPEをめぐる問題に直面している。2019年に米国の法律で21歳未満の顧客への電子タバコの販売が禁止されたにも関わらず、使い捨て電子タバコやVAPE(フレーバーつき電子タバコ)の宣伝動画がTikTokアプリ内で今でも比較的簡単に探し出せる。ノリの良い人気の音楽が流れ、現在は(米国で)販売が禁止されているフルーツフレーバーやミントフレーバーなどの香りや味つきカートリッジを宣伝しているそれらの動画が、10代をターゲットにしていることは明らかだ。 続きを読む

  • 中国の電子タバコ最大手Relxが米国市場参入へ、2021年末までに米国品医薬品局への申請を準備中

    中国の電子タバコ最大手Relxが米国市場参入へ、2021年末までに米国品医薬品局への申請を準備中

    米国での電子タバコ批判は、中国企業の世界最大の電子タバコ市場(BBC記事)ヘの参入を思いとどまらせるものではないようだ。中国最大手の電子タバコ企業、Relxは2021年末までに米国食品医薬品局に発売前タバコ製品申請を提出することを目指している。 続きを読む

  • 電子タバコのJuulが全労働力の約3分の1にあたる800〜950人の従業員を解雇か

    電子タバコのJuulが全労働力の約3分の1にあたる800〜950人の従業員を解雇か

    ウォール・ストリート・ジャーナルの新しい報告によれば、電子タバコ大手のJuulは800〜950個のポストを削減する予定だ。この大規模な削減は、ベイエリアを本拠と同社のの全労働力の約3分の1に相当する。 続きを読む

  • 電子タバコのJuulが未成年をターゲットして広告を出稿した疑い

    電子タバコのJuulが未成年をターゲットして広告を出稿した疑い

    マサチューセッツ州司法長官が起訴した裁判で、電子タバコのJuulは、Seventeen Magazine、Cartoon Network、Nickelodeon、およびNick Jr.の各ウェブサイトで、故意にティーンエージャーをターゲットした違法広告の詳細が報告されている。 続きを読む

  • 転換社債で資金調達するスタートアップが増加した理由とJuulの場合

    転換社債で資金調達するスタートアップが増加した理由とJuulの場合

    転換社債は今やアーリーステージのスタートアップに限られる資金調達方法ではなくなった。すでにベンチャーキャピタルから多額の投資を受けた会社が追加資金を転換社債で調達することが増えている。 続きを読む

  • 中国が活気づく電子タバコ産業の規制を計画

    中国が活気づく電子タバコ産業の規制を計画

    電子タバコに対する健康上の懸念が近年増大しているため、中国はその開花しつつある市場を規制するための措置をとろうとしている。 続きを読む

  • Juulはいかにして人びとを電子タバコの煙に巻いて、380億ドルもの価値を生み出したのか

    Juulはいかにして人びとを電子タバコの煙に巻いて、380億ドルもの価値を生み出したのか

    Juulはタバコではない。それよりずっと手軽なものだ。以下に説明する悪魔的に巧みな製品デザインによって、このスタートアップは人がニコチンの虜になる障壁を大幅に引き下げた。 続きを読む