Electronic Communications Privacy Act

  • メールのプライバシーの改革に合衆国議会が再度取り組む、しかし…

    メールのプライバシーを改革するための、二つの互いに関連した法案が、ひとつは上院、もうひとつは下院で審議中だ。それらは、政府があなたのデジタル信書を読んでもよい場合の要件を修正するための、合衆国議会としての新たな試みだ。 現行の保護は、最小限だ。本誌TechCrunchが前に報じたように、今の電子的通信のプライバシー法(Electronic Communications Privacy Act, ECPA)では、書簡が180日以上古いか、または開封されていれば、政府は召喚状だけでその電子メールを読むことができる。 続きを読む