Elon Musk / イーロン・マスク(人物)

イーロン・マスク氏に関する記事一覧。

  • イーロン・マスク氏が賞金105億円を出す炭素回収技術XPRIZEコンテストの詳細が明らかに

    イーロン・マスク氏が賞金105億円を出す炭素回収技術XPRIZEコンテストの詳細が明らかに

    2021年1月にイーロン・マスク氏がツイートした際にTechCrunchが報じたように、同氏の大規模な金銭的インセンティブは、同様の考えを持つ、世界を変えるテクノロジーの開発を目的とした野心的な技術コンテストを主催している非営利団体XPRIZE財団に寄付されることになった。そしてこのほど、XPRIZEとマスク氏はこのコンテストの詳細を新たに発表した。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏がClubhouseに登場、ファンがYouTubeへライブストリーム、途中からRobinhood CEOへのインタビューに

    イーロン・マスク氏がClubhouseに登場、ファンがYouTubeへライブストリーム、途中からRobinhood CEOへのインタビューに

    米国時間2月1日の深夜、今、シリコンバレーで最もホットな音声SNS「Clubhouse」にイーロン・マスク氏が現れた。その様子は現在(日本時間2月1日20時)でも、こことここで聞くことができる。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏が電動トラックTesla Semiの生産準備は整ったがバッテリー不足がネックと発言

    イーロン・マスク氏が電動トラックTesla Semiの生産準備は整ったがバッテリー不足がネックと発言

    TeslaのCEOであるイーロン・マスク氏は、2020年第4四半期の決算報告の場で、全電動パワートレーンを採用した貨物輸送セミトラックTesla Semiの工学系の開発が完了したことを発表した。同社は2021年中にTesla Semiの出荷を開始したいと考えているが、第4四半期収支報告書とマスク氏の話によると、生産にブレーキをかけている問題としてバッテリーセルの供給不足があるという。 続きを読む

  • テスラが第4四半期の決算を発表、蓄電池・太陽光発電事業に急成長の兆し

    テスラが第4四半期の決算を発表、蓄電池・太陽光発電事業に急成長の兆し

    Teslaが最新の決算報告書を発表した。そこには蓄電池と太陽光発電に対するイーロン・マスク氏の賭けが実を結び始めていることが示されている。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏が最高の二酸化炭素回収技術に賞金104億円

    イーロン・マスク氏が最高の二酸化炭素回収技術に賞金104億円

    Elon Musk(イーロン・マスク)氏が木曜日(米国時間1/21)のツイートで、優秀な炭素回収技術に、賞金として1億ドルを寄付すると発表した。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏が世界一の「お金持ち」に

    イーロン・マスク氏が世界一の「お金持ち」に

    SpaceXとTeslaを率い、時に物議を醸すこともある謎に包まれた起業家のイーロン・マスク氏は、過去20年間に他の3人だけが保持していた地位に到達した。「世界で最も裕福な人物」の称号を得たのだ。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏が米議会議事堂での暴動受けてFacebookの代わりにセキュリティ重視のSignalを推薦

    イーロン・マスク氏が米議会議事堂での暴動受けてFacebookの代わりにセキュリティ重視のSignalを推薦

    テクノロジー業界の億万長者であるイーロン・マスク氏はまもなく世界で最も裕福な人物になる見込みであり、テクノロジー企業家の中で最も影響力のある人物の1人でもある。米国時間1月7日の夜遅く、米議会議事堂でトランプ大統領支持者の暴徒による反乱未遂を受け、マスク氏はFacebookへの批判を繰り返した。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏「SpaceXは発射台のアームでSuper Heavyブースターを回収する」

    イーロン・マスク氏「SpaceXは発射台のアームでSuper Heavyブースターを回収する」

    SpaceXのイーロン・マスク氏は発射前にロケットを支えて安定させている発射台のアームを利用して開発中のSuper Heavyブースターを回収しようと考えていることを発表した。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏が2021年Starship開発テストを倍増すると発言、深宇宙探査用ブースター初飛行は「数カ月後」

    イーロン・マスク氏が2021年Starship開発テストを倍増すると発言、深宇宙探査用ブースター初飛行は「数カ月後」

    SpaceXは2021年に向けて、Starshipの開発プログラムを大幅に強化する予定だ。同社のCEOであり創設者でもあるイーロン・マスク氏は米国時間12月24日、同社がテキサス州ボカチカにある開発施設の2つの発射台を利用してプロトタイプロケットを打ち上げ、Super Heavyの飛行テスト(低高度の「ホップ飛行」から始まる)を「数カ月後」に開始する予定だとツイートした。 続きを読む

  • SpaceXのプロトタイプロケットが着陸時に大爆発、しかし飛行テストは成功

    SpaceXのプロトタイプロケットが着陸時に大爆発、しかし飛行テストは成功

    SpaceXは、現行型ロケット「ファルコン」に代わる次の段階へまた一歩近づいた。同社の宇宙船「Starship(スターシップ)」のプロトタイプ「SN8」が米国時間12月10日、テキサス州南部にあるSpaceXの開発施設で、12.5kmの高さまで上昇するという、現在進行中の宇宙船開発プログラムの中で重要なマイルストーンを達成したのだ。 続きを読む