Eメール(用語)

Eメールに関する記事一覧

  • Nylasが電子メールAPIツールを拡張するために、1600万ドルをシリーズBで調達

    Nylasが電子メールAPIツールを拡張するために、1600万ドルをシリーズBで調達

    開発者がAPIを使用して、電子メールコンテンツをアプリケーションに統合することを簡単にしてくれるスタートアップのNylasが、本日(米国時間8月22日)Spark Capitalによって主導される1600万ドルのシリーズBを発表した。 続きを読む

  • Adobeのマーケティングツールはメールを送るベストのタイミングをAIが教えてくれる

    Adobeのマーケティングツールはメールを送るベストのタイミングをAIが教えてくれる

    Adobeの機械学習ツールAdobe Senseiが、マーケティングのためのメールを送る最良のタイミングを教えてくれるようになる。Adobe自身のの研究開発部門Adobe Researchから生まれたこの新しい技術は、近い将来に実用化されるようだ。 マーケターは、AdobeのメールマーケティングツールAdobe Campaignに、キャンペーンの開始日と終了日を教えると、Senseiが、メールが相手の受信箱に到着すべき最良の日時を見つける。 続きを読む

  • GoogleのAdvanced Protection ProgramでAppleのiOSアプリが利用可能に

    GoogleのAdvanced Protection ProgramでAppleのiOSアプリが利用可能に

    昨年10月、Googleは高度なセキュリティー保護サービス、Advanced Protection Programを提供開始した。Gmail、Google Calendar、Google Drive等のサービスに保存したデータを最高水準で保護することを保証するしくみだ。このプログラムを利用するユーザーは、2段階認証のためにセキュリティーキーを利用しなければならないことに加え、Googleデータをアクセスするためには、Google自身のウェブまたはモバイルアプリを使う必要があった。 続きを読む

  • 暗号化メールサービスのProtonMailがApple Mail, Outlook, Thunderbirdをサポート

    暗号化メールサービスのProtonMailがApple Mail, Outlook, Thunderbirdをサポート

    Mr. Robotのお気に入りのメールサービスがこのたび、従来からあるメジャーなメールソフトをいくつかサポートすることになった。そのProtonMailがこのほど新たに発表したツールProtonMail Bridgeは、長年使い慣れているメールソフトを手放したくない人たちに、同社の比較的ニッチな魅力を提供する。 続きを読む

  • Yahoo、提携解消でAT&Tメールアドレスでのログインが不可能に

    Yahoo、提携解消でAT&Tメールアドレスでのログインが不可能に

    YahooとAolの企業合併によるOathブランドへの統合にともない、YahooアカウントをAT&T(あるいはAT&T子会社)のメールアドレス経由では利用できなくなるようだ。 この変更は一部のネット中立性擁護派を騒がせることになったが、どうやらこれは囲い込みの問題というよりも、かつての提携関係が解消されたためらしい。 つまり、ユーザーにとっては厄介なことではあるが、これは以前YahooとAT&Tが契約したことでAT&Tドメインを疑似Yahooアカウント(Tumblrを含む)として使えるようにした措置を元に戻… 続きを読む

  • 機械学習を使って間違いメールを防ぐCheckRecipientが、270万ドルを調達

    機械学習を使って間違いメールを防ぐCheckRecipientが、270万ドルを調達

    Eメールのセキュリティ問題は、人的ミスよりも悪者の侵入によるものと考えられがちだ。しかし、著名なケースの多くがメールのアドレス間違いという単純な理由から起きている。 続きを読む

  • 郵便局が毎日あなた宛の郵便物のスキャン画像を配達前にメールで送ってくれる

    郵便局が毎日あなた宛の郵便物のスキャン画像を配達前にメールで送ってくれる

    Informed Delivery〔仮訳: 通知配達〕はアメリカ郵政公社(United States Postal Service, USPS)のサービスで、あなた宛の郵便物の外側をスキャンして、毎朝その画像をメールし、その後(その日のうちに)実際に配達をする。 続きを読む

  • Gmailのアドオンを誰でも作れる、マーケットプレースで売れる

    Gmailのアドオンを誰でも作れる、マーケットプレースで売れる

    Gmailのユーザーにとって、嬉しいニュースだ。Gmailが、サードパーティ製のアドオンをサポートする。つまり、あなたが作った新しい機能が、Gmailにダイレクトに統合される。Gmailに新しい機能を加えるサービスはすでに山のようにあるが、それらはGmailのというより、ブラウザーのエクステンションである場合が多い。 今日(米国時間3/9)サンフランシスコで行われたCloud Nextカンファレンスで発表されたこの新規軸により、ユーザーはG Suite Marketplaceからアドオンをインストールできる。 続きを読む

  • Gmailで最大50MBの添付ファイルを送れるようになった

    Gmailで最大50MBの添付ファイルを送れるようになった

    メールの添付ファイルが50メガバイトを超えない方が良い唯一の場合は、それが拒否されて届かないときだ。でもこれからは、その心配もない。GoogleがGmailのアカウントのバーを高く上げて、最大50メガバイトまでなら何でもOKになったのだ。 続きを読む

  • MicrosoftのCortanaが、電子メールからリマインダを作成してくれるようになった

    MicrosoftのCortanaが、電子メールからリマインダを作成してくれるようになった

    仮想アシスタントの戦いで、MicrosoftのCortanaが新たな得点を挙げた。本日(米国時間2月9日)、明示的な指示を行わなくても、Cortanaがリマインドを行うことを可能にする新しい機能が展開された。具体的には、今やCortanaは、電子メールの中であなたが行った約束について、リマインダーをポップアップすることで思い出させてくれるのだ。 続きを読む

  • 多くの消費者が、いまやビジネス用途にはメッセージングを使いたがっている

    多くの消費者が、いまやビジネス用途にはメッセージングを使いたがっている

    開発者中心のコミュニケーションプラットフォームを提供するTwilio(今年の始めに無事IPOに成功した)が、消費者たちはビジネスやブランドに対して連絡をとるときに、どのような技術を使いたがっているかに関する新しい研究結果を発表した。Twilioの依頼を受けて、市場調査会社のVanson Bourneがヨーロッパ、アジア、北米で6000人の消費者を対象に行なった調査は、9割の消費者がビジネス用途にはメッセージングを使えるようになりたいと考えていることを示している。しかし大半のビジネスは、今すぐにそうするためのインフラは持っていない。 続きを読む

  • 「Eメールとチャットの良いとこ取り」RedKixが1700万ドルを調達

    「Eメールとチャットの良いとこ取り」RedKixが1700万ドルを調達

    これまで、多くのスタートアップがEメールに変革をもたらそうとしてきた。なかにはSlackのように、私たちの仕事のあり方を変えるようなサービスが生まれることもあった。だが結局のところ、今でもEメールは盛んに使われているし、コミュニケーション・ツールを会社全体で有効活用するためには、皆が同じプラット・フォームを選択しなければならないという問題がある。 本日、RedKixはプライベート・ベータ版の公開と、シードラウンドにおける1700万ドルの資金調達の完了を発表した。 続きを読む

  • Hillary Clintonは政府にUFO関連文書の公開を正式に要求している、記者たちが彼女のメール公開を求めた同じ法律で

    Hillary Clintonは政府にUFO関連文書の公開を正式に要求している、記者たちが彼女のメール公開を求めた同じ法律で

    Hillary Clintonは、国務長官在任中に私的なメールサーバーを使ったとされる長期にわたる係争で、政府の透明性の敵、と見なされることが多かった。その複数回の裁判では、政府のドキュメントとデータへの公開アクセスを担保するFreedom of Information Act(FOIA, 情報の自由法)により、国務省は彼女のメールを公表すべし、と求められた。 続きを読む

  • Front、Eメールの新境地を開拓するために1000万ドルを調達

    Front、Eメールの新境地を開拓するために1000万ドルを調達

    現在のEメールは破綻していると言っても差し支えないだろう。しかし、新しいEメールの発明とまではいかなくとも、もう少しマシなものにしたいと考えている Frontという名前のスタートアップがある。Frontは、企業向けにサポートや求人、問い合わせの代表アドレスに届くEメールに、複数人体制で対応可能なEメールサービスの提供を目的に設立された企業だが、Social Capitalが中心となっているシリーズAラウンドで1000万ドルの資金を獲得しようとしている。 続きを読む

  • Google、Gmaiのセキュリティー警告を強化

    Google、Gmaiのセキュリティー警告を強化

    Googleは、Gmail内でのセキュリティー警告の可視性を高めることで、同サービスの10億人を超えるアクティブユーザーを守ろうとしている。 続きを読む

  • Throttleは、面倒なメールを1日分まとめてダイジェストにしてくれる

    Throttleは、面倒なメールを1日分まとめてダイジェストにしてくれる

    満杯の受信箱より悪い唯一の物は何か? 読みたくないスパムっぽいニュースレターで一杯の受信箱だ。 Throttleは、それを解決するプラグインで、ユーザーが何かを購入したり、ニュースレターに登録した時に独自のメールアドレスを生成する。 続きを読む

  • 返信を自動的に書いてくれるSmart Reply機能がWeb上のInboxにもやってきた

    返信を自動的に書いてくれるSmart Reply機能がWeb上のInboxにもやってきた

    Gmailチームが作ったInboxは、GoogleがGmailユーザーに贈る次世代eメールクライアントで、とくに、入信メッセージを便利に扱えるためのさまざまな機能がある。それらの中で、前から最良と言われている機能のひとつがSmart Replyだ。これは、Googleの機械学習のインテリジェンスがユーザーのメールを見て、とても短い三つの返信を提案する。 これまで、この機能が使えたのはInboxのモバイルアプリだけだったが、しかし今日からは(米国時間3/15)、Webでも使える、Googleによると、モバイルアプリでは返信の10%がSmar… 続きを読む

  • メールアドレスの「@」を決めたレイ・トムリンソン、74歳で死去

    メールアドレスの「@」を決めたレイ・トムリンソン、74歳で死去

    電子メールのパイオニア、Ray Tomlinsonが74歳で死去した。オーストラリアの報道による。 続きを読む

  • Gmailの企業ユーザー向けのセキュリティ機能が向上–DLPサービスをアップデート

    Gmailの企業ユーザー向けのセキュリティ機能が向上–DLPサービスをアップデート

    Googleが今日(米国時間2/29)、Gmailの企業ユーザーのための新しいセキュリティ機能をいくつか発表した。昨年同社はGoogle Apps Unlimitedのユーザーのために、機密データがメールに入り込まないようにするためのData Loss Prevention(DLP)機能をローンチした。そして今日同社は、このサービスの初めての大型アップデートを、サンフランシスコで行われているRSA Conferenceでローンチした。 続きを読む

  • Mailboxの後継をねらうメールアプリSparkがiPadにも上陸

    Mailboxの後継をねらうメールアプリSparkがiPadにも上陸

    Sparkは、相変わらず広く使われているけど、今や死に体のMailboxに代わって使われることを期待している、新しいメールアプリだ。それがこのほど、iPadとiPad Proにもやってきたので、メールのパワーユーザーには嬉しいだろう。 このアプリには、「あとで読む」や「メールボックスの整理」など、人気の機能がいくつかある。でもこのシステムには、「読みました」(読了証)を作ったり、「顔文字」の返事を送ったりする機能もある。 続きを読む