Emerging-Technologies

  • 市販の材料を使い1分で完成する医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

    市販の材料を使い1分で完成する医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

    ニューヨーク大学(NYU)は他の多くの学術、民間、公営機関と同様、世界中の医療従事者が必要としている個人防護具(PPE)の供給についてできることに取り組んでいる。同大学はいち早くオープンソースのフェイスシールドを開発し、量産してすこしでも需要に応えるべくその作り方を無料で公開している。 続きを読む

  • Waymoも新型コロナの影響で全自動運転車サービスを停止

    Waymoも新型コロナの影響で全自動運転車サービスを停止

    Waymoは自動運転車のパイロットサービスの一部停止期間を延長し、これには完全無人運転車のテストも含まれることを、米国時間2月20日の金曜日に認めた。Alphabet傘下のWaymoはすでに、新型コロナウイルスの拡散の可能性を最小限に抑えつつ、完全自動運転車のテスト走行を続ける予定だった。 続きを読む

  • 自動運転車を開発のWaymoが模倣学習のLatent Logicを買収、シミュレーション技術を深化

    自動運転車を開発のWaymoが模倣学習のLatent Logicを買収、シミュレーション技術を深化

    自動運転車のWaymo(ウェイモ)が、オックスフォード大学のコンピューターサイエンス学部からスピンアウトした英国の企業、模倣学習によるシミュレーション技術を開発しているLaten Logic(ラテン・ロジック)を買収した。 続きを読む

  • ヒュンダイとソウル市が共同事業で自動運転車の路上テストへ

    ヒュンダイとソウル市が共同事業で自動運転車の路上テストへ

    Hyundaiがソウル市と交わした覚書により、同社は来月からカンナム地区で6台の自動運転車の公道上のテストを行う。その取り決めによると、6台の車は12月に23の道路でテストを開始する。 続きを読む

  • 自動運転車からは見えない歩行者を影で予見するシステムをMITが開発

    自動運転車からは見えない歩行者を影で予見するシステムをMITが開発

    どの点を見ても自動運転車の能力はまだ人間ドライバーを超えてはいない。でも、最終的には自動運転車に搭載された技術が、コーナーの向こう側を見るなど人間には推測すらできないことをやってのけるかもしれない。 続きを読む

  • ヒュンダイが自動運転車によるロボタクシーサービスをカリフォルニアで試験運用

    ヒュンダイが自動運転車によるロボタクシーサービスをカリフォルニアで試験運用

    韓国・ヒュンダイの電動自動運転機能を搭載するクロスオーバーSUV車であるKonaの一群が、中国の自動運転企業であるPony.aiの自動運転システムを搭載し、米国ニューヨーク拠点のライドシェアプラットホームであるViaを利用して、来週から公道上で乗客の送迎を開始する。 続きを読む

  • ボルボが輸送車に特化した自動運転車の事業部を立ち上げ

    ボルボが輸送車に特化した自動運転車の事業部を立ち上げ

    Volvo Group(ボルボグループ)が、鉱業や港湾業など、あらゆる種類のロジスティクスのハブ間で物を移動する、業務用専用の自動運転輸送にフォーカスした専門的な事業部を設立した。 続きを読む

  • 自動運転車の視界に入っていない歩行者を検出できるRF探知技術

    自動運転車の視界に入っていない歩行者を検出できるRF探知技術

    今では歩行者もそのほとんどがモバイルデバイスを持っているから、この検出装置はそれらをスマートなビーコンに換えて、車から見えるように、そして避けられるようにする。 続きを読む

  • 太陽光で帆走する宇宙船「LightSail 2」が帆を広げる段階に到達

    太陽光で帆走する宇宙船「LightSail 2」が帆を広げる段階に到達

    その後同機は計画されたコースを進み、軌道の位置を今よりも高くする。そのための唯一の動力が、反射性のマイラーでできた約10平方メートルのシートに当る太陽光の光子だ。 続きを読む

  • 脳でコントロールするロボットやコンピューターが手術不要で実現する

    脳でコントロールするロボットやコンピューターが手術不要で実現する

    カーネギーメロン大学とミネソタ大学の共同研究グループが、ブレインコンピュータインタフェース(Brain-Computer Interface、BCI、脳とコンピューターのインタフェイス)およびロボット工学における大きな突破口を開いた。 続きを読む

  • 物の裏側をレーザー光の反射から像として求めるカーネギーメロン大らの研究

    物の裏側をレーザー光の反射から像として求めるカーネギーメロン大らの研究

    未来の自動運転車やそのほかのマシンインテリジェンスシステムは、視線の向かう先には見えないものからでも詳細な画像データを集められるだろう。 続きを読む

  • 評価額最高のAIスタートアップSenseTimeが常総市に自動運転車のR&Dと公園的な試走施設を開設

    評価額最高のAIスタートアップSenseTimeが常総市に自動運転車のR&Dと公園的な試走施設を開設

    評価額が世界一高い人工知能スタートアップSenseTimeが、日本の常総市に舞い降りて公園のような自動運転車試走施設を開いた。 続きを読む

  • 3Dプリンターがプラスチックでなく濡れた紙パルプを使ったら楽しいアートができる

    3Dプリンターがプラスチックでなく濡れた紙パルプを使ったら楽しいアートができる

    紙弾(かみつぶて)を撃って遊ぶ子どもたちのように、デザイナーのBeer Holthuisも、いたずらをするための最良の素材は濡れた紙だ、と考えた。彼の3Dプリンター、RepRapの粗末なクローンは、文字通り紙パルプの長い紐(ひも)を吐き出して、プラスチックよりも持続可能性のある3Dオブジェクトを作る。 3DPrint.comの記事によると、Holthuisは、大量の廃棄物で汚染を増大させない素材を探していた。そして彼は、すりつぶした紙に到達した。濡れた紙を押し出すと、パルプの太い飾り紐のようなものができて、それを重ねると装飾的なオブジェク… 続きを読む

  • 3Dプリントした部品などの表面を安全に平滑化するZortraxのApoller平滑システム

    3Dプリントした部品などの表面を安全に平滑化するZortraxのApoller平滑システム

    ZortraxのApollerは、同社がSmart Vapor Smoothing(電脳気化平滑)と呼ぶデバイスで、3Dプリントされたオブジェクトの表面を溶剤を使ってなめらかにする。その結果、製品は射出成形で作った品物のようになり、FDMプリンティングに必ずある細いラインがなくなる。 続きを読む

  • 3Dプリントで作られた銃を見るとそれを作ったプリンターを特定できる

    3Dプリントで作られた銃を見るとそれを作ったプリンターを特定できる

    ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究者たちが、3Dプリンターに指紋があることを見つけた。設計のわずかな違いで、プリント物がプリントされたプリンターを同定できるのだ。未来の捜査官は、3Dプリントされたオブジェクトのレヤー(プラスチックの層)を調べて、それをプリントした3Dプリンターを特定できる。 研究のペーパーの主筆Wenyao Xuはこう言う: “3Dプリントはいろんなすばらしい使い方があるけど、贋作者にとって夢のような道具でもある。しかしもっと心配なのは、ピストルやライフルなどの小火器を、許可のない人も含め、誰でも持てるよ… 続きを読む

  • 飛行車PAL-V Libertyの実生産バージョンがスイスのモーターショーに登場した

    飛行車PAL-V Libertyの実生産バージョンがスイスのモーターショーに登場した

    飛行車は意外と身近に迫ってきている。たとえばPAL-V Libertyは、スイスのジュネーブで行われたモーターショーで実際に見て触(さわ)れる実物だ。この空中飛行車の実生産バージョンがショーで展示されるのはこれが初めてだが、われわれは運良く見ることができた。 PAL-V Libertyの外観は、航空機というよりも自動車的だが、路上というよりも超特殊なサーキットで見かけるかもしれないようなレースカー、といったところ。 続きを読む

  • MITとハーバード大学が、安価で超強力な人工筋肉を開発

    MITとハーバード大学が、安価で超強力な人工筋肉を開発

    MITのコンピュータ化学・人工知能研究所は、ハーバード大学のワイス研究所と協力して超強力で低価格の人工筋肉を開発した。この技術を使って自重の1000倍の重量を持ち上げる「スーパーパワー」を持つソフトロボットを作ることもできる。 続きを読む

  • 自動運転車のLiDARの能力限界を機械学習で補う方法をAppleが開発

    自動運転車のLiDARの能力限界を機械学習で補う方法をAppleが開発

    コーネル大学の研究文献目録arXivに最近上程されたAppleのペーパーは、LiDARの配列が集めた原始点群データを、機械学習を利用して、そのほかのセンサーデータを必要とせずに自転車や歩行者などの3Dオブジェクトの検出に翻訳する方法を記述している。 続きを読む

  • Amazon、EVを充電するドローンの特許を取得

    Amazon、EVを充電するドローンの特許を取得

    Amazonの最近の特許は、航行距離心配問題の答えになるかもしれないが、現時点では実用というよりもSFチックに聞こえる。新しい特許(via Roadshow)に書かれているドローンは、電気自動車のバッテリーを搭載し、路上でバッテリーが切れた車に、充電ステーションへ行くのに必要な充電をする。 続きを読む

  • アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

    アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

    連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)が、記念的建造物やダムなど、アメリカの重要なランドマーク周辺におけるドローンの利用を規制するルールを発表した。この新たな制限では、ドローンはそのランドマークから400フィート(122メートル)以内を飛行してはならない。FAAによるとこれらのルールは、連邦政府の安全保障ならびに法執行関連の省庁(FBIなど)からの要望に基づいて制定された。 続きを読む