emi

  • 4大レコード会社の一角EMIが、ついに音楽の在庫カタログをデベロッパに公開

    4大レコード会社の一角EMIが、ついに音楽の在庫カタログをデベロッパに公開

    音楽業界は長年、デジタル技術に対して、不可解な態度をとり続けてきた。それを、変化することへの抵抗と呼んでも、それほど的外れではないだろう。だから、われわれ音楽ファンは、音楽業界が、新しいテクノロジと流通メディアに対して、少しでも前向きの姿勢を見せたと聞くと、とても嬉しくなるのだ。ひとつの業界を、そうやって丸ごと非難するのは不公平かもしれないが、それが決して不公平ではないと言える業界がどこかに一つでもあるとすれば、それは大手レコード会社を措いてほかにない。 さて、その、’少しでも前向きの姿勢’とは、ビッグフォーの一… 続きを読む

  • Appleのレコード会社との交渉がいよいよ大詰めへ

    Appleのレコード会社との交渉がいよいよ大詰めへ

    Appleはレコード会社との契約に決着を付けようとして、彼らと精力的に交渉している。その契約により同社は、インターネットからモバイル製品(iPhones、iPads、iPods)とコンピュータに、音楽をストリーミングできるのだ。Bloombergの記事ではSony Musicとやっと話がまとまり、これでメジャー4社のうち3社(EMI、Warner、Sony)がOK、残るはUniversal Music1社となった。 ストリーミングの権利はデジタルダウンロードの権利とは違うので、Appleは全社と再交渉しなければならなかった。クラウド上の音楽… 続きを読む

  • ビートルズとiTunesについて言うのなら、EMIは「丘の上の馬鹿」

    ビートルズとiTunesについて言うのなら、EMIは「丘の上の馬鹿」

    そろそろ自分のiTunesライブラリにビートルズの楽曲がすべて揃うことになりそうだ。過去一番売れたアーティストのことなので、他にも多くの人が全曲データを揃えているのだろう。ただ、ビートルズの曲はiTunesで販売されていないので、当然のことながらiTunes経由で購入したものはない。他の方法で入手したのだ。どうやって入手したのかを言うつもりはないが、たぶんEMIは眉を顰めることだろうと思う。しかしそれはEMI自身のせいとも言えるのだ。 ポール・マッカートニーがBBCのNewsbeatという番組でインタビューに応えていた。その中で現状につ… 続きを読む

  • EMIの常軌を逸した訴訟でデベロッパーは大打撃

    EMIの常軌を逸した訴訟でデベロッパーは大打撃

    先月私は、主要レコード会社のEMIが、法的に疑問のある無料ストリーム音楽サイトSeeqpodを相手に起こした訴訟を取り上げた。この訴訟は、Seeqpodにとって初めてではなかったが(昨年Warnerが訴えている)、音楽業界の対ウェブ戦争の最悪記録を更新したことで注目に値する。EMIは、Seeqpodの幹部多数を訴訟に含めたばかりでなく、たまたまSeeqpod APIをプロジェクトに使っていたRyan Sitという哀れなサードパーティーデベロッパーも訴えたのだ。現在Sitは、プロジェクトを1つ閉鎖させられている。Swurlという昨年夏にスタ… 続きを読む