energy

  • クラウド需要の急増が突きつけるグリーンエネルギーの課題

    クラウド需要の急増が突きつけるグリーンエネルギーの課題

    このロックダウン期間中に、膨大な数の人が仕事でビデオ会議を行っている。しかし、燃料を使う通勤手段をデジタルコネクティビティで置き換えると、個人が2時間のビデオ会議で使用するエネルギーは、4マイル(約6.4km)電車に乗る場合に使う燃料よりも大きなものになる。 続きを読む

  • GMとHondaが2024年発売の電気自動車2モデルを共同開発

    GMとHondaが2024年発売の電気自動車2モデルを共同開発

    GMとHondaが2024年発売予定の2種類の電気自動車を共同開発する。これは両社の既存のパートナーシップをさらに深めたものとなる。 続きを読む

  • 財務分析を応用して企業の炭素排出量削減を助けるYC卒のSINAI

    財務分析を応用して企業の炭素排出量削減を助けるYC卒のSINAI

    企業にとって、気候変動と戦うための第一歩は、自分たちがそれにどれだけ貢献しているかを知ることだ。Y Combinatorを最近卒業したSINAI Technologiesは、その理解を助けてくれる企業だ。 続きを読む

  • 電気自動車の保有車両管理は新しい巨大市場、Electriphiが約4億円調達

    電気自動車の保有車両管理は新しい巨大市場、Electriphiが約4億円調達

    業務用車両の多くが今、電動車への移行を検討し始めているから、Electriphiの前途には巨大な商機がある。 続きを読む

  • 米陸軍はレーザービーム兵器の早期実用化に本気

    米陸軍はレーザービーム兵器の早期実用化に本気

    レーザーのビーム利用に関しては軍と商用部門の両方が大きな進歩を遂げ、今では戦術的に有効なプラットホームで、十分な軍用能力のあるレーザービームを利用できる。 続きを読む

  • 日産のゼロエミッションのアイス販売車は古いEVの電池を再利用

    日産のゼロエミッションのアイス販売車は古いEVの電池を再利用

    アイスクリーム販売車は、実は「環境に重大な危害をもたらすとは誰も思わなかったけどもしかしたらそうかもしれない」モノの仲間だった。 続きを読む

  • 機械学習のシステムはときどき人間をびっくりさせる…学習内容に忠実なだけで

    機械学習のシステムはときどき人間をびっくりさせる…学習内容に忠実なだけで

    機械学習の弱点や奇癖をまとめた、このシンプルなスプレッドシートは、それほど膨大ではないが、‘機械’の考え方を知るための楽しい資料だ。研究者のVictoria Krakovnaが作ったこのリストは、ロボットが法の精神と文字の両方に同時に従おうとしたときの、さまざまな状況を記述している。 続きを読む

  • Google、データセンターの空調管理をAIに一任

    Google、データセンターの空調管理をAIに一任

    データセンターの中は暑くてうるさい——そしてサーバーをオーバーヒートから守ることは運用コストの大きな部分を占めている。業界の大物、Facebook、Microsoft、Googleらがさまざまな方法で冷却コストの節減を目指しているのも当然だ。Facebookは可能な限り外部の空気を冷やす。Microsoftは水中データセンターを実験中。そしてGoogleは、同社のAIモデルを使っていっそうの節約を目論んでいる。 続きを読む

  • この新しい素材オーセチックスはエネルギーを抱き込んで自分の中に保存する

    この新しい素材オーセチックスはエネルギーを抱き込んで自分の中に保存する

    オーセチックス(auxetics)は、エネルギーを与えられると膨らんだり角が飛び出たりせずに、そのエネルギーを内部に保存する素材だ。押したり叩いたりするたびにそのエネルギーを蓄え、それを一定のペースで発散する。しかし歴史的にはこれらの素材には鋭利な角があって、押しすぎると簡単に破損した。そこでロンドンのクイーンメアリー大学とケンブリッジ大学の研究者たちは、オーセチックスをもっと丈夫に効率的に利用する方法を発見した。この方法では、エネルギーを保存してそれを機械的に、何千回も放出するシステムを作れる。 続きを読む

  • Tesla、世界最大のバッテリーをオーストラリアの風力発電所に設置

    Tesla、世界最大のバッテリーをオーストラリアの風力発電所に設置

    Teslaがなんとか期日どおりに製品を納入した —— 電気自動車のModel 3は計画より遅れているのだが。同社はオーストラリア西部に巨大バッテリー施設を完成した。風力発電で生成したエネルギーを蓄積し、必要なときに送電網に送って夏場によく起きる停電を抑制するのが目的だ。 続きを読む