エンジニア(用語)

エンジニアに関連する記事一覧

  • サイバーセキュリティ事業のFlatt Securityがセキュアコーディング向けeラーニング「KENRO」正式公開

    サイバーセキュリティ事業のFlatt Securityがセキュアコーディング向けeラーニング「KENRO」正式公開

    サイバーセキュリティ事業を展開するFlatt Securityは4月13日、ウェブエンジニアのセキュアコーディング習得を支援するSaaS型eラーニングサービス「KENRO」(ケンロー)を正式リリースした。正式リリースにあわせて、β版時のサービス名「Flatt Security Learning Platform」から「KENRO」に変更している。 続きを読む

  • 女性起業家の輩出目指す、世界最大の女子中高生向けアプリコンテストTechnovation Girlsが日本公式ピッチイベント

    女性起業家の輩出目指す、世界最大の女子中高生向けアプリコンテストTechnovation Girlsが日本公式ピッチイベント

    IT分野のジェンダーギャップの解消を目指すWaffle(ワッフル)は3月24日、世界最大の女子中高生向け社会課題解決型アプリコンテスト「Technovation Girls」(テクノベーション・ガールズ)の日本公式ピッチイベントのオンライン開催(Zoom)を発表した。開催日時は4月25日18時~20時。イベント内容は、日本出場チームによる成果物発表、授賞式、フォトセッションなどで、「Technovation Girls 2021 日本公式ピッチイベント観覧申し込みフォーム」で観覧希望者を広く募集している。 続きを読む

  • エンジニア採用時のコーディング試験サービス「HireRoo」が3600万円を調達、β版提供も開始

    エンジニア採用時のコーディング試験サービス「HireRoo」が3600万円を調達、β版提供も開始

    コーディング試験サービス「HireRoo」(ハイヤールー)を提供するハイヤールーは3月25日、第三者割当増資による総額3600万円の資金調達を発表した。引受先は、プライマルキャピタル3号投資事業有限責任組合と富島寛氏(メルカリ共同創業者)。また、HireRooのβ版提供を開始した。 続きを読む

  • エンジニアリングチームのスケジュール管理をサポートするAcumenが約7.5億円調達

    エンジニアリングチームのスケジュール管理をサポートするAcumenが約7.5億円調達

    エンジニアリングのチームは、スケジュールどおりに開発を進めていくと厳しい課題に直面することがあり、そのスケジュールの遅れは組織全体に影響を与える。この問題に取り組むために、エンジニアリングオペレーションを専門とするイスラエルのスタートアップ、Acumenは米国時間2月24日、700万ドル(約7億5000万円)のシード資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • 競技プログラミングコンテスト「AtCoder」アルゴリズム実技検定初の公式テキストが登場

    競技プログラミングコンテスト「AtCoder」アルゴリズム実技検定初の公式テキストが登場

    競技プログラミング(競技プロ)コンテストを運営するは2月25日、同社が定期開催している「アルゴリズム実技検定」初の公式テキスト「アルゴリズム実技検定 公式テキスト[エントリー〜中級編]」が、マイナビ出版より発売されると発表した。発売日は2月27日。価格税込3828円。 続きを読む

  • 競技プログラミングの「AtCoder」がSOMPOホールディングスSOMPO Digital Lab主催コンテストを発表

    競技プログラミングの「AtCoder」がSOMPOホールディングスSOMPO Digital Lab主催コンテストを発表

    日本最大の競技プログラミング(競プロ)コンテストサイト「AtCoder」を運営するAtCoderは2月6日、SOMPOホールディングスのイノベーション部門SOMPO Digital Lab(デジタル戦略部)主催の「SOMPO HD プログラミングコンテスト2021(AtCoder Beginner Contest 192)」を開催すると発表した。コンテスト時間は2月20日21時~22時40分(100分間)。総合順位1位の者には10万円分のAmazon ギフトカードなど、順位ごとの賞品が用意されている。参加登録は後日開始する。 続きを読む

  • paizaがジャフコなどVC7社と提携、投資先スタートアップ向け特別プランでIT人材不足解消を支援

    paizaがジャフコなどVC7社と提携、投資先スタートアップ向け特別プランでIT人材不足解消を支援

    ITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム「paiza」(パイザ)を運営するpaizaは1月8日、計7社のベンチャーキャピタル(VC)との提携とともに、各VC投資先のスタートアップ向け「VC投資先スタートアップ向け割引プラン」の提供開始を発表した。 続きを読む

  • データエンジニアの悪夢を解消するプラットフォームDatafoldがまもなくデビュー

    データエンジニアの悪夢を解消するプラットフォームDatafoldがまもなくデビュー

    10年以上前から「データは新しい石油だ」との馬鹿げた掛け声に踊らされた私たちは、いまだに適切なシステムや管理術を持たないまま、データを断片的に扱い続けている。データエンジニアは、繁雑な現実世界と厳格なコードの世界との架け橋としての役割を担っているが、それにはもっと「マシ」なツールが必要だ。 続きを読む

  • ITエンジニア向け求職・学習サービス「paiza」が登録者数35万人突破

    ITエンジニア向け求職・学習サービス「paiza」が登録者数35万人突破

    ITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム「paiza」(パイザ)は7月20日、2020年7月に登録者数が35万人を突破したと発表した。 続きを読む

  • エンジニアコミュニティ「Qiita」の会員数が50万人を突破、質問機能を正式公開

    エンジニアコミュニティ「Qiita」の会員数が50万人を突破、質問機能を正式公開

    エイチーム傘下のIncrementsは7月16日、エンジニア情報共有サイト「Qiita」(キータ)の会員数が50万人を突破したと発表した。また、ベータ版としてリリースしていた質問機能を、2020年7月16日に正式リリースすると明らかにした。 続きを読む

  • エンジニアなど技術系の給与はリモートワークの普及でどう変わるか

    エンジニアなど技術系の給与はリモートワークの普及でどう変わるか

    採用プラットフォームのHired(ハイヤード)は毎年、何十万件もの面接依頼やジョブオファーからのデータに基づいて技術系の給与を調査している。今年も過去と同様に、世界中のソフトウェアエンジニア、プロダクトマネージャー、DevOpsエンジニア、デザイナー、データサイエンティストの給与が同社によって調査された。 続きを読む

  • クラウド上でAndroidアプリを動かすCanonicalのAnbox Cloud

    クラウド上でAndroidアプリを動かすCanonicalのAnbox Cloud

    人気ディストリビューションUbuntuのCanonicalが、その上でAndroidを動かすことができるクラウドサービスAnbox Cloudの立ち上げを発表。独自のエンタープライズアプリケーションやゲームサイトなど、さまざまなユースケースが期待されている。 続きを読む

  • 会社ではなくチームを選ぶ、Qiita発のエンジニア転職支援サービス「Qiita Jobs」が正式ローンチ

    会社ではなくチームを選ぶ、Qiita発のエンジニア転職支援サービス「Qiita Jobs」が正式ローンチ

    エンジニア向けの技術情報サイト「Qiita」などを展開するIncrementsは10月28日、エンジニア就職支援サービス 「Qiita Jobs」の正式版をローンチした。 続きを読む

  • GitHubをAIで解析して“スキル偏差値”算出、エンジニアのキャリア選びを支援するFindyが2億円調達

    GitHubをAIで解析して“スキル偏差値”算出、エンジニアのキャリア選びを支援するFindyが2億円調達

    AIを活用したエンジニアのスキル評価と、それを活用したエンジニアのキャリア支援事業を手がけるファインディは6月5日、グローバル・ブレインを引受先とした第三者割当増資により約2億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • DIYで作るこのスマートミラーは小さくてすごくて機能山盛り

    DIYで作るこのスマートミラーは小さくてすごくて機能山盛り

    数年前にGoogle XのエンジニアMax Braunが、彼が作ったスマートミラーに関する記事をMediumに載せた。その彼が、さらに小さく、さらにスマートなニューバージョンを手にして戻ってきた。これはぼくも支持できるスマートミラーだけど、でもぼく自身はスマートミラーを重要なデバイスとは思えない。 彼は自分のプロジェクトをMediumに発表し、それを作るために必要な工程と部品について説明している。 続きを読む

  • 「独立後も正社員と同等の社会保障を」――エンジニアの独立支援サービス「Midworks」が正式リリース

    「独立後も正社員と同等の社会保障を」――エンジニアの独立支援サービス「Midworks」が正式リリース

    独立してフリーランスとなり、より高い報酬を求めるエンジニアもいる。だが、そこで心配なのが独立後の社会保障だ。エンジニアが独立した場合、それまで会社と折半で支払っていた社会保険(社保)には加入できず、代わりに加入できる国民健康保険と国民年金は自己負担となる。 その問題の解決を目指すのが、日本のスタートアップであるBranding Engineerだ。同社は本日、エンジニア向けの社保付き独立支援サービス「Midworks」を正式リリースした。 続きを読む

  • 選ばれたエンジニアのみが加入できるマーケットプレイスのCodementorが160万ドルを調達

    選ばれたエンジニアのみが加入できるマーケットプレイスのCodementorが160万ドルを調達

    Codementor(法人名はPeer Idea Inc.)は現地時間14日、シードラウンドで160万ドルを調達したと発表した。同社のオンライン教育ビジネスをフリーランス・ディベロッパー向けのマーケットプレイスへと進化させるためだ。 マウンテンビューに拠点を置き、台湾に開発オフィスを設けるCodementorは、シアトルのアクセラレーターであるTechStarsの卒業生だ。本調達ラウンドでリード投資家を務めたのはWI Harperだ。Codementorはこれまでに、Techstars、500 Startups、そして個人投資家などから120万… 続きを読む

  • シリコンバレーでは、スタートアップ経験が履歴書代わりになりつつある

    シリコンバレーでは、スタートアップ経験が履歴書代わりになりつつある

    エンジニア5人とその仲間が集まってエンジェル投資をいくらか募り、スタートアップを設立したと思ったら、ほとんどもしくは全く収益もないまま1000万ドルで売却。一体どういうこと? ありがちな解釈ならば、ITバブル、思慮のない”アクハイヤー”(買収による人材獲得)、あるいは不合理な共同幻想になるだろう。しかし、もう少し大きな視点から見れば、たとえば超一流の人材が報酬を得る方法が根本的に変化したとか、何か別の現象なのかもしれない。 続きを読む

  • オンライン学習のUdacityで自動運転車のエンジニアになろう

    オンライン学習のUdacityで自動運転車のエンジニアになろう

    自分で学習する自動運転車の製作者であるGeohotが今年のDisruptイベントに来ると発表したばかりなので、ちょうどいいタイミングだ。Udacityは新しく発表したナノ学位で読者も自動運転車のエンジニアで1年でなれるようになった(情報提供:Recode)。 続きを読む

  • モバイル決済のSquareが内製のデバッガSquashをオープンソース化

    モバイル決済のSquareが内製のデバッガSquashをオープンソース化

    デベロッパなら誰もが、毎日飽きることなく襲ってくる虫たちに悩まされる。虫がどこにいるのか、分からないこともよくある。だから、虫退治のうまい人は、勘が発達していなければならない。それでもときには、一日の大半を、コードを書くことよりもデバッグに費やしてしまうことすらある。 スマホからクレジットカードを使って支払を行うサービス(とちっちゃなカードリーダー)を提供しているSquareは、バグが、誰がいつ書いたコードのどこにあるかを見つけるためのデバッガSquashを社内用に内製した。そして今日(米国時間1/17)同社は、そのツールをオープンソー… 続きを読む