エンタープライズ

  • IBMのメインフレーム事業は健在、新機種z15を発表

    IBMのメインフレーム事業は健在、新機種z15を発表

    いまどき、メインフレームをテクノロジーの恐竜だと思うのは簡単だ。でも実際には、これらのマシンは今でも多くの大企業や大きな組織のコンピューティング戦略の基幹的部位だ。米国時間9月13日、IBMは、同社のメインフレームコンピューターの最新機種z15を発表した。 続きを読む

  • IBMがCloud FoundryとRed HatのOpenShiftを合体へ

    IBMがCloud FoundryとRed HatのOpenShiftを合体へ

    ハーグで行われているCloud Foundry SummitでIBMが今日(米国時間9/11)、Red HatのOpenShiftコンテナプラットホーム上のCloud Foundry Enterprise Environmentを披露した。 続きを読む

  • AmazonのDynamoDBにマシン効率で勝るScyllaDBとは?

    AmazonのDynamoDBにマシン効率で勝るScyllaDBとは?

    オープンソースのデータベースはたくさんあるが、NoSQLのScyllaDBは、ほかならぬAmazonのユーザーを惹きつけることによって自らを差別化しようとする。 続きを読む

  • APIの良質なマニュアルを作るReadMeがログ利用でサービスを高度化

    APIの良質なマニュアルを作るReadMeがログ利用でサービスを高度化

    各企業のAPIログを利用できるようになってから、いろんな可能性が一挙に開けた。なぜならデータが、人びとのAPIの使い方を知るための貴重な窓になるからだ。 続きを読む

  • データ分析大手のSplunkがクラウドモニタリングのSignalFxを1100億円超で買収

    データ分析大手のSplunkがクラウドモニタリングのSignalFxを1100億円超で買収

    データ処理とアナリティクスを専業とする上場企業Splunkは米国時間8月21日、クラウドモニタリングのスタートアップであるSignalFxを約10億5000万ドル(約1120億円)で買収したことを発表した。 続きを読む

  • AI利用のハードルを下げるH2O.aiがゴールドマンサックスのリードで約77億円調達

    AI利用のハードルを下げるH2O.aiがゴールドマンサックスのリードで約77億円調達

    H2O.aiのミッションは、AIを誰でも使えるようにすることだ。そのために同社は企業に一連のツールを提供して、データサイエンティストのチームが要らないようにする。 続きを読む

  • マイクロソフトがJavaアプリのパフォーマンスを上げるjClarityを買収

    マイクロソフトがJavaアプリのパフォーマンスを上げるjClarityを買収

    Microsoftは米国時間8月19日、、Javaアプリケーションのパフォーマンスを上げるサービスであるjClarityの買収を発表した。 続きを読む

  • データウェアハウスを過去のものにするIncortaが30億円超を調達

    データウェアハウスを過去のものにするIncortaが30億円超を調達

    「企業などが大量のデータを処理する方法を抜本的に変えたい」と一念発起した元Oracleの役員たちが創業したIncorta(インコルタ)は米国時間8月15日、Sorenson CapitalがリードするシリーズCのラウンドで3000万ドル(約32億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • Slackが大企業ユーザーのための新しい管理機能を提供

    Slackが大企業ユーザーのための新しい管理機能を提供

    2週間前に高度なセキュリティツールを導入した同社は今日(米国時間8/14)、Slackの大規模な展開と管理を助けるアドミンツールをいくつか発表した。 続きを読む

  • VMwareがかつて同社をスピンアウトしたPivotalを買収か

    VMwareがかつて同社をスピンアウトしたPivotalを買収か

    米国時間8月14日、VMwareがソフトウェア開発プラットホームPivotal Softwareを買収する話し合いに入っていることを確認した。 続きを読む