エンタープライズ

  • 物質の検査にダイヤモンドダストを利用するDust Identityにエアバスやロッキードも投資

    物質の検査にダイヤモンドダストを利用するDust Identityにエアバスやロッキードも投資

    Dust Identityのアイデアは、同社の創業者たちがいたMITの研究室で生まれた。そこで彼らは、ダイヤモンドの塵、ダイヤモンドダストを使って物質を認識する技術を開発した。 続きを読む

  • AmazonのAlexaスキル開発キットがヒンズー語をサポート

    AmazonのAlexaスキル開発キットがヒンズー語をサポート

    Amazonは先月の機械学習と人工知能のカンファレンスre: MARSで、流暢なヒンズー語をAlexaに加える、と発表した。それまでAlexaが理解できたのは、ヒンズー語混じりの英語ヒングリッシュのコマンド少々だけだった。 続きを読む

  • Slack上場初日の株価急騰、終値は48.5%アップの38.50ドル

    Slack上場初日の株価急騰、終値は48.5%アップの38.50ドル

    ビジネスコミュニケーションに革命を起したスタートアップ、Slackはニューヨーク証券取引所)に上場を果たした。初日の取引で株価は売出価格から5割アップし38.50ドルの終値を記録した。 続きを読む

  • VMwareがマルチクラウドロードバランシングのAvi Networksを買収

    VMwareがマルチクラウドロードバランシングのAvi Networksを買収

    企業がますます多くのワークロードをAWS、Azure、Google Cloud Platformなどのパブリッククラウドに移行させている今日では、Aviのような企業がもっと現代的なロードバランシングツールを提供しなければならない。 続きを読む

  • AIや機械学習の企業導入を助けるスタートアップがエリック・シュミットなどから5.7億円調達

    AIや機械学習の企業導入を助けるスタートアップがエリック・シュミットなどから5.7億円調達

    RealityEngines.AIは、525万ドル(約5.7億円)のシードラウンドを発表した。同社は、不完全なデータしかなくても、企業がAIをうまく使えるように手助けするスタートアップ。 続きを読む

  • さまざまな個人化用機械学習モデル構築APIがAWSから提供開始

    さまざまな個人化用機械学習モデル構築APIがAWSから提供開始

    プレスリリースによると、「機械学習モデルのセットアップと、インフラストラクチャやアルゴリズムのチューニングに要する時間が、自力でそのための環境を構築構成する場合に比べて最大60%は節約できる」。 続きを読む

  • Google Cloudでリソースの容量能力を予約でき確約利用割引の対象を拡大

    Google Cloudでリソースの容量能力を予約でき確約利用割引の対象を拡大

    Google Cloudが2つの重要な料金改定を行った。ただし残念ながらそれは、よくあるコンピュートとストレージの値下げではなくて、最初のは確約利用割引の拡大だ。 続きを読む

  • 7月発売の12コアRyzen 9 3900XはCore i9 9920Xの半額ながら省エネで勝る

    7月発売の12コアRyzen 9 3900XはCore i9 9920Xの半額ながら省エネで勝る

    キーノートのハイライトはAMDの12コア24スレッドRyzen 9 3900xチップの発表で、それは同社の第3世代Ryzen系列の旗艦機だ。499ドルの最低価格は対抗機であるCore i9 9920Xチップセットの1189ドルの半額だ。 続きを読む

  • PraqmaがAtlassianのデータセンターアプリをコンテナに入れて管理を容易に

    PraqmaがAtlassianのデータセンターアプリをコンテナに入れて管理を容易に

    それは、エンタープライズがJira Data Centerなどのオンプレミスアプリケーションを、Kubernetesを利用してコンテナとして動かし管理できる、という新しいソリューションだ。 続きを読む

  • サーバーレスとコンテナは両者を一緒に使うのがベストプラクティスだ

    サーバーレスとコンテナは両者を一緒に使うのがベストプラクティスだ

    コンテナに収めたソフトウェアを継続的デリバリ方式で使用するクラウドネイティブモデルは、ランタイムにクラウドベンダーがワークロードを動かすために必要なだけの量のリソースを生成するサーバーレスコンピューティングを利用すると、なお一層有利だ。 続きを読む