アントレプレナーシップ / 起業家精神(用語)

アントレプレナーシップ / 起業家精神に関連する記事一覧

  • VCたちはどれだけ稼いでいるか

    VCたちはどれだけ稼いでいるか

    ベンチャーキャピタルは不透明な業界と思われているので、われわれの多くが、平均的なVCの年収などを知らなくても当然だ。 しかし、ベンチャー企業の報酬に関するJ. Thelander Consultingの調査報告書を見ると、やはりVCたちは大金を稼いでいる。 続きを読む

  • 何千もの暗号通貨プロジェクトがすでに死んだ、そして詐欺も多い

    何千もの暗号通貨プロジェクトがすでに死んだ、そして詐欺も多い

    失敗した暗号通貨プロジェクトの目録を熱心に作り続けているCoinopsyとDeadCoinsによると、2018年に失敗したプロジェクトは現時点(6月)で1000を超える。それらのプロジェクトは、本物のabandonware(アバンダンウェア)から単なる詐欺にいたるまでさまざまで、その中には、二人の“自称兄弟”Jack/Jay Brigによる詐欺BRIGや、SECによる捜査で終わったTitaniumなどもある。 続きを読む

  • 週4時間働けばよいという考え方に反論する

    週4時間働けばよいという考え方に反論する

    カンファレンスやネットワーク・イベントなどに参加すると、この技術業界の周囲で働いている人の多さに驚かされることがある。ソーシャル・メディアの教祖的な人たち、サーチエンジン最適化の忍者、ブロガーなどなど。まさに、技術業界の「クラブ・プロモーター」の同人会だ。業界の煽り屋だ。 続きを読む

  • 一般企業とデベロッパーの機械学習導入を助けるPetuumがSoftbankらから$93Mを調達

    一般企業とデベロッパーの機械学習導入を助けるPetuumがSoftbankらから$93Mを調達

    機械学習のデベロッパーの不足が産業界の足かせになっている今、スタートアップも大手テクノロジー企業も人工知能を商用化するために必要なツールの民主化に取り組もうとしている。その方面の最新のスタートアップPetuumは今朝(米国時間10/10)、Softbankおよび Advantech Capitalからの、9300万ドルのシリーズBを発表した。 続きを読む

  • LA-SF間の寝台バスCabinが$3.3Mを調達、飛行機より高いけど人気

    LA-SF間の寝台バスCabinが$3.3Mを調達、飛行機より高いけど人気

    寝台バス(上図)のCabinが、330万ドルのシード資金の獲得を発表した。この投資をリードしたのはFounders FundのFF Angel、これに半ダースほどの投資家が参加した。この新たな資金でCabinは、その夜間運行サービスの国内供用地を増やすことができる。 続きを読む

  • DellのVC部門Dell Technologies Capitalは市場に独自の視点で臨み27のエグジットを経験

    DellのVC部門Dell Technologies Capitalは市場に独自の視点で臨み27のエグジットを経験

    エグジットを27も抱えたVCがステルスであることは、めったにない。それどころか、今日のVCの多くは、そんなにたくさんのエグジットを経験していない。しかし、今日(米国時間5/8)までステルスだったDell Ventures(正式名: Dell Technologies Capital)は、各年1億ドルという着実なペースで投資を続けてきた。同グループは、マーケットが何を買いたがっているのかを、よく知っている。これまで同社では、70あまりの投資案件のうち、その37%近くがエグジットした。もちろん、その結果はさまざまだが。 続きを読む

  • 起業、失敗、そして新しい挑戦――私が起業から学んだこと

    起業、失敗、そして新しい挑戦――私が起業から学んだこと

    初めて設立したスタートアップからは多くのことを学ぶことができた。企業家精神そのものについても学べたし、会社設立から、資金調達、そして最終的に会社を畳むまでの浮き沈み(主に沈み)も経験できた。何かを夢見て、その夢が消えようとする中で生まれる特別なプレッシャーに押しつぶされ、ある友人との関係はねじ曲がり、また別の友人との関係は崩壊した。 起業は決して愉快なものではないのだ。 続きを読む

  • DeepgramがオープンソースにしたKurを使えばディープラーニングのDIYが楽にできる

    DeepgramがオープンソースにしたKurを使えばディープラーニングのDIYが楽にできる

    Y Combinator出身のDeepgramは、機械学習を利用して顧客企業のためにオーディオデータの分析をやっている。その同社がこのほど、Kurと呼ばれるディープラーニングツールをオープンソースにした。この分野に関心のある人たちは、自分のアイデアを形にするのがより容易になるだろう。同社はまた、10時間ぶんの録音データを10秒単位に切り刻んたものを、訓練用の教材として提供している。 続きを読む

  • モバイルテクノロジーと社会起業で貧困をハッキングする

    モバイルテクノロジーと社会起業で貧困をハッキングする

    [筆者: Thane Kreiner](サンタクララ大学Miller社会起業センターの事務局長) シリコンバレーでは、“ハッカー”という言葉が、クリエイティブで独創的で、困難な課題を達成できる巧妙な方法を見つけることが上手な人を指す、褒め言葉へと進化してきた。“hack”という言葉が通常表現している一部のそのほかの意味ではなく、このような観点から、私は最近のTEDxの講演で、フランシス法王と国連を、貧困のハッカー(hackers of poverty)と呼んだ。 世界の貧困は、困難な課題と呼ぶにふさ… 続きを読む

  • 学生が(技術がなくても)アイデアを無料でアプリにできるアプリビルダーBizness Apps、すでに3万名50校が登録

    学生が(技術がなくても)アイデアを無料でアプリにできるアプリビルダーBizness Apps、すでに3万名50校が登録

    2016年ともなると、世の中の全員が(彼らのお母さんすら)アプリのアイデアを持っている。今や大学では、アプリ作りがビアポンに代わって課外活動の主役だ。唯一の問題は、アイデアの数だけデベロッパーがいないこと。あなたが学食でナプキンにスケッチしたアイデアを、3%のマージンで完全なアプリにしてくれるCS専攻の友人もいない。 でも、学生が起業すること自体は(アプリでなくっても)すばらしい。起業体験は、教室では得られない貴重な学習体験だ。ビジネスとして軌道に乗れば経済にも貢献する。 続きを読む

  • 学校や校区の管理者を助けてスケジュールの余裕を作り出し、多様な教育活動の展開を可能にするAbl Schoolsが$4.5Mを調達

    学校や校区の管理者を助けてスケジュールの余裕を作り出し、多様な教育活動の展開を可能にするAbl Schoolsが$4.5Mを調達

    Yammerの協同ファウンダーでCTOだったAdam Pisoniが1月に、彼が新たに創ったエドテック(edtech)スタートアップのために、最初の外部資金として450万ドルをひそかに調達していた。今週彼は、そのAlways Be Learning Inc.、略称/愛称Abl Schoolsについて、詳細を語った。 今の合衆国のエドテックスタートアップは、AltSchoolやD.Tech Academyなどのように学校そのものを作る場合以外は、教室で使うものを作っているところが多い。たとえば、親と教師のためのコミュニケーションアプリ、カリキュラムや… 続きを読む

  • Tovala Cooks Healthy Meals At Home

    Tovalaは、調理済食品を完璧に加熱するスマートオーブン

    Tovalaは、Y Combinator出身の新しいスタートアップで、低価格で、プロ用オーブンレンジに取って代わる製品を作ろうとしている。Tovalaは、焼く、煮る、蒸すを、最大550度F(288度C)、10~30分でこなすスマートオーブンだ。 続きを読む

  • 近未来地球社会の最重要分野: アグテック(Agtec, 情報テクノロジによる農業生産性向上策)の、よちよち歩きの現状

    近未来地球社会の最重要分野: アグテック(Agtec, 情報テクノロジによる農業生産性向上策)の、よちよち歩きの現状

    [筆者: Robyn Metcalfe]第二の千年紀に入った今では、最小の入力と管理費用、そして環境の尊重を伴いながら、生産性を上げる新しい方法の発見が課題だ。今の私たちはひとつの岐路に立たされており、しかも緊急の課題がある。農地と水の供給量は少ない。気候変動が作物の性質と収量に大きな影響を与えている。世界の食糧システムは2050年までに、そのころの予想人口90億人のための食べ物を作り出す能力を、持たなければならない。それはとうてい、ささやかな責任ではない。 続きを読む

  • 「消費者時代」のデザイン

    「消費者時代」のデザイン

    AppleのiPhone、Spotifyのストリーミングサービス、Tesla Roadster ― いづれも質の高いデザインで競争力を高めた革新的テクノロジーの成果だ。 過去10年、IT企業におけるデザインの重要性は、テクノロジーに精通した消費者が、完璧な機能性と優れたユーザー体験だけでなく美しさ求めるようになるにつれ、飛躍的に高まった。 続きを読む

  • 今どきリンク共有サイトが話題になりシード資金61万ドルももらうとは?…情報過剰へのひとつのソリューションThis.

    今どきリンク共有サイトが話題になりシード資金61万ドルももらうとは?…情報過剰へのひとつのソリューションThis.

    最初はWho(誰)で、二度目はWhat(何)かもしれないけど、このお話の主人公はいつもつねにThis(これ)なのだ。そのThis.が今、初めてのシードラウンドをやっている。Atlantic Mediaで孵化した同社は、“ジャーナリズムとアートとエンタテイメントに関して情熱的な人びとのためのキュレーションプラットホーム”、を自称している。しかし、これだけでは、さっぱり分からないね。 このサービスのユーザは、気に入ったコンテンツのリンクを一日に一つポストして、それを互いにシェアする。ということは、今のSNSなどと違って… 続きを読む

  • 起業家に必要なのは高いIQよりパターン認識能力

    起業家に必要なのは高いIQよりパターン認識能力

    スタートアップが生き残るためには優れた起業家の存在が不可欠だが、この「優れた起業家」の条件については、これまで明確な定義がなかった。これを定義しようと、シリコンバレー発の起業家育成プログラム&スタートアップ・アクセラレーター「ファウンダー・インスティテュート関西」が興味深いインフォグラフィックを作成したので、ご紹介しよう。ファウンダー・インスティテュートでは、過去5年にわたり起業家に適正テストを受けさせており、その数は今日までに実に2万人にものぼる。これらの起業家が卒業後にスタートアップを創業し、その後の各社のパフォーマンスを追跡する… 続きを読む

  • 誰もがDJになって自分のミックスを共有できるアプリedjingが$2.5Mを調達

    誰もがDJになって自分のミックスを共有できるアプリedjingが$2.5Mを調達

    edjingは、iOSやAndroid、Amazon、Windowsなどのモバイル製品上で使えるDJアプリだが、このほどEntrepreneur Ventureが率いる投資ラウンドにより250万ドルを調達した。DeezerのファウンダDaniel Marhelyもこの投資に参加し、このフランスのスタートアップの顧問団に加わった。 続きを読む

  • プロダクトは正しい方向に向かっているか? ―リーン・スタートアップにはビジョンと絶えざるその検証が不可欠

    編集部:この記事の寄稿者、エリック・リース(Eric Ries) は連続起業家、コンサルタント、著述家。Twitterは @ericries 〔日経BP刊「リーン・スタートアップ-―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす」の著者。 私は最近、ある革命的なアイディアを実現しようとしている初期段階のスタートアップのコンサルティングをする機会があった。私は「きみたちのプロダクトの改良は進んでいると思うか?」と尋ねた。もちろん彼らはイェスと答えた。 「どうしてそれが分かる?」と私は尋ねた。彼らの答えは予想どおりだった。「新機能を追加している。… 続きを読む

  • スタートアップの立ち上げ前、CEOの仕事はサンドイッチを買うことだった

    スタートアップの立ち上げ前、CEOの仕事はサンドイッチを買うことだった

    【本稿のライターであるSeth Sternbergは、Meeboの共同ファウンダーにしてCEO。以前はIBMでM&Aを担当していた。 】 私は意欲に燃える起業家と話すのが好きだ。最低でも週1回は実行している。 よく聞かれるのが「スタートアップのCEOの役目は何か」という質問だ。時として立ち上げ前の「CEO」を不思議に思う人がいるようで、そもそもスタートアップにCEOが必要なのかを尋ねられる。もしそのCEOがエンジニアでないなら、いったい何をするのか。あるいは、今私が180人の企業のCEOとして何をしているのかを知りたがる。この記事で私… 続きを読む

  • わかったつもりになっていませんか:「ビジネスモデル」とはなんだろう?

    わかったつもりになっていませんか:「ビジネスモデル」とはなんだろう?

    テック業界にいる人なら、誰もが「ビジネスモデル」という言葉を口にする。しかしそうした人々からランダムに対象を選んで質問をしてみれば、「ビジネスモデル」という言葉を真に理解している人がほとんどいないことに気付くことだろう。たとえばカリフォルニア大学バークレー校で質問をしてみた。ほとんど全員の手が上がり、MBA学生のBlake Brundidgeの回答はなかなか面白いものではあった。しかしほとんどの学生が適切な回答をすることができなかった。唯一の例外は私のiSchoolに参加しているスタンフォードのLionel Vitalだった。 「ビジネスモ… 続きを読む