estonia

  • テクノロジーの問題に対するテクノロジーによる解決を書いた本“How to Fix The Future”

    テクノロジーの問題に対するテクノロジーによる解決を書いた本“How to Fix The Future”

    今月初めに出たKeenの近著“How to Fix the Future”(未来の直し方)は、テクノロジー世界の著名なオピニオンリーダーたちが、従来のユートピア主義を捨ててその逆を主張し始め、しかもそれが突然、一種のファッションになってる現況を論じている。IPOの第一世代の勝利者たちが、今ではテクノロジーのもっとも声高な批判者になり、しかもその批判は都合よく、若い世代の起業家たちが立ち上げた新しいプロダクトやサービスの批判にもなっている。 続きを読む

  • Google検索の結果に世界の憲法が表示される

    Google検索の結果に世界の憲法が表示される

    GoogleはこのほどConstitute Projectとパートナーして、合衆国憲法と、アフガニスタン、ブータン、エストニア、フィンランド、フランス、アイスランド、日本、ラオス、ラトビア、ミクロネシア、ノルウェー、そしてウクライナの憲法の重要な条文を、表示、分析、そして比較できるようにした。 ぼくはたまたま、ゆうべディベート番組を見ていて、憲法についてググりたいことがあったから、将来この機能を絶対に使うだろう。 続きを読む

  • エストニアは小学校からのコンピュータ教育に次いでクラブ活動としてのプログラミング学習を大規模に支援–Microsoftが積極賛助

    エストニアは小学校からのコンピュータ教育に次いでクラブ活動としてのプログラミング学習を大規模に支援–Microsoftが積極賛助

    バルト三国の一つであるエストニアは、Skypeが生まれた国であり、合衆国をはじめ各国のデベロッパを必要としている企業が人材のスカウトに訪れる国でもある。同国は、同国に対するこのような評判に今後なお大きく応えるべく、また新たなIT投資を行う。今日(米国時間10/5)発表されたそのSmartlabプロジェクトは、SkypeのオーナーであるMicrosoftも賛助する半官半民の事業で、10〜19歳の子どもたちが、ロボット工学とプログラミングとモバイルアプリとWebデザインを趣味〜放課後の活動として学ぶグループを、スタート段階では全国で36… 続きを読む