倫理(用語)

倫理に関連する記事一覧

  • Twitterが「業界初」機械学習アルゴリズムの「バイアス」を対象とする報奨金コンテスト実施

    Twitterが「業界初」機械学習アルゴリズムの「バイアス」を対象とする報奨金コンテスト実施

    Twitterが、システムが自動的に画像をクロップする際の”偏り”を発見した人に謝礼を支払う報奨金コンテストをHackerOneを通じ開始しました。Twiiterの自動画像クロップは2018年から使われ始めましたが、一部ユーザーからはこのアルゴリズムが肌の白い人を中心にするようなバイアスがかった処理を行う傾向があると批判の声が上がっていました。 続きを読む

  • 中国が「冷却水いらず」な実験用原子炉による9月実験開始を計画、2030年に商業用原子炉の建設を予定

    中国が「冷却水いらず」な実験用原子炉による9月実験開始を計画、2030年に商業用原子炉の建設を予定

    中国政府の科学者は、世界初をうたう、冷却のための水を必要としない実験用原子炉の計画を発表しました。来月にも原子炉は完成し、9月から最初の実験が開始される予定です。中国はこの実験炉での実験がうまくいくならば、早ければ2030年に最初の商業用原子炉を建設する予定。そしてその後は水が必要ない利点を活かして砂漠や平原地域にこの原子炉を置き、さらには「一帯一路」構想に参加する国にも最大30基を建設する予定だとしました。 続きを読む

  • 【コラム】DXを「エシカル」にリードする方法、倫理優先の考え方は従業員と利益を守る

    【コラム】DXを「エシカル」にリードする方法、倫理優先の考え方は従業員と利益を守る

    新型コロナウイルスによって、ほぼすべての分野でデジタル変革(DX)の必要性が加速されたことは周知の事実だ。この状況下で、企業が成功を収めるために行っている活動は常に注目されている。しかし、企業がどのようにそれを行っているかについては、あまりわかっていない。 続きを読む

  • 【コラム】企業はNDAを禁止する法案を待たずに今すぐ倫理的なポリシーを作るべきだ

    【コラム】企業はNDAを禁止する法案を待たずに今すぐ倫理的なポリシーを作るべきだ

    米国中の企業は、カリフォルニア州議会の「Silenced No More Act(もう黙っていない)」法案の公聴会に細心の注意を払うべきだ。この法律は、従業員がさまざまな形の差別とハラスメントについて公表するのを防ぐために守秘義務契約(NDA)を使うことを禁止する。 続きを読む

  • 倫理的データ慣行の青写真を描くための4つのステップ

    倫理的データ慣行の青写真を描くための4つのステップ

    2019年、UnitedHealthcare(ユナイテッドヘルスケア)のヘルスサービス事業部門、Optum(オプタム)は、50の医療機関に機械学習アルゴリズムを展開した。医師と看護師はこのソフトウェアを用いて糖尿病、心臓病、その他の慢性疾患を持つ患者をモニターし、また患者が処方箋を管理したり受診予約を入れたりするのを支援することができるようになった。 続きを読む

  • 社会貢献するテクノロジー企業に投資するVCが増えない理由

    社会貢献するテクノロジー企業に投資するVCが増えない理由

    社会貢献を重視するテクノロジー企業へのベンチャー投資が増えないのは、なぜなのか。考え得る最大限の利益を追求するためだけに集められたバカみたいに莫大な運用資金を扱うKKRがESGガイドラインを適用する一方で、頭の切れる何百人ものVCジェネラルパートナーたちが、まるで見て見ぬふりをするかのように、過去の成功例にとらわれて、「ソーシャルグッド」と「社会貢献」以外のあらゆる分野で革新的企業を追いかけているのはなぜなのだろうか。 続きを読む

  • シリコンバレーが今必要とする、倫理を学ぶための新たな取り組み

    シリコンバレーが今必要とする、倫理を学ぶための新たな取り組み

    パンデミックの拡大とともに新たなテクノロジーの開発競争が加速する中で、テクノロジーがこれらの課題に対する検証方法を見つける事がこれまで以上に重要になっている。現在のテクノロジーはこの課題に対して十分な準備ができていない。プライバシーと安全性の相容れない問題において健全なバランスを取り、同時にその取り組みを公衆に説明する必要があるにも関わらずだ。 続きを読む

  • 倫理条項を初めて資金提供協定に盛り込んだ米国の女性起業家

    倫理条項を初めて資金提供協定に盛り込んだ米国の女性起業家

    スモールビジネスの成長を支援するプラットフォームAliceは、女性、有色人種、LGBTQ+の起業家を守るため、業界で初めて、差別に対処する倫理条項を資金提供協定に盛り込み、投資業界からの差別の撤廃を目指す。 続きを読む

  • 元Googleのポリシー責任者が人権を軽視した社内事情を揶揄

    元Googleのポリシー責任者が人権を軽視した社内事情を揶揄

    Googleの元国際関係責任者Ross LaJeunesse氏は、昨年退社するまで10年以上にわたり政府とポリシーに関する問題に取り組んできたが、真剣に人権擁護に取り組む姿勢を見せないGoogleに業を煮やし退職。巨大ハイテク企業を政治的に規制することを目指し、上院議員選挙への立候補を決めた。 続きを読む

  • Awayの失敗に学ぶいけ好かないCEOと成功について

    Awayの失敗に学ぶいけ好かないCEOと成功について

    特には目立たないが、実は大きな社会的分断を象徴しているのではないかと大問題になる話がよくある。最近では、Away(アウェイ)の不祥事の話がそれにあたる。 続きを読む