ヨーロッパ / EU(国・地域)

ヨーロッパ(EU)に関する記事一覧

  • 「Googleに葬られる前に制裁措置を」135の企業や組織がEUの独占禁止法トップに訴える

    「Googleに葬られる前に制裁措置を」135の企業や組織がEUの独占禁止法トップに訴える

    旅行、宿泊、雇用などの業界でサービスを提供する135のスタートアップとハイテク企業の連合が、Google(グーグル)に対して独占禁止法違反の制裁を課すよう欧州委員会を促す書簡を提出し、制裁を迅速に実施しなければ存続が危ぶまれる企業もでてくると警告した。 続きを読む

  • ヨーロッパが暗号化のバックドアを必要としている?

    ヨーロッパが暗号化のバックドアを必要としている?

    11月初頭にリリースされたプレスレポートによると、テロを気がかりにしているヨーロッパの議員らがエンドツーエンド暗号化の禁止を急いでいるという。実際はこれよりももう少し違ったニュアンスが含まれているので、実状を書いた我々の分析を読んでいただきたい。 続きを読む

  • 欧州でeコマースプラットフォームに対し新型コロナ詐欺対応でデータ共有を促す動き

    欧州でeコマースプラットフォームに対し新型コロナ詐欺対応でデータ共有を促す動き

    欧州の議員は、消費者を標的にコロナウイルス詐欺を働く不正な業者と戦うためのツールとして、より多くのデータを互いに共有するよう主要なeコマースおよびメディアプラットフォームに圧力をかけている。 続きを読む

  • 「ブラックボックス」化したアルゴリズムの透明化を強制するEUの規制法案にビッグテックが直面

    「ブラックボックス」化したアルゴリズムの透明化を強制するEUの規制法案にビッグテックが直面

    大手インターネットプラットフォームは、欧州立法府が2020年11月に提出予定の法案が通れば、規制当局の監視下でそのアルゴリズムの開示が要請されることになる。欧州委員会上級副委員長マルグレーテ・ベスタエアー氏が米国時間10月30日に行ったスピーチで、間もなく発表されるデジタルパッケージ法案の重要な柱はアルゴリズムの説明責任だと示唆した。 続きを読む

  • EUで国境を越えた新型コロナ接触追跡アプリの相互運用開始、ドイツ、イタリア、アイルランドのアプリが対象

    EUで国境を越えた新型コロナ接触追跡アプリの相互運用開始、ドイツ、イタリア、アイルランドのアプリが対象

    欧州連合(EU)は、先月、2020年9月に行われたシステムの試験運用を経て、Bluetooth近接通信機能を利用してスマートフォンユーザーの接触リスクを計算する新型コロナウイルス接触追跡アプリの国境を越えた相互運用を最初のグループで開始した。 続きを読む

  • フランスで欧州米国間での健康データ転送を回避するため該当サービスに米国クラウドプラットフォーム利用禁止の勧告

    フランスで欧州米国間での健康データ転送を回避するため該当サービスに米国クラウドプラットフォーム利用禁止の勧告

    Mediapartの報道によると、フランスのデータ保護機関であるCNILは健康データを扱う同国のサービスに対していくつかの推奨事項を発表した。これらのサービスはMicrosoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloudといった米国のクラウドホスティング企業の利用を完全に避けるべきだという。 続きを読む

  • EUがアップルに対する1.5兆円超の罰金命令を棄却した判決を上訴

    EUがアップルに対する1.5兆円超の罰金命令を棄却した判決を上訴

    アップルとヨーロッパ間の税金問題は終わりが見えない。米国時間9月27日、欧州委員会は、アップルとアイルランドに対する国家支援と税金に関する150億ドル(約1兆5800億円)の罰金命令を無効とする2020年7月の裁定を上訴する意向を発表し、2016年8月の原判決を破棄した。 続きを読む

  • 欧州が国境を越えた新型コロナ陽性者接触アラートアプリの相互運用性テストを開始

    欧州が国境を越えた新型コロナ陽性者接触アラートアプリの相互運用性テストを開始

    欧州委員会は、各国の新型コロナウイルス陽性者接触通知アプリを、国境を越えて相互運用させるために必要なバックエンドインフラのテストを開始ことを明らかにした。 続きを読む

  • TikTokのユーザーデータ取り扱いについてフランスの監視当局が調査開始

    TikTokのユーザーデータ取り扱いについてフランスの監視当局が調査開始

    TikTokに新たな心配のタネができた。TechCrunchは、欧州の監視当局が今流行のソーシャルアプリの調査を開始したことを確認した。欧州の監視当局は2019年にGoogleに対して5700万ドル(約61億円)の罰金を課すなど、これまでテック大企業に最大の打撃を与えている。 続きを読む

  • グーグルのFitbit買収をEUが承認、ユーザーの健康データを広告に使用しないことを条件に

    グーグルのFitbit買収をEUが承認、ユーザーの健康データを広告に使用しないことを条件に

    Googleは、2019年11月にFitbitを21億ドル(約2250億円)で買収するプランを発表した。しかしこの記事を書いている時点では、買収は完了していない。大企業が大企業を買うときは、規制当局の審査も厳しくなるからだ。 続きを読む