イベント(用語)

イベントに関する記事一覧

  • ライブ会場の再開に合わせてMixhaloが対面式ライブイベント用音声ストリーミングの新技術を発表

    ライブ会場の再開に合わせてMixhaloが対面式ライブイベント用音声ストリーミングの新技術を発表

    全米各地のライブ会場が再開される中、Mixhaloは、その対面式ライブイベント用のオーディオストリーミングプラットフォームに「Mixhalo Over Cellular」と「Mixhalo Rodeo」と呼ばれる2つの新機能を追加することを発表した。 続きを読む

  • バーチャルイベントにネットワーキング機能を追加するためにtwineが3.6億円調達、ビデオチャットアプリから方針転換

    バーチャルイベントにネットワーキング機能を追加するためにtwineが3.6億円調達、ビデオチャットアプリから方針転換

    パンデミックの中で「新しい人たちと出会うためのZoom」的なものとして立ち上げられた、ビデオチャットのスタートアップtwineは、その焦点をオンラインイベントに移し、その結果シード資金として、330万ドル(約3億6400万円)を調達した。 続きを読む

  • Open Network Lab第22期デモデーを開催、社内向け動画ツールやCO2削減サービスなど4社が登場

    Open Network Lab第22期デモデーを開催、社内向け動画ツールやCO2削減サービスなど4社が登場

    2021年4月20日、デジタルガレージは同社が主催する起業家支援プログラム「Open Network Lab」 の第22期デモデーを開催した。2020年4月に開始したOpen Network Labは今年で11年目を迎える。今期は134社から応募があり、そのうち1次面談と最終面談を通過した5社が採択された。デモデーに登場したの次の4社で、この記事ではそれぞれのプロダクトを紹介したい。 続きを読む

  • 【コラム】2021年、テック見本市は復活するのか?

    【コラム】2021年、テック見本市は復活するのか?

    この1年はカンファレンス業界にとって壊滅的な1年だった。これはTechCrunchでも取り組んできた問題であり、我々はすでにプログラムをバーチャル環境に移行している。地理的条件、出席率、その他のさまざまな要因に応じて、個々のケースごとに個別の解決策が必要であることは明らかである。 続きを読む

  • アップルのWWDC20は6月22日開幕、初のオンライン開催

    アップルのWWDC20は6月22日開幕、初のオンライン開催

    Appleは米国時間5月5日朝、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の維持)と外出禁止の最中に開催されるWWDCがどのようなものになるか情報を出した。年次開発者会議は6月22日に開幕する。既に示されていたように、イベントは iOS、iPadOS、そしてMacOSのデベロッパー向けのオンラインセッションで構成される。 続きを読む

  • Disrupt BerlinでのStartup Battlefieldファイナリスト5社が決定

    Disrupt BerlinでのStartup Battlefieldファイナリスト5社が決定

    現地時間12月11日、ドイツ・ベルリンで開催されたDisrupt Berlinのステージに14社のスタートアップが立ち、ライブのデモと彼らの起源とビジネスモデルに関するプレゼンテーションを行い、業界のエキスパートである審査員たちの質問に答えた。 続きを読む

  • クソロボット製作者のシモーネ・ギールツがDisrupt SFに登壇

    クソロボット製作者のシモーネ・ギールツがDisrupt SFに登壇

    来月は楽しいゲストがやってくる。クソロボット(Shitty Robots)で有名なSimone Giertz(シモーネ・ギールツ)氏が、サンフランシスコのMoscone Centerで10月2日から4日まで行われるDisrupt SFに登場するのだ。 続きを読む

  • アップルが3月25日に新動画ストリーミングサービス発表か、AirPowerやAirPods 2はどうなる?

    アップルが3月25日に新動画ストリーミングサービス発表か、AirPowerやAirPods 2はどうなる?

    その日のキーノートの主役は、ハードウェアでもソフトウェアでもなく、同社のコンテンツ事業らしい。 続きを読む

  • AppleはWWDCで拡張現実の大きなアップデートを発表した、Googleとの技術競争がおもしろい

    AppleはWWDCで拡張現実の大きなアップデートを発表した、Googleとの技術競争がおもしろい

    Appleは今年のWWDCの冒頭で、同社の拡張現実プラットホームのアップデートを強調し、iOS 12におけるARKit 2を紹介した。それには重要な技術的アップグレードがいくつか含まれている。 ARKitに新たに加わるもののすべてをデモすることはできなかったが、取り上げた重要な新機軸は、顔認識の改良やリアルなレンダリング、3Dオブジェクトの検出、持続的ユーザー体験や共有ユーザー体験などだ(上図)。 続きを読む

  • Dropbox創業者ドリュー・ハウストン、9月のDisrupt SFで思いを語る

    Dropbox創業者ドリュー・ハウストン、9月のDisrupt SFで思いを語る

    Dropboxは5億人以上の人々にとって欠くことのできない重要なツールとなった。われわれがファウンダー・CEOであるDrew HoustonをTechCrunch Disruptのステージに迎えることに興奮しているのはそれが理由だ 続きを読む

  • Appleが3月27日に教育イベントを開催、中身はまだ謎に包まれている

    Appleが3月27日に教育イベントを開催、中身はまだ謎に包まれている

    Appleには、学校や教師にサービスを提供してきた長い歴史があるが、しかし最近では業界の模様も変わり、Chromebookが学校の教室の様相を完全に変えてしまった。しかし、かつてのマインドシェアを取り戻したいAppleは今朝(米国時間3/16)、各方面へイベントの招待状を送り、来場者たちに何かの“実地見学”を勧めている。 続きを読む

  • Googleのパズルを解くと、今年のI/Oカンファレンスは5月8-10日だと分かる

    Googleのパズルを解くと、今年のI/Oカンファレンスは5月8-10日だと分かる

    Googleはパズルが好きだ。毎年同社は、その年のGoogle I/Oカンファレンスの最初の情報をパズルで提供する。今年もそうだ。 昨年のなぞなぞは数学的な論理パズルだったけど、今年のは脱出ゲーム的だ。ユーザーはGoogleのマウンテンビュー(Mountain View )本社キャンパスにあるいろんな部屋を次々とクリックして訪れ、パズルを解いていくと、最後にゴールに到着する。そこには、Google I/O 2018の場所、日にちなどが書かれている。 続きを読む

  • 第10回Crunchies賞のベストアプリ賞ファイナリスト5作…今年もっとも輝いたアプリはこれだ!

    第10回Crunchies賞のベストアプリ賞ファイナリスト5作…今年もっとも輝いたアプリはこれだ!

    2016年はひどい年だった。みんなが自分に正直なら、そう言えるだろう。でも、すべてが無駄ではなかった。テクノロジーの世界には、2016年にも、輝かしいスターがいくつか生まれ、アプリの時代と言われる中で、5つの傑作が、The Best App of 2016賞(ベストアプリ賞)のファイナリストにノミネートされた。 続きを読む

  • 今日のApple MacBook Proイベントのライブ中継を見る方法はこれだ(日本では木曜午前2時から)

    今日のApple MacBook Proイベントのライブ中継を見る方法はこれだ(日本では木曜午前2時から)

    今日(米国時間10/26)Appleはクパチーノ本社キャンパスでプレスイベントを開き、新しいMacBook Proを披露することが予想されている(キーボードの上に奇妙なミニディスプレイがついていることが既にリークされている)。13インチMacBook Airも改訂されるだろう。10 AM PT(ニューヨークでは1 pm、ロンドンでは6 pm、パリでは7 pm[東京では28日(木)午前2時])から、Appleの全デバイスでイベントを見られる。 続きを読む

  • Googleとリーバイスが「つながった」ジャケットを共同開発。電話の応答、マップの利用などが可能に

    Googleとリーバイスが「つながった」ジャケットを共同開発。電話の応答、マップの利用などが可能に

    今日(米国時間5/20)のI/Oカンファレンスで、Googleの先進技術・プロジェクト(ATAP)研究部門が、昨年発表したインタラクティブ布地プロジェクト、Project Jacquardの最新情報を発表した。ATAPのIvan Poupyrevは、同社が人気衣類メーカーのLevi’sと組んで、「つながった」スマートジャケットを開発中であることを明らかにした。これは、都会のサイクリストたちが、音楽を制御や電話の応答、ナビなどを、ジャケットの袖をタップしたりスワイプしたりすることで利用できるようにするものだ。 続きを読む

  • TC Tokyo 2015「バトル」勝者はクラウド労務手続き支援のSmart HR

    TC Tokyo 2015「バトル」勝者はクラウド労務手続き支援のSmart HR

    今年で5年目を迎えたTechCrunch Tokyo。毎年恒例の目玉企画「スタートアップバトル」の決勝が18日に行われ、100社以上の一次審査を勝ち抜いたチームが自社プロダクトをプレゼンで競い合った。 今年も800人規模の会場で立ち見が出るほどの盛り上がりを見せたバトルの頂点に輝いたのは、労務手続きを自動化する「SmartHR」を運営する株式会社KUFUだった。僅差で優勝を逃したスマホ専門のネット証券「One Tap Buy」には審査員特別賞が送られた。以下、優勝チームと次点チーム、その他のチームを登壇順にご紹介する。 続きを読む

  • 締め切りは今週金曜日「TechCrunch Tokyo 2015」スタートアップ向けデモブース出展者募集中

    締め切りは今週金曜日「TechCrunch Tokyo 2015」スタートアップ向けデモブース出展者募集中

    スタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2015」の開催まで、いよいよ1カ月を切った。これまでも登壇してくれるスタートアップの起業家たちを少しずつ紹介してきたが、ほかの登壇者も続々決まっているので、逐次紹介していきたいと思っている。 それとあわせてお伝えしたいのが、展示ブース「スタートアップ・デモ・ブース」の出展募集があと1週間で終了するということだ。 続きを読む

  • TechCrunch Tokyoでスタートアップ優待のデモブース募集開始

    TechCrunch Tokyoでスタートアップ優待のデモブース募集開始

    11月17日、18日に東京・渋谷のヒカリエで開催する「TechCrunch Tokyo 2015」は、今年もスタートアップを応援します――。本日よりスタートアップ・デモ・ブースの出展企業の募集を開始したのでお知らせしたい。このブースは、創業3年以内のスタートアップ企業の皆さんが、格安でプロダクトのお披露目ができる場所だ。合計で30ブース分を用意したので、是非活用してほしい。 続きを読む

  • TCオフィスのある秋葉原で起業家とVC向けのサマーパーティー開催します

    TCオフィスのある秋葉原で起業家とVC向けのサマーパーティー開催します

    僕たちTechCrunch Japan編集部は、東京・末広町(秋葉原からも徒歩数分だ)にある建物「3331 Arts Chiyoda」の中にある。この建物は中学校をリノベーションしたもので、アートスペースやコワーキングスペースがあったり、そして地下1階には僕らが入居するオフィススペースがある。いわば廃校の地下室で日夜記事を書いてるわけだ。今日は、そんな僕らがサマーパーティーをすることにしたのでお伝えしたい。 続きを読む

  • TwitterのLightningプロジェクトは非会員もアクセスできるイベント関連のリッチメディアコンテンツ集

    TwitterのLightningプロジェクトは非会員もアクセスできるイベント関連のリッチメディアコンテンツ集

    Twitterの拡張計画は、必ずしもそのユーザベースの成長を必要としない。同社は2013年の上場以来、投資家が期待したほどのペースでユーザは増えていない。しかしBuzzFeedのMat Honanのさきほどの記事が詳しく説明しているTwitterの‘Project Lightning’は、ログインユーザと非会員のオーディエンスの両方を対象とし、イベント関連のリッチメディアコンテンツに単純にアクセスさせる。 続きを読む