FAA / 米連邦航空局(組織)

米国運輸省の下部機関で、航空輸送の安全維持を担当する。本部はワシントンD.C.に置かれている。

  • FAAが商用ロケットの打ち上げと再突入に関する規定を合理化

    FAAが商用ロケットの打ち上げと再突入に関する規定を合理化

    FAAが、宇宙への商用の打ち上げと再突入に関する規則を改訂した。それにより、大量の複雑な規制の集大成が整理され、わかりやすくなっている。ロケットの打ち上げは、その数も種類もプロバイダーも非常に多くなっているので、官僚主義を排することはきわめて有意義だ。 続きを読む

  • Rocket Labが米国バージニア州の打ち上げ施設の5年間ライセンスを米国航空局から取得

    Rocket Labが米国バージニア州の打ち上げ施設の5年間ライセンスを米国航空局から取得

    ロケット打ち上げサービスのRocket Lab(ロケット・ラボ)は米国航空局(FAA)から重要なライセンスを取得し、バージニア州ワロップス島にある米国拠点の施設から打ち上げが可能になった。 続きを読む

  • Amazonのプライムエア配達ドローンが米当局からテスト飛行認可を取得

    Amazonのプライムエア配達ドローンが米当局からテスト飛行認可を取得

    Amazonはドローンを使った商業配達の試験を行うのに必要な米連邦航空局(FAA)の認可を取得した。認可を取得したからといってAmazonがすぐさま消費者にドローンを使って配達サービスを提供できるわけではないが、その最終ゴールに向けて前進することになる。 続きを読む

  • 米国連邦航空局がドローン向け遠隔識別テクノロジーを提案

    米国連邦航空局がドローン向け遠隔識別テクノロジーを提案

    米国連邦航空局(FAA)は今週、米国内におけるドローンの遠隔識別に関する規則案を発表した。 続きを読む

  • 米国でドローンを武器化したら被害者がいなくても罰金260万円超

    米国でドローンを武器化したら被害者がいなくても罰金260万円超

    上記の内、罰金の箇所はジョークではない。FAAの規則に違反したら最大25000ドルを没収される。中でもとくに重い罪は、自分の攻撃ドローンをYouTubeにポストすることだ。 続きを読む

  • ドローンだらけの未来の空に備えよう

    ドローンだらけの未来の空に備えよう

    ドローンだらけの空の問題の解決に必死になって取り組まなければなければならない理由は山ほどある。ドローンの持つ潜在的な悪だけでなく、ポジティブな可能性に向けて計画するのは、できるだけ早い方がいい。 続きを読む

  • DJIは今後のドローンほぼ全機種に航空機接近感知機能を実装する

    DJIは今後のドローンほぼ全機種に航空機接近感知機能を実装する

    米国時間5月22日、ワシントンD.C.で行われたイベントでDJIが、ドローンによる人身事故を防ぐ計画を発表した。そのリストのトップにあるのは、AirSense技術を重量250グラム以上のすべての機種に実装することだ。それを来年の1月1日から有効にする。 続きを読む

  • トランプ大統領の緊急命令でボーイング737 Maxは飛行全面差し止め

    トランプ大統領の緊急命令でボーイング737 Maxは飛行全面差し止め

    飛行禁止はエチオピア航空の737 Maxの墜落事故を受けたもので、ボーイングはFAA(連邦航空局)、NTSB(国家運輸安全委員会)と協議し、この措置に全面的に協力すると声明した。 続きを読む

  • 遊びのための模型のドローンも登録対象とするFAAの規則を連邦裁が否認、単純にホビイストの勝利にはならない模様

    遊びのための模型のドローンも登録対象とするFAAの規則を連邦裁が否認、単純にホビイストの勝利にはならない模様

    FAA(連邦航空局)のドローン登録データベースが今週、連邦控訴裁判所の裁定で大きな問題にぶつかった。裁判所はドローンのホビイストJohn Taylorの、今の法律では模型のドローンが属する分類〔規制対象機種の分類〕が決まっていない、という説を受け入れたのだ。 続きを読む

  • ロボットが居る、今そこにある未来

    ロボットが居る、今そこにある未来

    Walmartは、自律ショッピングカートの実験を行っている。Domino、Uber、そしてAuroは自動運転に多額の投資を行っている。ロボットは、警備員として働き、手術を行い、食料品店の在庫をチェックし、倉庫作業を支援し、ルームサービスを届け、海底の宝物を探してくれさえする。 ロボット工学が制御された環境を離れて、人間の側の実世界に関わるようになるとき、疑問が残される:私たちがロボットとお互いにやりとりを行い、働き、語りかけるやりかたにどのような影響を与えるのだろうか? 続きを読む

  • Intelがドローン船隊の夜間飛行の許可をFAAからもらったのは、花火をしたかったからだ

    Intelがドローン船隊の夜間飛行の許可をFAAからもらったのは、花火をしたかったからだ

    アメリカにおける小型ドローンの商業的利用を統轄する規則が今週発効したが、企業はただちに、これらの規則からの免除を、連邦航空局(U.S. Federal Aviation Administration, FAA)から獲得し始めている。 たとえばCNNは、ニュース取材目的で、繋留したドローンを人びとの上に飛ばす権利を取得した。PrecisionHawkは、農業用ドローンを視界の外(操縦者が裸眼で見えない場所)で飛ばす免除を獲得した。そしてBNSF Railroadは、列車の運行をモニタするために人びとの上や視界の外で飛ばす権利をもらった。FAAのMi… 続きを読む

  • FAA、操縦士から見えない場所でドローンを飛ばす許可をPrecisionHawkに与える

    FAA、操縦士から見えない場所でドローンを飛ばす許可をPrecisionHawkに与える

    連邦航空局(FAA)はドローン技術スタートアップ、PrecisionHawkに、無人機による米国領空の有視界外飛行(BVLOS)を許諾した。 続きを読む

  • Amazonが英国政府とドローンの試験で提携

    Amazonが英国政府とドローンの試験で提携

    本日Amazonは、将来Prime Airによるドローン配達を可能にする技術をテストするために英国政府と提携したことを発表した。 英国民間航空局(CAA)との提携によって、これからAmazonは農村や郊外において操作者の視界の外での飛行(米国の連邦航空局(FAA)が現在許可していないもの)の探求が許され、1人の人間による複数の自律ドローンの監視と操作をテストし、その状況検知並びに回避技術を試行する。これらのテストはすべて、400フィート(約122メートル)以下の高度で行われる。 続きを読む

  • セブン-イレブンが米ネバダ州で家庭へのドローン配達に成功…スラーピー(炭酸水シャーベット)も融けずに運べた

    セブン-イレブンが米ネバダ州で家庭へのドローン配達に成功…スラーピー(炭酸水シャーベット)も融けずに運べた

    7-Eleven Inc.とドローン企業Flirteyがパートナーして、お客の家までのドローンによる配達を初めて実現し、Amazonに一泡吹かせてしまった。 まず、7-Elevenを知らない人はいないだろう。このコンビニチェーンは、北米だけでもお店が10800軒あり、全世界では59500軒だ。 Flirteyはネバダ州リノ(Reno)の非上場企業で、配達用ドローンの製造と操業をやっている。そんなドローンとその操業サービスは、小売業界以外にも、人道援助活動や保健医療関連、それに食品業界などで需要がある。 続きを読む

  • FAA、小型商用ドローンの運用規則を発表

    FAA、小型商用ドローンの運用規則を発表

    今日(米国時間6/21)、アメリカのFAA(連邦航空局、 Federal Aviation Administration)は 55ポンド〔25kg〕以下の小型ドローンの商用運用に関する規則を発表した。この規則はFAAが商用ドローンの運用者に関して、個別に例外的な許可を与えてきた現状からの最初の大きな進歩となる。これは商用ドローンの操縦士免許の取得に関する手続きも定めている。 続きを読む

  • FAA、群衆の上を飛ぶドローンの規制案を正式公開

    FAA、群衆の上を飛ぶドローンの規制案を正式公開

    Associated Pressは月曜日(米国時間4/4)に、人の集まる場所でのドローン飛行を分類、規制するFAAの報告書を先行入手した。今日、その報告書が正式に公開され、政府専門機関の報告らしい、充実した(かつ退屈な)詳細が明らかになった。 続きを読む

  • FAA委員会、群衆付近を飛行するドローンの公式区分を提案

    FAA委員会、群衆付近を飛行するドローンの公式区分を提案

    FAAの指名を受けた業界代表者による委員会は、ドローンを4段階に区分し、群衆の近くで可能(あるいは不可能)な行動を規定する案を提出した。詳細が書かれた文書をAPが入手した ― FAAは同文書をTechCrunchに提供することを拒んだが、近く公開される見込みである。 続きを読む

  • Lily Drone Pre-Orders Shipping Soon

    あなたを自動的に追尾するカメラドローンLilyが予約販売で巨額$34Mを売り上げ

    自動運転ドローンLilyは、まだ発売されてないのに、予約販売で6万台、3400万ドルもすでに売れている(2015末現在)。 初日で120万台売れたApple Watchの予約販売にはかなわないが、とにかくLilyがただ者ではないことをうかがわせるには、十分だ。 この小さな空飛ぶロボットはとてもかわいいデザインで、丸い体に付いている青いLEDが、目で微笑んでいる。直径10.29インチ高さ3.22インチの体躯に1080pのHDカメラを載せ、50フィートの上空を飛ぶ。 続きを読む

  • FAA、不動産写真撮影のドローン使用を初めて認可

    FAA、不動産写真撮影のドローン使用を初めて認可

    アリゾナ州ツーソンの不動産会社Tierra Antigua RealtyのDouglas Trudeauは、今日(米国時間1/6)不動産写真の撮影にドローンを合法利用できる最初の不動産業者になった。もしあなたが最近、地元の不動産屋でMLS(あるいはZillowかRedfin)の物件リストを見たことがあれば、ドローンから撮ったとしか思えない写真がたくさんあることに気付いただろう。しかしFAAの厳格な定義に基づくと、これらは合法的に撮影されたものではない。同局は未だにドローンの商業利用をほぼ全面的に禁止しているからだ。 続きを読む

  • ドローンにもそろそろルール作りが必要だ

    ドローンにもそろそろルール作りが必要だ

    誰もが空飛ぶ芝刈り機ドローンを手にするようになって事態は急速に悪化しつつある。今年のクリスマスにはこれまでにない数のクアドコプターが売れ、それにともなって近所の空港(国際空港だろうとおかまいなしに)や観衆で満員のスタジアムの上空にドローンを飛ばそうとする愚か者が大勢出ることだろう。 続きを読む