FAA / 米連邦航空局(組織)

米国運輸省の下部機関で、航空輸送の安全維持を担当する。本部はワシントンD.C.に置かれている。

  • 米連邦航空局がヴァージン・ギャラクティックの商業宇宙旅行を許可

    米連邦航空局がヴァージン・ギャラクティックの商業宇宙旅行を許可

    米国連邦航空局(FAA)は、Virgin Galacticに、同社の宇宙船「VSS」で民間人を宇宙へ運ぶ商業宇宙旅行を開始する許可を与えた。これは、プロフェッショナルのテストパイロットや宇宙飛行士を、同社のスペースプレーンで宇宙へ輸送することを許可していた既存のライセンスを拡大したものだ。 続きを読む

  • 米航空局がRocket Labに打ち上げ再開の許可、ミッション失敗から1カ月足らずで

    米航空局がRocket Labに打ち上げ再開の許可、ミッション失敗から1カ月足らずで

    Rocket Labは、20回目となるElectron打ち上げミッションが第2段燃焼中に失敗しペイロードを失った後、早くも米国連邦航空局(FAA)から打ち上げ活動再開の認可を得た。 続きを読む

  • ドローンのためのデジタル道路を構築・管理するAirspace Linkが約11億円調達

    ドローンのためのデジタル道路を構築・管理するAirspace Linkが約11億円調達

    Airspace Link(エアスペース・リンク)はシリーズAラウンドで、Altos Ventures(アルトス・ベンチャーズ)、Thales(タレス)などから1000万ドル(約11億円)の資金を調達したと、米国時間5月27日に発表した。ミシガン州デトロイトを拠点とするこのスタートアップ企業は、この追加資金を米国内におけるサービスの拡大と海外進出に充てる予定だ。 続きを読む

  • 米国連邦航空局がスペースXのStarshipのテストを3回分承認、早ければ今週打ち上げ

    米国連邦航空局がスペースXのStarshipのテストを3回分承認、早ければ今週打ち上げ

    SpaceXはStarship宇宙船のテストと開発プログラムのペースを順調に維持しているが、米国時間4月29日午後、米国連邦航空局(FAA)よりテキサス州ボカチカの発射場から3回のテスト飛行を行う許可を得た。これまでの打ち上げテストの承認は単発的なものだった。 続きを読む

  • 自動操縦フライトスタートアップのXwingが約43.5億円の資金を調達

    自動操縦フライトスタートアップのXwingが約43.5億円の資金を調達

    Xwingは、商用貨物輸送機によるゲート・ツー・ゲートの自動操縦デモンストレーション飛行を初めて成功させてから2カ月後、もう1つの成功を収めた。同社は米国時間4月15日、4000万ドル(約43億5000万円)の資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • NASAと米連邦航空局もSolarWinds製品を使った大規模ハッキングで被害に遭ったとの報道

    NASAと米連邦航空局もSolarWinds製品を使った大規模ハッキングで被害に遭ったとの報道

    米国政府機関や民間企業を狙ったスパイ活動の一環として、ハッカーが米国の宇宙機関NASAと米連邦航空局のネットワークに侵入したと報じられた。 続きを読む

  • FAAが超音速機の商業飛行再導入に向けたフライトテストに関する規則を発表

    FAAが超音速機の商業飛行再導入に向けたフライトテストに関する規則を発表

    米国連邦航空局(FAA)は超音速機の商業飛行の再導入へと道を開くための新たな最終規則を発表した。FAAは超音速機の飛行試験の承認を得ようとしている企業のためのガイダンスを提供しており、これにはサブスケールの超音速機のプロトタイプを完成させ、2021年中に飛行試験を開始したいと考えているBoom Supersonicのようなスタートアップも含まれている。 続きを読む

  • 米連邦航空局の新ルールでドローンにリモートIDを要求

    米連邦航空局の新ルールでドローンにリモートIDを要求

    FAA(連邦航空局)は米国時間12月28日、米国でドローンを操縦する者の新しい規則を2つ発表した。まず1つは、待望のリモートIDだ。システムは実質的に無人航空機のデジタルナンバープレートのようなものとして機能し、機の位置を含む認識情報をブロードキャストする。 続きを読む

  • ドローンが視覚的に障害物を避ける技術でFAA規制の壁を乗り越えるIris Automationが約13.5億円調達

    ドローンが視覚的に障害物を避ける技術でFAA規制の壁を乗り越えるIris Automationが約13.5億円調達

    ドローンが日常の物流インフラの要になるのは今や時間の問題だが、現時点からそこまで行く間には、まだ大きな障壁が残されている。とくに、規制の壁だ。Iris Automationは、無人飛行の標準規格作りに関連する規制上の難題を解決に導くコンピュータービジョン製品を開発している。そこには、さまざまなカメラに幅広く対応できる、障害物を検知して回避する同社の技術が活かされている。 続きを読む

  • FAAが商用ロケットの打ち上げと再突入に関する規定を合理化

    FAAが商用ロケットの打ち上げと再突入に関する規定を合理化

    FAAが、宇宙への商用の打ち上げと再突入に関する規則を改訂した。それにより、大量の複雑な規制の集大成が整理され、わかりやすくなっている。ロケットの打ち上げは、その数も種類もプロバイダーも非常に多くなっているので、官僚主義を排することはきわめて有意義だ。 続きを読む