顔認証 / 顔認識(用語)

顔認証 / 顔認識に関連する記事一覧

  • 欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す

    欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す

    欧州連合(EU)の欧州委員会が、域内市場のリスクの高い人工知能(AI)の利用に関するリスクベースの規制案を公表した。この案には、中国式の社会信用評価システム、身体的・精神的被害を引き起こす可能性のあるAI対応の行動操作手法など、人々の安全やEU市民の基本的権利にとって危険性の高さが懸念される一部のユースケースを禁止することも含まれている。 続きを読む

  • EUがAIのリスクベース規則の罰金を全世界年間売上高の最大4%で計画、草案流出で判明

    EUがAIのリスクベース規則の罰金を全世界年間売上高の最大4%で計画、草案流出で判明

    人工知能の利用をめぐる規則草案を作成中の欧州連合の議員らが、違反したユースケースについて全世界の年間売上高の最大4%(もしくは2000万ユーロ[約26億円]のどちらか高額な方)を罰金として検討していることがわかった。 続きを読む

  • 欧州議会議員グループが公共の場での生体認証監視を禁止するAI規制を求める

    欧州議会議員グループが公共の場での生体認証監視を禁止するAI規制を求める

    40名の議員からなる欧州議会の超党派グループは、人工知能(AI)に関する立法案を強化し、公共の場所における顔認証やその他の生体認証による監視を完全に禁止することを委員会に求めている。 続きを読む

  • EUデータ保護当局のトップ監督官が公共の場での顔認識の禁止を強く要請

    EUデータ保護当局のトップ監督官が公共の場での顔認識の禁止を強く要請

    欧州連合(EU)のデータ保護監督官は、次期AI関連法案の下で、公共の場での遠隔バイオメトリックサーベイランスを全面的に禁止するよう求めた。欧州データ保護監察機関(EDPS)の介入は、欧州議会の議員らが中央ヨーロッパ時間4月21日に発表した、AI(人工知能)の適用先を規制するためのリスクベースアプローチに関する提案を受けたものだ。 続きを読む

  • Uberがドライバーの顔認識チェックの利用で圧力を受ける

    Uberがドライバーの顔認識チェックの利用で圧力を受ける

    Uberがドライバーの識別システムに顔認識テクノロジーを使用していることが英国で問題になっている。ドライバーが誤って識別され、ロンドン交通局(TfL)から営業ライセンスを取り消されたケースが複数見つかったことから、App Drivers & Couriers Union(アプリ運転手および配送業者組合、ADCU)とWorker Info Exchange(労働者情報取引所、WIE)は、Microsoftに対しこの配車サービス大手へのB2B顔認識サービスの提供を停止するよう求めている。 続きを読む

  • 顔認識技術のKairosを追い出された創業者ブラッキーン氏が諮問委員として復帰、偏向問題に取り組む

    顔認識技術のKairosを追い出された創業者ブラッキーン氏が諮問委員として復帰、偏向問題に取り組む

    顔認識のスタートアップ企業Kairosの創業者で、2018年に更迭された元CEOのブライアン・ブラッキーン氏が同社に復帰した。ブラッキーン氏は現在、同社の科学諮問委員会の議長を務めており、顔認識技術による人種的偏見の問題を解決し、排除することに貢献しようとしている。 続きを読む

  • フェイスブックがイリノイ州のプライバシー保護法をめぐる集団訴訟で約694億円支払う

    フェイスブックがイリノイ州のプライバシー保護法をめぐる集団訴訟で約694億円支払う

    Facebookはイリノイ州の州民をプライバシーの侵犯から護る州法に違反したとして米国時間2月26日に、6億5000万ドル(約693億9000万円)の支払いを命じられた。Biometric Information Privacy Act(生体認証情報私権法、BIPA)は、近年テクノロジー企業がつまずいて転倒している強力な州法だ。 続きを読む

  • 【訂正】性的指向や支持政党が顔認識アルゴリズムでわかる研究が物議を醸す

    【訂正】性的指向や支持政党が顔認識アルゴリズムでわかる研究が物議を醸す

    顔の特徴だけで個人の支持政党をかなりの精度で判別できるという機械学習システムが研究者によって構築された。この研究は、性的指向も同様にして推測できる可能性があることを示したグループによって行われたものだが「現代版骨相学」であることを率直に述べ、その罠に陥らないよう慎重を期した上で、外見は我々が思っているよりも多くの個人情報を表している可能性があるという心地の悪い結論に到達している。 続きを読む

  • 反人種差別デモの発端となったミネアポリス市が警察による顔認識技術の使用を禁止

    反人種差別デモの発端となったミネアポリス市が警察による顔認識技術の使用を禁止

    ミネアポリス市議は米国時間2月12日、同市警察による顔認識ソフトウェアの使用を禁止する条例案を可決し、論争を引き起こしているこの技術に地域的な制限を施行する主要都市のリストを増やした。禁止条例案が週初めに承認された後、市議会議員13名は全員が賛成票を投じ、反対票はなかった。 続きを読む

  • スウェーデンのデータ監視機関が警察によるClearview AI使用は違法と判断

    スウェーデンのデータ監視機関が警察によるClearview AI使用は違法と判断

    スウェーデンのデータ保護機関であるIMYは、物議を醸している顔認識ソフトウェアClearview AIを違法に使用し、同国の犯罪データ法に違反したとして警察当局に罰金25万ユーロ(約3200万円)を科した。 続きを読む