Facebook Graph Search

  • Facebook、記事キーワード検索をローンチ―数日中にデスクトップとiOSの全ユーザーに公開(US版)

    Facebook、記事キーワード検索をローンチ―数日中にデスクトップとiOSの全ユーザーに公開(US版)

    Facebookがついに検索機能を本格化させた。今日(米国時間12/8)、Facebookは記事のキーワード検索を公開した。これで情報の発見能力でGoogleに、リアルタイム会話能力でTwitterに挑戦することが可能なる。2年前に「ロサンゼルスに住んでいる私の友達」などという自然言語〔英語〕形式で友達、場所、写真などを検索可能にするグラフ検索が公開されたが、それにくわえて過去記事の内容がキーワードで検索できるようになった。 プロダクト・マネージャーのRousseau Kaziは私の取材に答えて、「この新しい検索は、ユーザーごとに個人化さ… 続きを読む

  • Facebookのグラフ検索がGoogleに追いつくには課題山積―精度の向上とサードパーティーのデータへのアクセスが必須

    Facebookのグラフ検索がGoogleに追いつくには課題山積―精度の向上とサードパーティーのデータへのアクセスが必須

    今日(米国時間7/8)、Facebookはアメリカで英語版のグラフ検索の一般公開を開始した。実際にこのサービスを利用してみると、Facebookから構想が発表された当初には予想されなかったような問題が表面化している。 現在、Facebookサイト内の検索はユーザー、投稿された写真、場所、施設などをより適切に発見させることを対象としている。 しかしこのグラフ検索が機能するためには、たとえばレストランの推薦やお気に入りの音楽アルバムなどのユーザーデータを利用することが必要だ。 一言でいえば、グラフ検索はさらに広範囲なユーザー・データへのアクセス… 続きを読む

  • Facebook、グラフ検索のサンプルを公開―もっと本質的なユーザー体験の改良に力を入れるべきでは?

    Facebook、グラフ検索のサンプルを公開―もっと本質的なユーザー体験の改良に力を入れるべきでは?

    Facebookでユーザーがいちばんひんぱんに訪問するのは写真とニュースフィードの部分だろう。それに比べて、最近鳴り物入りで追加された2つの大型プロダクト、タイムラインとグラフ検索は比較的ニッチな機能にとどまっている。 今日(米国時間2/28)、Facebookは グラフ検索をデモするため、サンプルを公表した。しかしその結果はグラフ検索はユーザーが毎日使うようなものではないという印象を強めただけだった。 Facebookが検索機能を強化する必要があるのは間違いない。しかしこれまでのところ、Facebookでは先進的なテクノロジーを見せびらか… 続きを読む

  • Facebookグラフ検索の歴史

    Facebookグラフ検索の歴史

    編集部注:Taylor BuleyはConde NastのPARADE誌の上級編集者。元Forbes誌の常勤ライターで、ペンシルバニア大学とスタンフォード大学を卒業している。Twitterアカウントは@taylorbuley。 木曜日(米国時間2/14)、Google Mapsの共同発明者、転じてFacebookグラフ検索のグルとなったLars Rasmussenが、Redditのオープンスレッド「何でも聞いてくれ」に登場した。オーストラリア出身の彼は、グラフ検索の競合に関する質問はかわしたが、Facebookでのグラフ検索開発の歴史については… 続きを読む

  • Facebookのグラフ検索はあなたのプライバシー設定を無視していない。そう感じるだけだ

    Facebookのグラフ検索はあなたのプライバシー設定を無視していない。そう感じるだけだ

    「きゃっ、Facebookのグラフ検索が私のプライベート写真を世間に曝した!」 Facebookの未だベータの新検索サービスを紹介して以来、この種のメールがTechCrunchのタレコミ箱に送られてくる。暴露には興味をかき立てられる ― Mark Zuckerbergとサルの格好をした赤ん坊!スタートレックのコスプレをしたMatt Burns記者! 中指を立てるEric Eldon!など(そう、本誌でも楽しんでいる)。しかし、見た目とは裏腹に、Facebookはあなたのプライバシーを実際には侵していない。そう感じるだけだ。 続きを読む

  • 利用者の意図を解さない愚かでぶざまなFacebookの「グラフ検索」、結局失望を呼んで消え去る定め?!

    利用者の意図を解さない愚かでぶざまなFacebookの「グラフ検索」、結局失望を呼んで消え去る定め?!

    Facebookの新機能であるグラフ検索は、Facebookのもつストーカー的側面を際立たせることにしか役に立たないのではなかろうか。Facebook上で情報を共有することのリスクが一層大きくなったと感じている。利用者はより一層慎重に、何を共有して何をすべきでないのかを考える必要があるように感じている。 続きを読む

  • 「付近の情報」で多くのデータを集めたFacebook、「グラフ検索」で狙うのは集積データの有効活用

    「付近の情報」で多くのデータを集めたFacebook、「グラフ検索」で狙うのは集積データの有効活用

    Facebookがグラフ検索なる新しいプロダクトを発表して数日がたった。このプロダクトが与えるインパクトについては、もう少々時間がたってから判断することになる。しかし初期版のデモを見ただけでも、ひとつ言えることがある。すなわち「グラフ検索」機能を備えたFacebookは、レストランやカフェ、バーなどを検索するのにとても便利な存在となりそうなのだ。 続きを読む

  • Facebook、大晦日と元日の写真アップロード数は新記録の11億枚

    Facebook、大晦日と元日の写真アップロード数は新記録の11億枚

    まだ誰も知らないことだが、大晦日から元日にかけての48時間に新記録となる11億枚の写真がFacebookにアップロードされた時、世界中の人々はグラフ検索に心のこもった料理をプレゼントした。一日当たりにすると通常Facebookにアップロードされる写真、3億枚の2倍近くに相当する。シェアされた物すべてをグラフ検索が見つけやすくする今、Facebookのコンテンツアップロードの数字は新しい意味を持つようになった。 11億枚というデータは、Facebookの広報担当者に確認がとれた。これまでの記録は2010年の7.5億枚だった。これで火曜日の… 続きを読む

  • Facebookのグラフ検索は、プライバシーを利己的に感じさせる

    Facebookのグラフ検索は、プライバシーを利己的に感じさせる

    Facebookグラフ検索が与える微妙な影響、それは全体公開のシェアが、人類の利益のためにシェアを意味することだ。そしてもしそうしなければ、あるいはごく少数の人にしか公開しなければ、あなたは自分の知識やお薦めやコンテンツを世界から奪っている。ここでわれわれ一人ひとりにとって問題になるのは、貢献とプライバシーのどちらを優先するかだ。 長年Facebookのミッションは「〈世界〉をもっとオープンでつながったものにする」ことだが、これまでFacebookのサービスが得意だったのは、われわれを〈友達〉とつなぐことだった。 続きを読む

  • 「グラフ検索」を備えたFacebookが、Googleを圧倒的に凌駕するひとつの側面

    「グラフ検索」を備えたFacebookが、Googleを圧倒的に凌駕するひとつの側面

    ついにFacebookがGoogleに対して牙をむいたとも言えるのかもしれない。もちろんグラフ検索の話だ。友達の興味関心、蓄積した位置情報、他にもいろいろな好みや傾向などに基づいた検索ができるようになる。 レストランや旅行、休日に読む本の話ないしは選挙で誰に投票するべきかなどといった分野では、きっとGoogleの検索よりもFacebookのグラフ検索の方が便利に使えるようになるだろう。類は友を呼ぶという諺もある。Facebookで友達になっている人びとが「クール」だと感じることは、やはり自分にとっても面白いものである確率が高いだろう。そ… 続きを読む

  • ニュースフィードではコンテンツを扱いきれない。グラフ検索はFacebookとの絆を深める

    ニュースフィードではコンテンツを扱いきれない。グラフ検索はFacebookとの絆を深める

    読者の多くがFacebookに入るたびに同じ問題に突き当たっていると思う。最初に目に入るのはニュースフィードで、そこには友達や「いいね!」を付けたFacebookページのコンテンツが溢れている。ニュースフィードの〈並べ替え〉を〈最近の記事〉(必ずしも正確ではない)にしておかない限り、何から見ていいのかさえわからない。 これはFacebookにとっても問題だ。なぜなら、すぐに読みたいコンテンツが少なければ滞在時間が短かくなるからだ。たしかにFacebookは、ユーザーの好みや誰と友達かなどに基づくアルゴリズムを使って、「関係のある」ものを… 続きを読む

  • グラフ検索はFacebookの金鉱になるかもしれない

    グラフ検索はFacebookの金鉱になるかもしれない

    発見のあるところ、スポンサー付き発見あり。Facebookの新グラフ検索エンジンにまだ広告はないが、いずれFacebookは、広告主から料金をとり通常検索結果の前に彼らのリンクを表示することができる。Googleと同じように。CEO Mark Zuckerbergは、「人々の欲しがっているものを作れば良いビジネスを作れる」ことを強調したが、Facebookの検索タイプアヘッド広告は「これと実に相性がよい」とも言った。 ローンチイベントのQ&Aで、Facebookはグラフ検索の収益化チャンスについてどう考えているかと質問したところ、… 続きを読む