Facebookページ

  • Facebook、米国フォロワーの多いページのセキュリティーを強化

    Facebook、米国フォロワーの多いページのセキュリティーを強化

    本日(米国時間8/12)Facebookは、多数の米国人フォロワーをもつFacebookページの安全を強化し,偽アカウントや乗っ取ったアカウントを使ってページを運営することを困難にする新しい規制を実施する。米国に多くのフォロワーをもつ人々を皮切りに、一部のFacebookページではPage Publising Authorization(ページ発行承認)プロセスの通過が必要になっている。Page管理者は自分のアカウントのセキュリティーを確保し、位置情報の検証も行わなければならない。 続きを読む

  • Facebook、企業ユーザー向けにFacebookとMessengerとInstagramをまとめた統合受信箱を提供

    Facebook、企業ユーザー向けにFacebookとMessengerとInstagramをまとめた統合受信箱を提供

    Facebookは、企業のFacebook、Facebook Messenger、Instagramを使った顧客とのやりを便利にする新機能を披露した。 Facebookページのグローバル責任者、Benji Shomairはこの新しい機能について「最も要望の多かったものの一つ」と説明している。 続きを読む

  • ¡Finalmente! Facebookの近況アップデートが複数言語で書けるようになる

    ¡Finalmente! Facebookの近況アップデートが複数言語で書けるようになる

    本日(米国時間7/1)Facebookは、近況アップデートを複数の言語で簡単に投稿できる新機能を発表した。これまでは、各言語の翻訳テキストを含めた長い記事を投稿するか、言語毎に別々の記事を投稿する必要があった。 続きを読む

  • モバイルの全画面に展開されるFacebook Canvas、広告以外のページからも利用可能に

    モバイルの全画面に展開されるFacebook Canvas、広告以外のページからも利用可能に

    FacebookのユーザーはCanvas投稿をもっと頻繁に目にすることになる。 Facebookには無数に広告フォーマットが存在するが、 Canvasは簡単にいえば全画面に展開されるリッチメディアのモバイル広告だ。 続きを読む

  • Facebookから追放のゴシップサイト、Shade Roomは復活― 多くのメディアページが削除されている

    Facebookから追放のゴシップサイト、Shade Roomは復活― 多くのメディアページが削除されている

    セレブのゴシップを中心にしたニュースのスタートアップ、The Shade RoomがFacebookに復活した。今日(米国時間4/20の)Shade Roomの発表によると、ページのURLは変更されたようだ。 以前のページ(フォロワー400万人)はfacebook.com/theshaderoomだったが、新しいページはfacebook.com/shaderoomincとなっている。 続きを読む

  • Facebook、企業ページ向け返信テンプレートをテスト中

    Facebook、企業ページ向け返信テンプレートをテスト中

    Facebookは、”Saved Replies” と呼ばれる新機能をテストしている。ビジネス用Facebookページのオーナーが、返信文を保存しておき、顧客とのやりとりで再利用できるものだ。これによって企業はカスタマーサービスその他の顧客対応時間を節約できる。 続きを読む

  • TechCrunch Disrupt NYハッカソン:PagerはFacebookページを簡単にウェブサイトに変換する

    TechCrunch Disrupt NYハッカソン:PagerはFacebookページを簡単にウェブサイトに変換する

    現在開催中のTechCrunch Disrupt NYで実施された24時間ハッカソンで3人のデベロッパーのチームが大いに役立ちそうなアプリケーションを開発した。 Pagerはウェブサイトを運営したいスモールビジネスのためにFacebookのページをそのままウェブサイトに変えてくれる。 このチームはこれまでレストランやバー、店舗などのスモールビジネスがWordPressでウェブサイトを構築、運営するのを手助けしてきた。しかし本格的なウェブサイトを運営するのは忙しいスモールビジネスのオーナーにとっては複雑すぎて重荷だった。しかしそうしたスモールビ… 続きを読む

  • Facebook、ページの「動画」タブを一新―YouTubeチャンネルにそっくりになる

    Facebook、ページの「動画」タブを一新―YouTubeチャンネルにそっくりになる

    Facebookがニュースその他のコンテンツの配信市場でライバルとしているのはTwitterだけではない。不当なやり方でFacebookページをニュースフィードに表示させることを禁止した後、Facebookは企業やブランドのページを新聞の電子版というよりむしろテレビのチャンネルのような存在に変えようとしている。 今回Facebookはベージのビデオ・セクションをYouTubeそっくりのデザインにアップデート中だ。 続きを読む

  • Facebook、ページの投稿をひとまとめに表示する機能を導入

    Facebook、ページの投稿をひとまとめに表示する機能を導入

    〔この記事の筆者はTravis Bernard〕 われわれはついついFacebookのページを次々に「いいね!」してしまう。そこでFacebookは対策を考えねばならなくなった。つまり、われわれは50種類」のページに「いいね!」していてもそれらのページを始終訪問したり、投稿にコメントしたりするわけではない。もちろんFacebookはそのことに気づいていた。そこでFacebookは一部のページで複数の投稿を「まとめ(bundle)表示」するようにした。 続きを読む

  • Facebookがページインサイトをアップデート―ビジネス・ユーザーにページのパフォーマンスをより正確に伝えられるようになった

    Facebookがページインサイトをアップデート―ビジネス・ユーザーにページのパフォーマンスをより正確に伝えられるようになった

    Facebookはページインサイトをアップデートしたことを発表した。ページインサイトは管理者にFacebookページのさまざまなパフォーマンスの指標を提供する解析ツールだ。プロダクト・マーケティング担当マネージャーのGalynBurkeは私の取材に対して「これはページインサイトが2011年の10月にリリースされて以後、最初のUIのアップデートだ」と述べた。. 今回のアップデートは実際にこのツールを利用していないと読者にはやや難解に感じられるかもしれない。しかしBurkeによると変更のかなりの部分はこれまでにユーザーから寄せられた要望を実… 続きを読む

  • Facebook、企業ページと人気プロフィールの新機能を公開。「返信」と「コメントスレッド」が利用可能に

    Facebook、企業ページと人気プロフィールの新機能を公開。「返信」と「コメントスレッド」が利用可能に

    今日(米国時間3/25)Facebookは、ブランドや企業のFacebookページ、およびフォロワーが1万人以上いる個人ユーザーの公開プロフィールに、返信とコメントスレッドという2つの新機能を追加した。これはグラフ検索と合わせてサイトでの滞留時間を延ばすことを狙いとしたもので、先週本誌が詳しく報じた後Facebookが認めた内容とも一致する。 続きを読む

  • Facebookページでコメントへの返信が可能に。スレッドの優先表示も

    Facebookページでコメントへの返信が可能に。スレッドの優先表示も

    Facebookは、Facebookページおよび有名人のプロフィールに、ファンや読者との対話を促進するための新機能として「返信」を提供する。これまでFacebookページでは記事にコメントを付けることはできたが、コメントに返信することはページ管理者にもできなかった。Facebookは昨年11月以来この新機能をテストしてきたが、情報筋によると7月の一般公開に先立ち、3月25日にオプトイン方式で公開するらしい。 続きを読む

  • Facebookが強力なマーケティング・ツールを発表―ページ記事が年齢、性別、いいね!などによってターゲティング可能に

    Facebookが強力なマーケティング・ツールを発表―ページ記事が年齢、性別、いいね!などによってターゲティング可能に

    今日(米国時間7/31)、Facebookは強化版ページ記事ターゲティングと呼ばれる新しいマーケティング・ツールをリリースした。これによってページ管理者はファンの年齢、性別、いいね!、その他の特性に基づいて記事をターゲティングすることができるようになった。たとえば、ページを運営する企業はティーン向けにはノベルティーがプレゼントされると伝え、大人向けには自社の信頼性をアピールするといったことができる。 これまでFacebookページは地域と言語でしかターゲティングできなかった。しかしFacebookは一部企業のページ管理者に対してターゲテ… 続きを読む

  • Facebookページの強制タイムライン化が迫る―調査によれば95%のページで好影響

    Facebookページの強制タイムライン化が迫る―調査によれば95%のページで好影響

    3月1日にFacebookはFacebookページにタイムラインを導入した。明日、1ヶ月の移行期間が終了すると、すべてのFacebookページは強制的にタイムライン化される。しかし案ずるには及ばない。ページへの「いいね!」の率はほとんど変わらなかった。それどころか95%のページでは記事あたりの「いいね!」の率もメンションの率も増えたという調査が出ている。 ソーシャル・マーケティングのプラットフォーム、WildfireがTechCrunchに提供してくれた資料によると、 「いいね!」の数が減少したのはそれが1000万以上になるような巨大ブラ… 続きを読む

  • Facebookページのデザイン、完全リニューアル―タイムラインの導入・使用法を解説する

    Facebookページのデザイン、完全リニューアル―タイムラインの導入・使用法を解説する

    今朝(米国時間2/29)、Facebookは世界中のページで利用できる新たなオプションを発表した。この Facebookページへのタイムラインを導入に対して、管理者はどう対応するべきだろうか? ページの効果を大幅に高めるチャンスであるのは確かだが、利用開始のために必要とされる作業も多い。新機能の概要と導入にあたって注意すべき点をできるだけ詳しく紹介していこう まずこちらのTimeline for Pagesプレビュー・マネージャーを開き、自分が管理するページにタイムラインを適用する。〔日本版:管理者がページを開くと「まもなく提供開始: Face… 続きを読む

  • EdgeRank Checkerの調査によれば「Facebookページに3時間以内に連投すると損」

    EdgeRank Checkerの調査によれば「Facebookページに3時間以内に連投すると損」

    「Facebookページ」への投稿は平均して投稿後3時間の間に大部分の「いいね!」やコメントを受け取る。広告表示回数、ニュースフィードによるトラフィックなどページの影響を最大限にするためには、ページの管理者は一度投稿してから次に投稿するまで最低3時間待つ方がよい。 以上の結論はFacebookページの分析を専門とするスタートアップ、EdgeRank Checkerの調査によるものだ。これによるとページの管理者は最初の記事が興味を引いている間に次の記事を投稿して訪問者の興味を逸らさないようにすべきだという。 続きを読む

  • Evernoteも使っているApp.netがモバイル・デベロッパーに魅力的なFacebookページを作ってくれる

    Evernoteも使っているApp.netがモバイル・デベロッパーに魅力的なFacebookページを作ってくれる

    読者の多くはApp.netを自分で使ったことがないにせよ、このサービスを利用しているサイトを見たことがあるはずだ。App.netはモバイル・アプリのデベロッパーが魅力的で情報豊富なトップページを簡単に作れるようにする。つまり、ウェブでのプロモーションとSEOのサービスだ。 モバイル・アプリのデベロッパーは多くの場合、App StoreやAndroid Marketでのランキングに眼の色を変えるくせに、ウェブサイトの作り込みにあまり関心を払わない。App.netを使ったページがどう見えるか、論より証拠、EvernoteのApp.netページを… 続きを読む

  • MyLikesBoxは「いいね!」したページが一覧できるアプリ―Facebookの標準機能にしてもらいたい

    MyLikesBoxは「いいね!」したページが一覧できるアプリ―Facebookの標準機能にしてもらいたい

    FacebookのLike(「いいね!」)は、もともとは「ファンになる」と表現されていた。Facebookがこれを「いいね!」に変え、「ファンページ」を単に「ページ」に変更して以降、その意義ははるかに広くなり、同時にあいまいさも増した。いちばん困るのは自分がどのページで「いいね!」ボタンを押したか簡単に表示する方法がないことだ。いちいち「プロフィール→基本データ→アクティビティー→その他」を開かねばならない。しかも表示はテキストが羅列されるだけで、ビジュアルに一覧することができない。 一言でいえば、分かりにく過ぎだ。 多くのFaceboo… 続きを読む

  • Facebookページ(旧ファンページ)がリニューアル、機能が拡張されて通常ユーザーに近づく

    Facebookページ(旧ファンページ)がリニューアル、機能が拡張されて通常ユーザーに近づく

    昨年12月にFacebookはユーザープロフィールのUIの大幅なアップデートを実施した。その結果、現在のプロフィールにはトップにユーザーの基本情報と何枚かの写真が表示され、家族や親友の動向がフィーチャーされるなど数多くのデザインの変更が行われた。今回、FacebookはFacebook Pages〔日本語版ではFacebookページ(旧Facebookファンページ)〕について似たようなデザインの変更を実施した。Facebookページは企業や著名人を始め多くのユーザーに利用されており、何千どころか何百万ものファンを持つページも少なくない。… 続きを読む