FBI

  • FBIとアップルの法廷闘争の内幕を暴く本が出版へ

    FBIとアップルの法廷闘争の内幕を暴く本が出版へ

    AppleのCEO、ティム・クック氏の新たな伝記が、今月中にも発売予定となっている。そこには、FBIが前例のない法的命令をAppleに突きつけた当時の葛藤が明らかにされている。それはAppleの主力製品のセキュリティを骨抜きにしかねないものだった。 続きを読む

  • FBI、請負DDoSサイト15箇所を凍結――サンタ帽子の押収通知が表示される

    FBI、請負DDoSサイト15箇所を凍結――サンタ帽子の押収通知が表示される

    FBIは、民間のテクノロジー、セキュリティー企業の協力の下に、分散サービス妨害を行うサイト15箇所を押収、凍結した。訪問者はクリスマステーマの押収通知画面にリダイレクトされる。 続きを読む

  • 3Dプリントされた顔でスマートフォンをアンロックできる——警察も

    3Dプリントされた顔でスマートフォンをアンロックできる——警察も

    3Dプリンターは実にさまざまなものを作れる。義肢や角膜から拳銃——さらにはオリンピック規格のリュージュまで。 続きを読む

  • アップル元従業員、自動運転車の機密情報を盗んだ罪でFBIに摘発。転職先への土産代わり?

    アップル元従業員、自動運転車の機密情報を盗んだ罪でFBIに摘発。転職先への土産代わり?

    アップルの元従業員が同社の機密情報を盗んだとして、米連邦捜査局(FBI)によりカリフォルニア州地方裁判所に告訴されたことが明らかとなりました。 被告のXiaolang Zhang氏は、アップルの自動運転EV開発計画「Project Titan」に関わっていた技術者の一人。機密の回路図などを自分のパソコンにダウンロードした上で中国に逃亡を図ったところを逮捕されたと報じられています。 続きを読む

  • Apple、警察当局お気に入りのiPhone解読方法を封鎖すると表明

    Apple、警察当局お気に入りのiPhone解読方法を封鎖すると表明

    新しいバージョンのiOSは警察機関がロックされたiPhoneの解読に利用してる問題の抜け穴を封鎖する。iOS次期バージョン(おそらくiOS 12)でAppleは、USB Restricted Modeと呼ばれる機能を導入し、ロック済iPhoneのUSBポートを経由したアクセスを制限する。 続きを読む

  • FBI、暗号化でアクセス不能な端末数を水増し報告

    FBI、暗号化でアクセス不能な端末数を水増し報告

    暗号化された携帯電話に関するFBIの嘘がまた発覚した。昨年12月、FBIのChristopher Wray長官は、アクセス不能の携帯電話が2017年だけでほぼ7800台あったと推定した。実際の数字はその1/4以下だった可能性が高いことをThe Washington Postが伝えた。 続きを読む

  • WannaCryを阻止した英雄マーカス・ハッチンズ、法廷で無罪を主張、ツイッターに復帰

    WannaCryを阻止した英雄マーカス・ハッチンズ、法廷で無罪を主張、ツイッターに復帰

    マルウェアWannaCryの攻撃を独力で無効化したセキュリティ研究者が、DefConカンファレンスの帰路FBIに逮捕されて以来、久々にオンライン復帰した。Marcus Hutchins、別名@malwaretechは、月曜日(米国時間8/14)ウィスコンシン州連邦裁判所に罪状認否のために出廷し、無罪を申し立てインターネットアクセスを許されるべきだと主張した。Hutchinsは、2014年の銀行を狙ったマルウェアKronosに関わったとされる6件の罪に問われている。 続きを読む

  • 海外サーバーに保管されたEメールデータをFBIに引き渡し ― Googleのケースに判決下る

    海外サーバーに保管されたEメールデータをFBIに引き渡し ― Googleのケースに判決下る

    米国連邦裁判所はGoogleに国外のサーバーに保存されたEメールをFBIに引き渡すように求めた。米国国内の詐欺事件を捜査するためのFBIの令状に応じるためだ。 Microsoftが国外のサーバーに保有する顧客データに関する判決が昨年下ったが ―先日、この判決は第2巡回裁判所によって支持されている―、今回の判決はそれと相対するものである。だからこそ、今回の判決は注目に値する。Microsoftのケースでは、アイルランドのサーバーに保管されている顧客データを米国政府に引き渡す必要はないとの判決が下っている。連邦裁判所は「治外法権に対する推定を… 続きを読む

  • 米司法省、クリントンのメール問題でFBIの対応を調査

    米司法省、クリントンのメール問題でFBIの対応を調査

    米司法省のマイケル・ホロウィッツ監察長官は今日(米国時間1/12)、2016年選挙に関連するいくつかの事件、特にヒラリー・クリントンのメール問題の扱いに関して、FBIの対応に問題がなかったかを調査中であると発表した。 続きを読む

  • FBI、ヒラリー・クリントン候補が秘密メールを私用サーバーで処理した件で「訴追せず」と勧告

    FBI、ヒラリー・クリントン候補が秘密メールを私用サーバーで処理した件で「訴追せず」と勧告

    事実上の民主党大統領候補であるヒラリー・クリントンが国務長官時代に私用サーバーで秘密メールを処理したことについて、FBIは司法省への勧告の中でクリントンとスタッフは「著しく軽率」だったが、「正式な訴追は必要ない」と結論した。このことはジェームズ・コミーFBI長官が記者会見で明らかにした。 続きを読む