FCC / 米連邦通信委員会(組織)

Federal Communications Commission。FCC / 米連邦通信委員会に関する記事一覧。

  • 米FCCが生活困窮者に対し緊急時にブロードバンド接続を提供する補助事業を起案

    米FCCが生活困窮者に対し緊急時にブロードバンド接続を提供する補助事業を起案

    FCCが、パンデミックの間にブロードバンドの料金を払えない人々を経済的に支援する大きな一歩を踏み出した。Emergency Broadband Benefit Program(EBBP)と呼ばれる施策は、承認されれば数百万の世帯に月額50ドル(約5200円)を助成し、部族の所有地にはさらに多くの助成を行う。 続きを読む

  • ファーウェイが米商務省による「安全保障上の脅威」指定をめぐり提訴

    ファーウェイが米商務省による「安全保障上の脅威」指定をめぐり提訴

    今週初め、Huawei(ファーウェイ)の任正非CEOは、同社が望む米国の新政権との会談について、やや外交的な発言をした。このハードウェアの巨人はまた、FCC(米連邦通信委員会)が同社を国家安全保障上の脅威として指定したことに異議を唱え、あまり互譲的ではない路線を取っている。 続きを読む

  • 米連邦通信委員会がZTEの「国家安全保障上の脅威」指定停止の嘆願却下

    米連邦通信委員会がZTEの「国家安全保障上の脅威」指定停止の嘆願却下

    米連邦通信委員会(FCC)は、ZTEへの「国家安全保障上の脅威」という指定を解除するための、同社の請願を却下した。これは米国企業がFCCの83億ドル(約8660億ドル)のユニバーサルサービス基金を利用して、ZTEから機器やサービスを購入することが引き続き禁止されることを意味する。 続きを読む

  • FCCからの242億円の罰金と複数の州からの訴訟に直面するがロボコール業者たちはわずかしか払わない

    FCCからの242億円の罰金と複数の州からの訴訟に直面するがロボコール業者たちはわずかしか払わない

    人間の悪辣さの頂点を極めた2人の男が、2019年の最初の数か月だけで約10億回のロボコール(自動音声勧誘電話)を行ったことを認め、現在FCC(連邦通信委員会)の約242億円の罰金と、それ以上の額に達することが見込まれる複数の州司法長官たちからの訴訟に直面している。 続きを読む

  • FCCが軌道デブリ規則を2004年以来初めて更新

    FCCが軌道デブリ規則を2004年以来初めて更新

    FCC(米国連邦通信委員会)は、15年前に登場した軌道デブリ規則をようやく更新し、新しい要件を追加して承認プロセスを合理化した。毎年沢山の衛星が、ますます混雑する軌道に上がっていく中で、こうした規則はこれまで以上に重要になっている。 FCCは、軌道上に蓄積されたデブリ(破片)の削減を行う必要性を述べる中で、問題を軽視したがる人はいるものの、すでに重大な危険が存在していると指摘している。 続きを読む

  • 米政府がチーム・テレコムを正式組織化、通信インフラ事業への中国資本監視を強化

    米政府がチーム・テレコムを正式組織化、通信インフラ事業への中国資本監視を強化

    「チーム・テレコム」というのはシンプルな名前だが、国家安全保障関係の記事にうってつけの謎めいた響きがある。チーム・テレコムはこれまで非公式なワーキンググループだ。この目立たないグループは国防省、国土安全保障省、司法省(管轄下官庁を含む)の担当者がFCC(連邦通信委員会)と協力して米国の電気通信インフラのセキュリティの評価と管理を行ってきた。 続きを読む

  • 米国が未修正のままにしていたSS7の欠陥を利用しサウジのスパイが携帯電話を追跡している

    米国が未修正のままにしていたSS7の欠陥を利用しサウジのスパイが携帯電話を追跡している

    米国の議員とセキュリティの専門家たちは、世界の携帯電話ネットワークの弱点におけるセキュリティ欠陥について、長い間警告してきた。 続きを読む

  • 米連邦通信委員会が多発する新型コロナ関連ロボコールの被害を警告

    米連邦通信委員会が多発する新型コロナ関連ロボコールの被害を警告

    詐欺師たちが現在の世界的な大惨事を利用した詐欺活動を活発化することは、驚くに値しない。FCC(連邦通信委員会)は、新型コロナウイルスに関連したロボコールの被害が多数報告されていると警告している。 続きを読む

  • 米連邦通信委員会は議会に急かされてロボコール対策技術の実装をキャリアに義務化

    米連邦通信委員会は議会に急かされてロボコール対策技術の実装をキャリアに義務化

    通信キャリアに対して、1年間の猶予期間を与えた米国のFCC(連邦通信委員会)が、ついに米国時間3月7日からロボコール排撃技術の実装を彼らに要請する。 続きを読む

  • 通信キャリアによるリアルタイムの顧客位置情報販売を米FCCが犯罪と認定

    通信キャリアによるリアルタイムの顧客位置情報販売を米FCCが犯罪と認定

    1年半あまり前に、米国の無線通信事業者たちがリアルタイムの顧客位置情報を、金さえ払えば誰にでも売ってることが発覚したが、このほどFCC(連邦通信委員会)はその販売を犯罪と認定した。彼らの犯行過程を詳細に述べた公式文書も、近く公開される。 続きを読む