fcc

  • T-MobileとSprintの合併阻止を求める訴訟がニューヨークで審理開始

    T-MobileとSprintの合併阻止を求める訴訟がニューヨークで審理開始

    T-MobileとSprintの合併を阻止しようとする訴訟が始まった。原告はカリフォルニア他の州司法長官14名で、このグループは当初から合併に反対しており、訴訟を予告していた。 続きを読む

  • 米FCCがT-Mobile/Sprint合併を承認

    米FCCがT-Mobile/Sprint合併を承認

    今日、アメリカ連邦通信委員会はSprintとT-Mobileの合併を正式に承認した。The Vergeによれば、承認は共和党側3、反対は民主党側2と政党の方針どおりとなった。 続きを読む

  • ウェブ版YouTube Kidsが公開された

    ウェブ版YouTube Kidsが公開された

    子供向けのYouTubeコンテンツ専用のウェブサイト、youtubekids.comが誕生した。このウェブサイトは、既存のYouTube Kidsモバイルアプリと同様の体験を提供する。 続きを読む

  • 米連邦通信委員会が海外からのロボコールを摘発可能にする法案を提出

    米連邦通信委員会が海外からのロボコールを摘発可能にする法案を提出

    FCC(連邦通信委員会)は、海外からのロボコール(自動発信勧誘電話)を摘発するための新法を提案した。 続きを読む

  • 米国の電話会社はロボコールを最初から遮断できるようになるかもしれない

    米国の電話会社はロボコールを最初から遮断できるようになるかもしれない

    米国時間5月15日朝、米国連邦通信委員会の委員長を務めるアジート・パイ氏は、モバイルのキャリアが好ましくない着信を無条件でブロックできる新しい規則を提案した。 続きを読む

  • 米連邦通信委員会が中国移動通信の通信インフラ参入申請を却下

    米連邦通信委員会が中国移動通信の通信インフラ参入申請を却下

    FCC委員長は安全保障上のリスクを理由として中国移動通信が米国のテレコムインフラに参入することに反対する考えを明らかにした。正式な文書は明日公開される。 続きを読む

  • Googleのレーダー技術によるジェスチャー入力方式SoliをFCCが認可、電波妨害問題をクリア

    Googleのレーダー技術によるジェスチャー入力方式SoliをFCCが認可、電波妨害問題をクリア

    数年後にはタッチスクリーンを陳腐化するかもしれない、Googleのレーダーを利用するモーションセンサー技術を、アメリカの規制当局が認可した。 続きを読む

  • FCCがギガビットWi-Fiをロードマップに載せ、新たな専用スペクトルの開放を提案

    FCCがギガビットWi-Fiをロードマップに載せ、新たな専用スペクトルの開放を提案

    インターネットはますます、ワイヤレスで利用されている。しかしひとつの家庭に複数のテレビやスマートデバイスやタブレット、スマートフォン等々があって帯域の需要が増加しているから、現今のWi-Fiの規格では間に合わなくなってきた。幸いにもFCCとワイヤレス業界には備えがあり、とくにFCCは、可利用スペクトルを大幅に増やして、ギガビット級のWi-Fiを実現しようとしている。 続きを読む

  • 宇宙技術の進歩に追いつけない宇宙法が、イノベーションを殺そうとしている

    宇宙技術の進歩に追いつけない宇宙法が、イノベーションを殺そうとしている

    「ディスラプション」(Disruption)という言葉は、テクノロジーの世界で特に優れた開発や製品を表現するために(過剰に)使われている用語だ。とはいえ、この言葉の本来の意味は、そのカジュアルな意味とは正反対である:ディスラプションというのは「イベント、アクティビティ、あるいはプロセスを妨害する障害や問題」のことなのだ。現在宇宙技術が経験しているのは、この両者の意味のディスラプションである。 信頼できる見積もりによれば、今後5〜7年以内に、地球の住人たちは、これまでのこの惑星の歴史の中で打ち上げられてきたものよりも、さらに多数の衛星を宇… 続きを読む

  • FCC、ロボコール業者に罰金1億2000万ドルを科すも「海をスプーンで空っぽにするようなもの」

    FCC、ロボコール業者に罰金1億2000万ドルを科すも「海をスプーンで空っぽにするようなもの」

    このすばらしきスマートホンの世界に電話勧誘がついてこない思った人は想像力に欠けている。ロボコール(自動電話勧誘)は怒濤のごとく増え続け、ある目立った業者に対しFCCが科した1.2億ドルの罰金ですら流れを止められそうにない。 続きを読む

  • T-Mobile、FCCに4000万ドルの制裁金支払へ――フェイク呼び出し音を鳴らしていた件

    T-Mobile、FCCに4000万ドルの制裁金支払へ――フェイク呼び出し音を鳴らしていた件

    T-Mobileは接続が確立していないにもかかわらず呼び出し音を鳴らしていた件でFCC〔連邦通信委員会〕と和解し、4000万ドルの制裁金を支払うことになった。T-Mobileのフェイク呼び出し音は顧客に携帯からの発信が相手先デバイスに接続しているという誤解を与えていた。同社は「長年にわたって数億回も〔偽の呼び出し音を〕鳴らしていた」と認めた。 続きを読む

  • FCC、SpaceXの衛星ブロードバンド計画を承認―― 4425個の小型衛星で世界をネットワーク

    FCC、SpaceXの衛星ブロードバンド計画を承認―― 4425個の小型衛星で世界をネットワーク

    数千個の小型衛星のネットワークで世界的ブロードバンド網を建設するSpaceXの計画にFCC〔連邦通信委員会〕が承認を与えた。しかもこの計画は(少なくとも宇宙計画の一般的スピードでいえば)近々実行に移されるはずだ。承認された計画によれば、SpaceXは向こう6年間に計画されている衛星の半数を打ち上げることになっている。 続きを読む

  • 米FCC、インターネット・スピードマップを公開、地域別通信速度が一目でわかる

    米FCC、インターネット・スピードマップを公開、地域別通信速度が一目でわかる

    FCCの大きな責務の一つは、国全体にブロードバンドを普及させることであり、その一環として定期レポートを発行している。しかし、問題点を一覧できるビジュアル表現はなかった。FCCのデータを元に新しく作られた公式ブロードバンドマップを見れば、ギガビットファイバーから10年前でも非力だったDSLまで、どんな選択肢があるかを地域別に知ることができる。 続きを読む

  • ニューヨーク州司法長官、FCCのネット中立性決議に複数州での反対訴訟を表明

    ニューヨーク州司法長官、FCCのネット中立性決議に複数州での反対訴訟を表明

    ニューヨーク州司法長官でFCCのネット中立化法廃止に先陣を切って反対しているエリック・シュナイダーマンは、物議をかもしている同委員会の決議に対し、最初の法的対抗策のひとつを前進させた。 続きを読む

  • 携帯電話/スマートフォンを体に近づけてはいけない、とカリフォルニア州公衆衛生局が警告

    携帯電話/スマートフォンを体に近づけてはいけない、とカリフォルニア州公衆衛生局が警告

    カリフォルニア州公衆衛生局(California Department of Public Health, CDPH)が今週、携帯電話からの電磁波放射の危険性に関する警報を発令した。そう、今や私たち全員が中毒になっていて、手放すことができないと思われているあれから、電磁波が漏れているので、カリフォルニア州は安全のためのガイダンスを発表したのだ。 続きを読む

  • 通信会社とテクノロジー企業たちによる、FCCによるネット中立性破棄の投票結果に対する反応

    通信会社とテクノロジー企業たちによる、FCCによるネット中立性破棄の投票結果に対する反応

    FCCは、2015年のOpen Internet Orderで確立されていた、ネット中立性ルールの撤廃を議決した。予想されていたことだが、ただちに多くの著名なインターネット企業たちが、委員会の決定を非難する声を挙げている。しかしながら、著名な通信会社たちからは、本日のFCCの決定に対して、非難の声に負けない、力強く熱い支持の声が挙げられている。 以下に挙げるものは、現時点までのそうした声を拾い上げたものである。私たちは、さらに多くの発言を待っており、順次更新して行く予定だ。 続きを読む

  • FCC現委員長のネット中立性悪者説はすべて正しくない、と同僚の委員が指摘

    FCC現委員長のネット中立性悪者説はすべて正しくない、と同僚の委員が指摘

    2015年に、当時FCCの委員だったAjit Pai〔現委員長〕は、新たに制定されようとしていたネット中立性規則(net neutrality rules, NNR)に彼が反対票を投じる理由を詳細に述べた、長編のペーパーを委員会に提出した。彼はその中で、それらの規則がもたらす害について、たくさんの予言をした。そして今日(米国時間11/30)、同委員会のClyburn委員が、それらの予言のほとんどすべてが当たっていないことを指摘した。 続きを読む

  • ネット中立性の擁護者たちが12月7日に全国のVerizonショップで抗議集会を開く

    ネット中立性の擁護者たちが12月7日に全国のVerizonショップで抗議集会を開く

    12月14日にFCCが、自由でオープンなインターネットを護(まも)るオバマ大統領時代の政策を撤廃するか否かの票決を行う。票決は昨日(米国時間11/21)発表されたが、そのときFCCは、 2200万という歴史的な数に達したコメントへの言及を避けた。コメントの大多数は、撤廃に反対していた。 そのことに対する抗議集会が、12月7日に全国のVerizonのショップ(の店頭)で行われる。抗議集会を組織したのは、Demand Progress, Fight For The Future, そしてFreePress Action Fundだ。 続きを読む

  • Apple、オープンなインターネットを支持する意見書をFCCに提出

    Apple、オープンなインターネットを支持する意見書をFCCに提出

    秋のiPhoneイベントの日程が決まった直後、Appleはネット中立化のために一肌脱ごうとしている。FCC宛ての書簡の中で、Appleの公共政策担当副社長、Cynthia Hoganはオープンなインターネットを擁護し、通信プロバイダーが一部のトラフィックを優先し、他社のスピードを絞るような行動を可能にする法制に警告を発した。 続きを読む

  • ネット中立性規則の廃止に反対するオンライン抗議集会にネットの自由をもとめる数百万の声が集結

    ネット中立性規則の廃止に反対するオンライン抗議集会にネットの自由をもとめる数百万の声が集結

    昨日(米国時間7/12)は、かねてから騒がれていたネット上の抗議集会“Net Neutrality Day of Action”(ネット中立性に対するアクションの日)で、何千ものWebサイトと人とサービスが、FCCによるネット中立性ルールの廃止案に対する、人びとの関心を喚起した。そしてその結果は、相当感動的だった。 続きを読む