Federal Aviation Administration

  • アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

    アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

    連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)が、記念的建造物やダムなど、アメリカの重要なランドマーク周辺におけるドローンの利用を規制するルールを発表した。この新たな制限では、ドローンはそのランドマークから400フィート(122メートル)以内を飛行してはならない。FAAによるとこれらのルールは、連邦政府の安全保障ならびに法執行関連の省庁(FBIなど)からの要望に基づいて制定された。 続きを読む

  • 登録制の開始から30日、約30万名のドローンオーナーが登録とFAAが発表

    登録制の開始から30日、約30万名のドローンオーナーが登録とFAAが発表

    連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)が今日(米国時間1/22)、同局のオンライン登録システムを利用して登録をしたドローンオーナーが、およそ30万名である、と発表した。そのサイトは30日前に立ち上がり、今日までは5ドルの登録料金が実質無料(即時返金)、とされていた。 最初の二日で45000人が登録したが、これがおそらく最大のラッシュだろう。でもFAAは、今でも毎日、着実な登録数がある、と言っている。 続きを読む

  • FAAへのドローン登録は最初の2日間で45000台あまり、登録料は安いが無登録の罰則は重い

    FAAへのドローン登録は最初の2日間で45000台あまり、登録料は安いが無登録の罰則は重い

    合衆国連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)のドローン登録窓口が、月曜日(米国時間12/20)に業務を開始した。同局の今朝(米国時間12/23)の発表によると、これまでに45000人あまりがこのオンラインサービスを利用して自分のドローンを登録した。 (カメラなどの搭載物を含む)重量が0.55ポンドから55ポンドまで〔概略250g〜25kg〕の航空機…ドローンに限定しない…を保有している者は、それをFAAに登録しなければならない。登録料は1月21日まで無料、それ以降は5ドルで、登録の有効期間は3年… 続きを読む

  • Flytenow、飛行機相乗りを禁止する裁定を受けサービス閉鎖

    Flytenow、飛行機相乗りを禁止する裁定を受けサービス閉鎖

    飛行機相乗りスタートアップのFlytenowは今日(米国時間12/22)、サービスの終了を発表した。裁判所が最近、商用航空運行に該当するか(しないか)を決定するFAAの権力を支持する決定を下したためだ。 続きを読む

  • 連邦航空局(FAA)、ドローンの飛行禁止区域を通知するアプリケーションのベータテストを開始

    連邦航空局(FAA)、ドローンの飛行禁止区域を通知するアプリケーションのベータテストを開始

    今年のはじめ、Federal Aviation Administration(FAA)は、アプリケーションのテストを開始する旨をアナウンスしていた。ドローンの飛行可能地域(重要性に従った表現をするのなら「飛行“不”可能地域」)を示すためのものだ。そしてそのアプリケーションが、このたびベータ版として公開された。名前をB4UFLYといい、iOS版のみが用意されている。 続きを読む

  • Amazonは合衆国国内でも最新設計のドローンで配送テストができるようになった

    Amazonは合衆国国内でも最新設計のドローンで配送テストができるようになった

    Amazonはやっと、今の型のドローンを合衆国国内でテストできることになった。FAA(連邦航空局)はその主旨の書簡を今週同社に送った。FAAは2014年7月にAmazonの申請を認可していたが、申請から認可までの間に実機の設計が申請書のそれとは大きく変わってしまった。先月はAmazonのグローバル公共ポリシー担当VP Paul Misenerが上院の委員会でそう説明した。そしてこれからは、Amazonは合衆国国内でも新しい設計でテストしてよいことになった。 続きを読む

  • FAA、Amazonに米国内でのドローン配達テストを認可

    FAA、Amazonに米国内でのドローン配達テストを認可

    先ほどFAA(米国航空局)は、Amazonが米国内でドローンのテストおよび開発を行う制限付認可を得たことを示す声明を発表した。ただし、これは無制限に認めるものではない。FAAはAmazonに対して、厳格な規則・規定を課している。 続きを読む

  • 米連邦航空局:機内での電子機器利用禁止の緩和は数ヶ月先

    米連邦航空局:機内での電子機器利用禁止の緩和は数ヶ月先

    わずか2日前、ついにFAA(連邦航空局)は離着陸時の電子機器利用禁止の規則を緩和するかに見られた。しかし、どうやら新ルールが有効になるのは何か月か先になりそうだ。 FAAは、1万フィート(3000m)以下での電子機器利用禁止の取りやめが延び延びになっていると書かれた報告書原案を準備中だが、同時に、乗客が使用する電子機器によって起き得る電磁波妨害を最も受けやすい機種を調べるためのテストには、何ヵ月もかかると警告している。 続きを読む