Fender

  • FenderのAcoustasonic Telecasterは、エレキとアコースティックのハイブリッド

    FenderのAcoustasonic Telecasterは、エレキとアコースティックのハイブリッド

    エレキギターは1930年代の初めからなんらかの形で存在してきた。しかし、この楽器が20世紀後半の音楽風景をどれだけ支配したかを考えると、注目すべきイノベーションはあまり起きていないと言わざるを得ない。 続きを読む

  • Fender謹製ギターチューナー、Android版が登場

    Fender謹製ギターチューナー、Android版が登場

    Fender TuneのAndroid版がいよいよ登場した。機能的にはiPhone版と同様に半音下げチューニングに対応し、オートモードも備えている。もちろん価格もiPhone版と同じで「無料」で提供されている。 続きを読む

  • フェンダーがBluetoothギターアンプと対応モバイルアプリを発売へ

    フェンダーがBluetoothギターアンプと対応モバイルアプリを発売へ

    Fenderのギターといえばアメリカの伝統 ― 57年型シェビーやJiffyポップコーンのように。デザインは50年代初~中期以来ほとんど変わらず、 ストラトキャスターとテレキャスターは今も最大の売れ筋商品だ。堅実で、しっかりした作りの、象徴的製品だ。革新的かと言われると、そうでもない。 続きを読む

  • フェンダー初のアプリは、もちろんギターチューナー

    フェンダー初のアプリは、もちろんギターチューナー

    もしあなたがFenderで、モバイルアプリへの参入を考えているとしたら、もちろんまずチューナーを作るだろう。ストレートなネーミングのFender Tuneは、このところ製品の多様化を進めている象徴的ギターブランドの最新作だ。数ヶ月前には ヘッドホン型モニターを発売した。 続きを読む

  • 創業70歳のFenderが消費者市場の重要性に目覚め、耳内モニタ兼用のヘッドフォーンを発売

    創業70歳のFenderが消費者市場の重要性に目覚め、耳内モニタ兼用のヘッドフォーンを発売

    70年間、ギターとアンプでミュージシャンたちをロックしてきたFenderが今日(米国時間5/12)、初めての一般消費者向けの製品を発売した。それは、楽器を弾くときの耳内モニタとしても使えるヘッドフォーンだ。 その音は力強く、そして大音量でもクリアーだ。お値段はDXA1タイプの99ドルから、オーディオマニアをねらった499ドルのFXA7まで数種類、耳孔に挿入するイヤーバッドではなく、その手作りチタン製の筐体は耳殻全体を覆い、外部ノイズを遮断して、強力でバランスの良い外殻とドライバーアンプをそこに収める。 続きを読む