finance

  • ビデオによるオンデマンド獣医サービスのFirstVetが世界市場を目指す

    ビデオによるオンデマンド獣医サービスのFirstVetが世界市場を目指す

    ペットの飼い主にオンデマンドのビデオで各地の獣医によるコンサルテーションを提供するスウェーデンのFirstVetが、シリーズBのラウンドで1850万ユーロの資金調達を完了した。 続きを読む

  • 有望な投資家や見込み客を見つけるためのデータ収集分析を助けるPredictLeads

    有望な投資家や見込み客を見つけるためのデータ収集分析を助けるPredictLeads

    PredictLeadsは、見込み客や見込み投資先の判断のためのデータを、Webサイトやプレスリリース、ニュースの記事、ブログ、求人求職サイトなどなどから集めて、人間が監視する機械学習にかけ、それらのデータを構造化する。そうやって同社は今、2000万社の公開および非公開企業を追跡している。 続きを読む

  • クラウドの購入を財務が判断して最適化できるDensifyのコスト分析ツール

    クラウドの購入を財務が判断して最適化できるDensifyのコスト分析ツール

    同社は、クラウド支出データを財務にも利用してほしい、と考えた。今週同社が発表したCloud Cost Intelligence(CCI)と呼ばれるプロダクトを使うと、財務部門が企業のクラウド支出の適否を明確に判断できるようになる。 続きを読む

  • ソニーが200億円のファンドを立ち上げてテクノロジー系スタートアップに投資

    ソニーが200億円のファンドを立ち上げてテクノロジー系スタートアップに投資

    ソニーは200億円を調達して「高成長の重要産業」に属する企業に投資していく、と発表した。 続きを読む

  • ダイレクトリスティングを控えてSlackは売上が順調に増加し損失率は低下

    ダイレクトリスティングを控えてSlackは売上が順調に増加し損失率は低下

    Slackが、6月20日と予想されているダイレクトリスティングに備えて米証券取引委員会(Securities and Exchange Commission, SEC)に、修正S-1を提出した。 続きを読む

  • Uberの上場初日は不調に終わる

    Uberの上場初日は不調に終わる

    そのエグジットを史上もっとも大きなものとして記録に残し、テクノロジーとモバイルとギグエコノミー全体にとっても記念碑的な存在になる。 続きを読む

  • Alphabetはスマートフォン市場の逆風を認めハードウェア新製品の発表を匂わす

    Alphabetはスマートフォン市場の逆風を認めハードウェア新製品の発表を匂わす

    Google Assistantを実装したHome製品の好調は喜ばしい。とくに良いのはHome HubとMiniデバイスだが、ハードウェアチームは5月7日のI/Oカンファレンスで新しい発表をするようだから、それも楽しみにしていただきたい。 続きを読む

  • Apple株価引き続き下落、90日で38%――主因は米中貿易戦争

    Apple株価引き続き下落、90日で38%――主因は米中貿易戦争

    Appleの株価は一晩で9%以上ダウンした。同社の株価は昨年の10月以来、トータルで38%も下落している。Appleが異例のガイダンス修正を発表する際、.株式売買は一時中断された。 続きを読む

  • スタートアップの資本構成を管理するCartaが創業6年でシリーズD $80Mを調達

    スタートアップの資本構成を管理するCartaが創業6年でシリーズD $80Mを調達

    企業のキャップテーブル(cap table, 資本構成表)や評価額、ポートフォリオ投資、エクィティプランなどの管理を助けるCartaはこのほど、評価額8億ドルで8000万ドルのシリーズDを発表した。 続きを読む

  • Salesforceが日本で$100Mのファンドを設立、パブリッククラウド市場の成長を確信

    Salesforceが日本で$100Mのファンドを設立、パブリッククラウド市場の成長を確信

    Salesforceが日本のエンタープライズ系スタートアップのための1億ドルのファンドを発表した。 続きを読む

  • 暗号通貨の明るいニュース:SECがトークンは有価証券であると宣言

    暗号通貨の明るいニュース:SECがトークンは有価証券であると宣言

    暗号通貨は、大暴落やstablecoinsや誕生日のニュースの後、先週ちょっとした後押しを受けた。SEC[証券取引委員会]はICO企業のCarrierEQ Inc.およびParagon Coin Inc.の2社が売っているのは、いわゆるユーティリティートークンではなく有価証券であると判断した。 続きを読む

  • 女性起業家が調達した資金は米国VCのわずか2.2%(今年も)

    女性起業家が調達した資金は米国VCのわずか2.2%(今年も)

    女性起業家に公平な活躍の場を与えようとする数々の努力にもかかわらず、2018年に米国女性が設立したスタートアップの調達金額はベンチャー資金全体のわずか2.2%だった。 続きを読む

  • The Lobbyは求職者のためにウォール街(一流金融業界)のウォール(壁)を壊す

    The Lobbyは求職者のためにウォール街(一流金融業界)のウォール(壁)を壊す

    Y Combinatorの12週間の育成事業を半年前に卒業したThe Lobbyが、120万ドルの資金調達を発表した。 The Lobbyは、求職者をウォール街の銀行家やベンチャーキャピタリストなど金融業界の“インサイダーたち”に結びつけて、アドバイスや各人に合ったキャリア指導を提供する。 続きを読む

  • PayPal、ローカライズ可能なワンタッチ支払いボタンを海外展開

    PayPal、ローカライズ可能なワンタッチ支払いボタンを海外展開

    アメリカでEコマースといえば、クレジットカードなどのカード支払いに決っているが、海外は大きく違う。実にさまざまな選択肢——着払い、銀行振り込み、携帯アカウント、等々——がさまざまな組み合わせで使われている。本日(米国時間9/17)PayPal——世界で2億5000万のアクティブユーザーアカウントを持つ支払い会社——がその問題を解決すべく、”Checkout with Smart Payment Button” を全世界に提供開… 続きを読む

  • VCたちはどれだけ稼いでいるか

    VCたちはどれだけ稼いでいるか

    ベンチャーキャピタルは不透明な業界と思われているので、われわれの多くが、平均的なVCの年収などを知らなくても当然だ。 しかし、ベンチャー企業の報酬に関するJ. Thelander Consultingの調査報告書を見ると、やはりVCたちは大金を稼いでいる。 続きを読む

  • 投資アプリRobinhoodからADR経由で外国の上場企業に投資できるようになった

    投資アプリRobinhoodからADR経由で外国の上場企業に投資できるようになった

    アメリカ国内を対象とする投資と投機のアプリRobinhoodで、米国預託証券(American Depositary Receipt, ADR)を利用して外国で上場されている企業に投資する(株を買う)ことができるようになった。 続きを読む

  • 日本のフィンテックPaidyにVisaが戦略的投資…仮想化クレジットカードに魅力?

    日本のフィンテックPaidyにVisaが戦略的投資…仮想化クレジットカードに魅力?

    日本のフィンテックスタートアップPaidyは、5500万ドルのシリーズC(日本語記事)から1か月あまりの今日(米国時間8/24)、決済の巨人Visaからの戦略的投資を手にした。 続きを読む

  • 世界銀行がオーストラリアの銀行とパートナーして初のブロックチェーン上の債券を立ち上げ

    世界銀行がオーストラリアの銀行とパートナーして初のブロックチェーン上の債券を立ち上げ

    世界銀行がオーストラリアのCommonwealth Bank of Australia(CBA)と共に、初のブロックチェーン上の債券を発行することになった。 この1億1000万オーストラリアドル(8700万USドル)のbond-i(ブロックチェーンによって運用される新しい債務証券)は、分散台帳技術を使って作られ、割り当てられ、送金(振替)され、そして管理される、初めての債券だ。 続きを読む

  • ベネズエラが暗号通貨を発行して通常通貨と連結、ブロックチェーンの専門家は詐欺と呼ぶ

    ベネズエラが暗号通貨を発行して通常通貨と連結、ブロックチェーンの専門家は詐欺と呼ぶ

    ハイパーインフレやそのほかの経済問題と格闘しているベネズエラが、前例のない思い切った手段に出た。同国の通貨を大幅に減価して名前を変えただけでなく、国が発行する暗号通貨Petroに連結した。後者は原油価格に応じて変動するが、この措置が何をもたらすのか、まだ誰も知らない。 続きを読む

  • 何千もの暗号通貨プロジェクトがすでに死んだ、そして詐欺も多い

    何千もの暗号通貨プロジェクトがすでに死んだ、そして詐欺も多い

    失敗した暗号通貨プロジェクトの目録を熱心に作り続けているCoinopsyとDeadCoinsによると、2018年に失敗したプロジェクトは現時点(6月)で1000を超える。それらのプロジェクトは、本物のabandonware(アバンダンウェア)から単なる詐欺にいたるまでさまざまで、その中には、二人の“自称兄弟”Jack/Jay Brigによる詐欺BRIGや、SECによる捜査で終わったTitaniumなどもある。 続きを読む