Finatext

  • 株取引をゼロから変える——調達資金60億円をスマートプラスへ投資するFinatextの構想

    株取引をゼロから変える——調達資金60億円をスマートプラスへ投資するFinatextの構想

    FinTechスタートアップのFinatext(フィナテキスト)は7月30日、総額60億円の資金調達実施を発表した。第三者割当の引受先はKDDI、ジャフコ、未来創生ファンド。また、同時にFinatextでは、KDDIとの業務提携についても明らかにしている。 2013年12月設立、創業5年のFinatextは、金融サービス提供、ビッグデータ解析、証券サービス提供を3柱に、「金融を“サービス”として再発明する」というビジョンを掲げる。 続きを読む

  • 証券ビジネスをプラットフォーム化するFinatextがKDDIなどから60億円を調達

    証券ビジネスをプラットフォーム化するFinatextがKDDIなどから60億円を調達

    金融サービス開発やビッグデータ解析、証券サービス提供を行うFinTechスタートアップのFinatextが7月30日、KDDI、ジャフコ、未来創生ファンドを引受先とした総額60億円の資金調達を実施したことが明らかになった。 続きを読む

  • “証券3.0”を目指すFinatextが14億円で証券会社を設立——取引の基礎となる機能をAPIで提供

    “証券3.0”を目指すFinatextが14億円で証券会社を設立——取引の基礎となる機能をAPIで提供

    株式市場の予測アプリ「あすかぶ!」や金融機関向けの投信データ提供サービスなどを手がけるFinatextは1月23日、新子会社のスマートプラスを設立して証券業に参入すると発表した。スマートプラスは12月26日付で証券業登録を完了。さらに、2017年5月にJAFCOから14億2500万円の資金調達を行っていたこともTechCrunch Japanの取材で明らかとなった。 続きを読む

  • 東大卒中心のFinTechスタートアップのFinatext、日本IBMと組んでロボアドバイザーを提供へ

    東大卒中心のFinTechスタートアップのFinatext、日本IBMと組んでロボアドバイザーを提供へ

    数あるFinTech系サービスの中でも、この1年弱という短期間で注目を集めているのが「ロボアドバイザー」という領域。コンピュータを使うことで最適な資産運用(やその助言)を行うプロダクトの総称で、米国ではWealthfrontやBettermentを始めとして数多くのサービスが登場。日本でもお金のデザインの「THEO(テオ)」やウェルスナビの「WealthNavi」など、徐々にサービスが立ち上がりつつある。 続きを読む