fireeagle

  • LightpoleがFire Eagle導入、携帯から近場の情報が探せるソフト公開

    LightpoleがFire Eagle導入、携帯から近場の情報が探せるソフト公開

    モバイルアプリのサービスを提供するLightpoleがヤフーのFire Eagleを活用したアプリのジオロケーション(地理位置情報)機能を拡張し、ソフトのベータ版を公開した。 Lightpoleでは企業相手に、POI(ポイント・オブ・インタレスト)関連情報主体のコンテンツを携帯利用者に配信する方法を提供している。Fire Eagleは先月ローンチしたヤフーのジオ情報専用プラットフォーム。ユーザーはAPIを通して他アプリから現在地を更新できる。 ロケーション設定できる端末はパソコン、携帯(GPSやSkyHookのようなサービス経由で)など沢山あ… 続きを読む

  • ヤフーの“位置情報のTwitter”ことFireEagleがベータ公開、応用はこれから

    ヤフーの“位置情報のTwitter”ことFireEagleがベータ公開、応用はこれから

    ヤフーが2007年11月発表した新プラットフォーム「FireEagle」には期待するところ大だ。最初ヤフーから聞いた時には「位置情報のTwitter」という説明だった。確かにまるでTwitterのショートメッセージのような具合に自分の位置情報がストリームできる。このFireEagleサービスが今日(米国時間3/6)プライベートベータ版で公開となった。 でも、そこで話は終わりではない。FireEagleにはオープンAPIもあり(というか、そのうち出る)、それを使えばデータを中へ送り込んだり、外へ取り出すことができる。相手に「今どこですか?… 続きを読む

  • Yahoo、「FireEagle」を発表―地理情報サービスのプラットフォーム

    Yahoo、「FireEagle」を発表―地理情報サービスのプラットフォーム

    今晩、YahooはKickstart に加えて、Salim Ismailの〔先進サービスの開発グループ〕Brickhouseから非常に有用な新しいプラットフォーム・サービスを発表する。これは現在暫定的に「FireEagle」というコードネームでアルファ・テスト中で、正式公開に向けて名称とその期日を検討中。おそらく今月末にローンチされるはず。 FireEagleは完全にRuby on Railsで開発されたプロジェクトで、以前YahooがZoneTagサービスを開発していた際の副産物として生まれた。これはユーザー位置情報をコントロールするプラット… 続きを読む