FirstMark Capital(企業)

FirstMark Capitalは、ニューヨークを拠点とする米国のVC。

  • FirstMark Capitalが計690億円の新ファンドを発表、医療技術とゲームに注力

    FirstMark Capitalが計690億円の新ファンドを発表、医療技術とゲームに注力

    ニューヨークを拠点とするVCであるFirstMark Capital(ファーストマークキャピタル)は米国6月16日、2つの投資ビークルのクロージングについて発表した。 続きを読む

  • ビジネスとしてのビッグデータ分析はいまやっと“成熟期”に入ったばかり、今後の機会が大きいとVCたちは見ている

    ビジネスとしてのビッグデータ分析はいまやっと“成熟期”に入ったばかり、今後の機会が大きいとVCたちは見ている

    [筆者: Harry-Stebbings](ベンチャーキャピタルに関するポッドキャストThe Twenty Minute VCのファウンダーでホスト。) 最近のインタビューで、“ビッグデータはいよいよこれからが本番だ”、と語ったFirstMark CapitalのMatt Turckによると、2010年にはシリーズA市場のわずか2.5%にすぎなかったビッグデータへの投資が、今ではVCたちの投資全体の7.5を超えている。そもそも、ビッグデータ分析という業態は、今どんな段階にあるのか? そして最近のAI熱は、ビッグデータと密接な… 続きを読む

  • Web上のマーケティング効果は広告よりもコンテンツに…Webプレゼンス管理のConductorが$27Mを調達

    Web上のマーケティング効果は広告よりもコンテンツに…Webプレゼンス管理のConductorが$27Mを調達

    企業やブランドなどのWeb上のプレゼンスを管理するプラットホームConductorが、創業5年足らずにして早くもシリーズDの資金調達を行い、Catalyst Investorsが仕切り既存の投資家FirstMark Capital、Matrix Partners、そしてInvestor Growth Capitalらが参加したラウンドにより、2700万ドルを獲得した。新たな投資家Blue Cloud Venturesも、このラウンドに参加した。‘Webプレゼンス管理’という新しい業態を、今や投資家たちは完全に前向きに認めてい… 続きを読む

  • 内部コミュニケーションの充実で完成度を高めるプロトタイピングツールInVision が$11.6Mを調達

    内部コミュニケーションの充実で完成度を高めるプロトタイピングツールInVision が$11.6Mを調達

    多くのWebデベロッパやデザイナーに人気のプロトタイピングツールInVisionが最近、FirstMark CapitalとTiger Globalによる1160万ドルのシリーズAラウンドを完了した。 ニューヨークで2011年にローンチした同社は、デザイナーたちが容易にプロトタイプを共有し、それらと対話し、フィードバックを得られることをミッションとする。 続きを読む

  • Conductor、SEO技術で$10M調達

    Conductor、SEO技術で$10M調達

    ニューヨークのSEO測定・最適化サービスのConductorが、シリーズBラウンドで$10M(1000万ドル)の資金を調達した。リードしたのはMatrix Partnersで、これにシリーズAラウンドをリードしたFirstMark Capitalが加わった。 Conductorが提供するテクノロジーは、オンライン販売業者やインタラクティブ広告業者が、SEO作業のために信頼性の高いデータを集め、自由検索市場のシェア獲得の適格な判断を下し、経営者やクライアントのために正確なROIを測ることを支援するためのものだ。 続きを読む

  • Pequot Venturesが「FirstMark Capital」としてスピンオフ

    ヘッジファンド「Pequot Capital Management」の$2B(20億ドル)の運用を手掛けるベンチャー投資部門「Pequot Ventures」がスピンオフし、新社名「FirstMark Capital」となった。 このベンチャーファームは過去12年で7種のファンドを開設し、現在はアクティブに運用している非配当資本が$1B(10億ドル)にのぼる。そのファンドの注力分野はメディア・広告、情報、解析、インフラといった新台頭分野のスタートアップ。過去にはFirst Advantage、Netgear、StubHub(eBayが買収)、Fl… 続きを読む