Flexport

Flexportはアメリカ合衆国に本社を置く物流フォワーダー。ImportGenius共同創業者のRyan Petersen氏によって設立。

  • ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語

    ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語

    SoftBank Vision Fundなどから10億ドル(約1067億円)の巨額調達を完了したことで注目を浴びた物流スタートアップFlexport。TechCrunchがこれまで4年間にわたり行った6回のインタビューから、創業者Ryan Petersen(ライアン・ピーターセン)氏の歩みを振り返る。 続きを読む

  • 国際物流支援のFlexport、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから10億ドル調達

    国際物流支援のFlexport、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから10億ドル調達

    サンフランシスコに本拠を置く物流支援のスタートアップ、FlexportはSoftBankのVision Fundがリードするラウンドで10億ドルを調達したことを発表した。 続きを読む

  • 1億1000万ドルを調達して貨物輸送帝国を夢見るFlexportの壮大な計画

    1億1000万ドルを調達して貨物輸送帝国を夢見るFlexportの壮大な計画

    「 私たちはベンチャーキャピタルのお金をただ使っているわけではありません。価値を創造しようとしているのです」こう語るのはFlexportのCEO、Ryan Petersenだ。「直観に反するかもしれませんが。ビジネスが拡大するほど、必要な現金が増えるのです」。 これはFlexportが情報ではなく物質を運んでいるためだ。しかも膨大に。Flexportは貨物輸送物流ネットワークである。もし中国で数トンの商品を生産し、それを米国中の商店に届けようと考えたなら、同社が商品を届けるためのトラック、港湾、飛行機、船舶などを手配してくれる。旧来の貨物運… 続きを読む

  • 再教育こそが新しい人材獲得戦略――テック企業に学ぶ社内教育のメリット

    再教育こそが新しい人材獲得戦略――テック企業に学ぶ社内教育のメリット

    アメリカ中の企業が、新たなデジタルディスラプションの波に身構えている。昨年だけでも、Amazonは販売スタッフのいないスーパーを立ち上げ、マクドナルドは全てのレジをセルフサービス式のキオスクに置き換えることを決め、さらにCaterpillerは自動運転トラクターの開発に向けて投資を始めた。 AIや機械学習、自動化技術といった新時代を担うテクノロジーを活用して、テック企業が上記のような変化を推し進めるかたわら、これらの先進的なテクノロジーの登場によってこれまでにないほどの数の仕事が失われようとしている。 世界経済会議は、2020年までに製造… 続きを読む

  • 地味すぎる100兆円スタートアップ

    地味すぎる100兆円スタートアップ

    船舶の積み荷目録からiPhone 3Gの存在が漏れた一件で、Steve Jobsは激怒した。フレート・フォワーディング(貨物の運送)業界でエキサイティングな出来事があったとすれば、この一件だけだ。世界経済の血流ともいえるこの業界は、100兆円規模の業界だ。しかし、誰もそれを話題に取り上げることもなければ、それに対するテクノロジーを開発しようともしない。 Flexportのようなスタートアップにとって、この状況は彼らが創造的破壊を成し遂げるための絶好のチャンスとなった。 続きを読む