Flow(製品・サービス)

  • NFTをもっと親しみやすいものに、販売・オークション可能なNFTマーケットプレイスRaribleが約15.8億円調達

    NFTをもっと親しみやすいものに、販売・オークション可能なNFTマーケットプレイスRaribleが約15.8億円調達

    NFT(非代替性トークン)の販売が、最近のピーク時に比べて大幅に減少しているというニュースを目にしたことがあるだろう。この数週間で90%も減少したという報告もあるほどだ。多くの暗号資産投機家がこの急激な落ち込みの犠牲になっている一方で、デジタル収集品やデジタル商品がインターネットを席巻する未来を見据えている人々もいる。 続きを読む

  • double jump.tokyoが複数人による秘密鍵管理を含めNFTコンテンツ発行・管理を行えるエンタメ・ビジネス向けSaaS「N Suite」提供

    double jump.tokyoが複数人による秘密鍵管理を含めNFTコンテンツ発行・管理を行えるエンタメ・ビジネス向けSaaS「N Suite」提供

    ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyoは6月7日、エンターテイメントDX向けのSaaS「N Suite」の提供を発表した。N Suiteは、NFT発行やNFTコンテンツ管理など、NFTコンテンツ・ビジネスをスムーズかつ効果的に行うために必要な製品を揃えたビジネスツールだ。 続きを読む

  • 今さら聞けないNFT:「コンテンツ大国」日本のクリエイターが真剣になる理由

    今さら聞けないNFT:「コンテンツ大国」日本のクリエイターが真剣になる理由

    ブームの真っ只中にあるNFTについて、今回は「今さら聞けないNFT」と題して解説します。そもそも「ファンジブル」(Fungible)と「ノン・ファンジブル」(Non-Fungible)という言葉は日本語で聞き慣れない言葉です。とっつきにくい概念ではありますが、NFTにはアートや音楽、ゲーム業界でコンテンツ制作者への経済的な支援を革新的に改善できる可能性があります。 続きを読む

  • NFTアート:何が価値の源泉なのか? 新たな投資スタイルへの道を歩むNFT

    NFTアート:何が価値の源泉なのか? 新たな投資スタイルへの道を歩むNFT

    現在、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)がここまで注目される理由のひとつは、投資手段としてのアートの可能性を拡大させたことにあるでしょう。NFTの意義をデジタル領域における所有権の確立という観点から解説し、投資対象としてのNFTを考察します。 続きを読む

  • double jump. tokyoが「NBA Top Shot」のDapperLabsと提携、「Flow」ブロックチェーンの日本進出支援

    double jump. tokyoが「NBA Top Shot」のDapperLabsと提携、「Flow」ブロックチェーンの日本進出支援

    ブロックチェーン技術を用いたアプリ開発を行うdouble jump.tokyoは4月22日、「Cryptokitties」(クリプトキティ)や「NBA Top Shot」(NBAトップショット)を手がけるDapperLabs(ダッパーラボ)と提携したと発表した。DapperLabsが開発するブロックチェーン「Flow」(フロー)に関するNFTおよびブロックチェーンゲームなどの対応、トランザクションが正しいかどうかを検証・合意形成を行うValidatorNode(バリデーターノード)の運用を開始すると発表した。 続きを読む

  • NFTとは何か?デジタル収集家たちのなぜ今、熱狂しているのか?

    NFTとは何か?デジタル収集家たちのなぜ今、熱狂しているのか?

    代替不可能なトークン(NFT)は、Ethereumなどのブロックチェーン上の唯一無二の価値を表現するデジタルアイテムの1つである。NFTは2年ほど前から存在しているが、猫のアニメーション、NBAのクリップ、バーチャル家具といったビジュアルアートを収集する手段として急速な盛り上がりを見せている。 続きを読む

  • NFTトレカゲーム「NBA Top Shot」のDapper Labsはマイケル・ジョーダンやハリウッドに支援され評価額2879億円に

    NFTトレカゲーム「NBA Top Shot」のDapper Labsはマイケル・ジョーダンやハリウッドに支援され評価額2879億円に

    Crypto Kitties(暗号仔猫)の初期の成功から「NBA Top Shot」の爆発的な成長まで、Dapper Labsは、NFT(非代替性トークン)として知られる暗号資産コレクターズアイテムの流行の最前線に立ってきた。そして今、ハリウッド、スポーツそして投資界の大物たちが主導する3億500万ドル(約337億8000万円)の新たな資金調達により、同社は先駆的な役割を果たしたメリットを享受している。 続きを読む

  • NFT(非代替性トークン)がアート界にもたらす劇的な変革とインクルーシブな未来

    NFT(非代替性トークン)がアート界にもたらす劇的な変革とインクルーシブな未来

    デジタルコレクティブル(デジタル版のコレクターズアイテム)は今、大きな変化のときを迎えている。2021年2月、Beepleというアーティストのデジタルアート作品が、デジタルアート専門のオンラインマーケットプレイスNifty Gatewayに出品され、660万ドル(約7億2000万円)で売れた。 続きを読む

  • デジタル資産「NFT」を今、フォローすべき理由

    デジタル資産「NFT」を今、フォローすべき理由

    Ethereumブロックチェーンのおかげでアーティスト、ゲーム会社、コンテンツクリエイターなどは、唯一無二を証明可能な仕組みへと進化したトークン標準を活用している。NFTが最初に見出しを飾ったのは2017年で、当時Dapper Labsのゲーム「CryptoKitties」はピーク時にEthereumのネットワーク利用の95%を占めた。デジタルの小猫に17万ドル(約1800万円)支払う人がいるのは異常にも思えるが、現在に起きている事実は、それどころではない。 続きを読む

  • マウス(二次元、低精度)を超えた入力デバイス、フロー(三次元、高精度)は画面注視から人間ユーザを解放

    マウス(二次元、低精度)を超えた入力デバイス、フロー(三次元、高精度)は画面注視から人間ユーザを解放

    スライダーは忌まわしい。いつも必ず、希望の場所よりも行き過ぎるから。それにマウスもいらつく。PhotoshopやFinal Cut、AutoCAD、それにSpotifyすら、精密で確実なコントロールが難しい。そこで新しく登場した入力デバイス、フロー(Flow)は、人間の視覚ではなくフィーリングに基づいて、多様なきめ細かいコントロールを可能にする。 Y Combinator出身のSenicが作ったパック(puck, 小円盤)フロー(Flow)(100ドル)は、4種類のコントロールをワイヤレスで行う: 1)赤外線センサの上空で手を振る(下図)、2)… 続きを読む