Food and Drug Administration

  • 医療へのアクセスは、自宅検査サービスから始める方法もある

    医療へのアクセスは、自宅検査サービスから始める方法もある

    ScanaduやCorなど、多くの自宅検査システムが今もFDA(食品医薬品局)の認可を待っている。一方、簡単な検査であれば自宅で採取した検体を検査機関に送ることで実施できる。数多くのスタートアップが、STD(性感染症)や食物アレルギーの検査サービスを提供している。 続きを読む

  • 23andMeにパーキンソン病など10種類の遺伝子リスク情報の提供がやっと許可された

    23andMeにパーキンソン病など10種類の遺伝子リスク情報の提供がやっと許可された

    米食品医薬品局(Food and Drug Administration, FDA)が今日(米国時間4/6)23andMeに、一般消費者に対して有料で行った遺伝子テストの結果として、10種類の疾病(下表)のリスクは報告してもよい、と決定した。その中には、後発性アルツハイマー病とパーキンソン病も含まれる。 続きを読む

  • 自宅でできる精子チェックが流行中?!

    自宅でできる精子チェックが流行中?!

    精子の状態を自宅でテストするツールがはやっているようだ。先週にはハーバード大学の開発した、安価かつ手軽に精子の運動能力チェックを行うアプリケーションが話題になった。そして今回紹介するYOも出荷を開始した。FDA認可のデバイスと、簡単に使えるアプリケーションをセットにして、精子の状態をチェックするものだ。 続きを読む

  • 民間遺伝子検査スタートアップ23andMeをFDAがやっと認可…今回はブルーム症候群のみ

    民間遺伝子検査スタートアップ23andMeをFDAがやっと認可…今回はブルーム症候群のみ

    合衆国食品薬品管理局(U.S. Food and Drug Administration, FDA)は23andMeに、ブルーム症候群(Bloom Syndrome)の遺伝子検査キットの販売を認めた。 ブルーム症候群は希少な劣性の遺伝子疾患で、背が低いことと、がんになりやすい性向がその特徴だ。この疾患を持つ子の親には、その症状がまったくない。 続きを読む