食材宅配 / フードデリバリー(用語)

食材宅配 / フードデリバリー

  • ギグワーカーの自営を助け現状改善を目指すフードデリバリーのDumpling

    ギグワーカーの自営を助け現状改善を目指すフードデリバリーのDumpling

    フードデリバリー分野のスタートアップであるDumpling(ダンプリング)は、ワーカーに「自営権」をもっと与えることでギグエコノミーの現状を変えようとしている。DumplingはInstacartプラットフォームから離れて自分のパーソナルショッピング事業をスタートさせるのに必要なリソースをショッパーに提供する。 続きを読む

  • Amazonとライフが生鮮食品のオンライン販売・配送を大阪府でも開始

    Amazonとライフが生鮮食品のオンライン販売・配送を大阪府でも開始

    Amazonとライフコーポレーションは7月16日、ライフが取り扱う生鮮食品や惣菜のオンライン販売・配送サービスを関西でも開始したと発表した。大阪府大阪市の16区(阿倍野区、生野区、北区、城東区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、東住吉区、東成区、福島区、港区)で利用できる。 続きを読む

  • Uberが食料品宅配サービスを中南米とカナダで開始、米国でも2020年7月下旬から

    Uberが食料品宅配サービスを中南米とカナダで開始、米国でも2020年7月下旬から

    26億5000万ドル(約2850億円)でPostmatesを買収した翌日である米国時間7月7日、Uberはラテンアメリカとカナダの一部の都市で食料品配達サービスを正式に開始した。 続きを読む

  • UberがPostmatesを2850億円で買収することに同意

    UberがPostmatesを2850億円で買収することに同意

    伝えられるところによれば、UberはPostmatesを、26億5000万ドル(約2850億円)相当の株式で買収することに同意した。 続きを読む

  • Uberが悲願の東京都内でのタクシーサービスを開始、東京エムケイなどと提携

    Uberが悲願の東京都内でのタクシーサービスを開始、東京エムケイなどと提携

    最近では大量のCM放映などでフードデリバリーの会社として知名度を高めているUberだが、悲願とも言える東京都内でのタクシー配車サービスを開始した。 続きを読む

  • 室内用フードデリバリーロボットを開発する中国のPuduが約16.1億円調達

    室内用フードデリバリーロボットを開発する中国のPuduが約16.1億円調達

    ロボティクスの分野は近年、クリティカルマスのような状況になっていた。 続きを読む

  • パンデミックの最中に中国の食品配達大手Meituanが10.8兆円の評価額を達成

    パンデミックの最中に中国の食品配達大手Meituanが10.8兆円の評価額を達成

    Meituan(美团、メイトゥアン)の株価は米国時間5月26日に過去最高を記録し、その評価額は1000億ドル(約10兆8000億円)を超えた。香港に上場するこの大企業は、旅行と輸送もある程度手掛けつつも食品配達に注力している企業であり、評価額がこの記憶すべき大台に乗った中国で3番目の企業となる。 続きを読む

  • アマゾンが新型コロナ禍中のインドでフードデリバリーを開始

    アマゾンが新型コロナ禍中のインドでフードデリバリーを開始

    インドに65億ドル(約7000億円)超を投資したeコマース大企業のAmazonは米国時間5月21日、バンガロールの一部エリアでフードデリバリーサービスAmazon Foodを立ち上げた。 続きを読む

  • Uberが新型コロナ禍でさらに3000人解雇、一部オフィスも閉鎖

    Uberが新型コロナ禍でさらに3000人解雇、一部オフィスも閉鎖

    Uberは従業員3000人を追加で解雇する。Wall Street Journalが最初に報じている。Uberは45カ所のオフィスを閉鎖し、貨物や自動運転車テクノロジーといった分野の取り組みも見直す。 続きを読む

  • スキマ時間バイトのタイミーがデリバリー事業に進出、期間中何度使っても配送料1000円のキャンペーンを実施中

    スキマ時間バイトのタイミーがデリバリー事業に進出、期間中何度使っても配送料1000円のキャンペーンを実施中

    タイミーは5月19日、飲食の宅配サービス「タイミーデリバリー」のβ版を提供開始した。ローンチ時の営業エリアは東京の渋谷区・目黒区・世田谷区・六本木、大阪・梅田。 続きを読む