Ford

  • Ford、自動運転車によるオンデマンド・デリバリーサービスをテスト中

    Ford、自動運転車によるオンデマンド・デリバリーサービスをテスト中

    Fordは、スタートアップのPostmatesと組んで、無人オンデマンド・デリバリーサービスのバイロットテストをフロリダ州マイアミおよびマイアミビーチで行う。パイロットプログラムにはCoyo Tacoをを始めとする70社が参加する。 続きを読む

  • テスラ、時価総額でフォードを下回る

    テスラ、時価総額でフォードを下回る

    Tesla の株価は暴落し、その結果昨年達成したマイルストーンよりも後退した。本稿公開時点で同社の時価総額は1年ぶりにFordを下回っている。現在Teslaの時価総額は420.63億ドルなのに対して、Fordは435.88億ドルだ。TeslaがFordの時価総額を抜いたのは一年前の明日のことだった。 続きを読む

  • Fordのコロンブスの卵: 自動運転車のセンサーシステムをドローンでバックアップする

    Fordのコロンブスの卵: 自動運転車のセンサーシステムをドローンでバックアップする

    未来の自動車は、自分が正しく動くために大量のセンサーに依存するだろう。今日すでに彼らは、カメラや超音波機器やレーダーの配列などなどを山のように積み込んでいるが、しかしそれらの多くは、やや規格から外れたようなドライバーのアシストが主な目的で、しかもそれらが万一動作しなくても、いざというときは人間ドライバーが持っている感覚器に頼る、という前提だ。 しかし、そのかんじんの、人間の感覚器が役に立たないときもある。そこでCNETの報道によるとFordは、車載センサーのバックアップとして、人間の感覚器官に代わる新しい方法を編み出し、特許を出願した。… 続きを読む

  • Fordが自動運転パトカーで特許を申請

    Fordが自動運転パトカーで特許を申請

    Fordが、自動運転パトカーの特許を申請した。実際に特許が下りるかどうかは、まだ分からないが、そこに盛られているアイデアはちょいとおそろしい。 続きを読む

  • FordのMustang GT 2018年モデルは、0~60マイル加速で4秒を切る

    FordのMustang GT 2018年モデルは、0~60マイル加速で4秒を切る

    Fordの Mustang GT最新モデルは史上最高速だ ―― 新たに搭載されたDrag Stripモードを使うと、0~60 mph(96 k/h)までわずか4秒で到達する。これはPorsche 911を始めとする多くのスポーツカーよりも速い。Drag Stripモードは、最新の加速を実現するために最適なトルクとトランスミッションを設定するもので、ミシュランのPilot Sport 4 Sタイヤを装着してこの4秒を切るタイムを達成した。 続きを読む

  • フォードの自転車共有、GoBikeスタートへ――年末までにシリコンバレー周辺に7000台配置

    フォードの自転車共有、GoBikeスタートへ――年末までにシリコンバレー周辺に7000台配置

    フォードの自転車共有プロジェクト、GoBikeが明日からスタートする。これは無人ステーションのドックと呼ばれるデバイスに自転車を固定する仕組みで、ベイエリア〔サンフランシスコ周辺〕で6月28日から利用可能となる。 続きを読む

  • Teslaの時価総額がFordを抜いた―投資家の電気自動車への期待は高い

    Teslaの時価総額がFordを抜いた―投資家の電気自動車への期待は高い

    Teslaの時価総額がフォードを追い越した。 Google Financeによれば、今日(米国時間4/3)のTeslaの株式時価総額は474.6億ドル〔日本時間4/4 AM5:00現在487.7億ドル〕となった。Teslaより創業がちょうど100年早いアメリカを代表する自動車メーカー、フォードの株価は下落し、時価総額は448.9億ドル〔同453.1億ドル〕をつけた。GMの時価総額は510億ドルで、もはや射程圏内だ。 続きを読む

  • Fordのコンセプト、自動運転バンは配達ドローンの移動基地

    Fordのコンセプト、自動運転バンは配達ドローンの移動基地

    Fordが新たに発表した“Autolivery”バンのコンセプトは、名前はひどいが中身は興味深いアイデアでいっぱいだ。このバンはFordの社内チャレンジプロジェクト “last mile mobility” の成果の一つだ。電動自動運転バンに無人ドローンを積み、顧客の戸口まで最後の何メートルかの配達を受け持つ。 続きを読む

  • 新築のワールド・トレード・センターのモールにFordが交通の未来をテーマに展示スペースをオープン

    Fordが、新しいワールド・トレード・センターのショッピング・モール、Westfield World Trade Centerに、FordHubと呼ばれる区画をオープンした。でもそこでは、車を一台も買えない。 その代わりこの区画には、ニューヨークの観光名所へ行くためのいろんな方法(自転車、地下鉄、ほか)を紹介する巨大なスクリーンや、交通渋滞の発生原因を説明する簡単な力学モデル、未来の交通を表すいくつかのコンセプトの展示などがある。なんと、未来には、道路が自分で自分を修復するのだ。 続きを読む

  • Ford、車載の自動撮影カメラの特許を申請―なんとSNS向けらしい

    Ford、車載の自動撮影カメラの特許を申請―なんとSNS向けらしい

    Fordが車載カメラの特許を申請していた―と聞けば自動運転車関連と思うだろうが、そうではなかった。スピード、移動方向その他のデータを自動車から取得して「いちばんいい写真を撮る」のに使うのだという。 続きを読む

  • そこらの観光案内等にはない詳細な都市情報をAPIで提供するSpatial、誰もがそこの住民なみの物知りに

    そこらの観光案内等にはない詳細な都市情報をAPIで提供するSpatial、誰もがそこの住民なみの物知りに

    民族誌学者のLyden Foustは、企業のために世界中を旅している。一つの都市で数か月生活し、いろんなことを知り、それを彼を雇った人たちに報告する。“人びとは、研究者としてのぼくに語るよりもずっと多くのことをソーシャルメディアで語っていることに、気づいた”、とFoustは言う。そこで彼は、ジェットエンジンのソフトウェアエンジニアとして大量のデータを扱い慣れていた友だちのWill Kiesslingとパートナーし、Spatialを創った。 続きを読む

  • フォードの次世代運転支援システムには、後退時の自動ブレーキと衝突回避操舵支援がある

    フォードの次世代運転支援システムには、後退時の自動ブレーキと衝突回避操舵支援がある

    Fordは、同社の運転支援システムで今後2年以内に実現予定の新機能について詳細を発表した。新たに加わったのは、車の後方にいる人や物体を検知して、後退時に運転者が警告を無視した際に自動的にブレーキをかける機能。および、それが事故を防ぐ唯一の方法である場合に、運転手のハンドル操作に介入して衝突を回避する機能だ。 続きを読む

  • BlackBerryがFordとパートナーして、同社のまれな孝行息子QNXの多方面的車載利用を推進

    BlackBerryがFordとパートナーして、同社のまれな孝行息子QNXの多方面的車載利用を推進

    BlackBerryのQNX部門は、このカナダの企業の希少な明るい材料だ。このソフトウェア制作部門が作っているオペレーティングシステムQNXは、多くの自動車メーカーが車載インフォテインメントシステムの中核として採用している。BlackBerryによると、現在、6000万台あまりの自動車の上でQNXが動いており、そして今度からそれは、Fordのインターネット接続車にとって、さらに重要な存在になる。 続きを読む

  • Uberの自動運転車をサンフランシスコの路上で発見

    Uberの自動運転車をサンフランシスコの路上で発見

    昨日(米国時間9/21)サンフランシスコの市街地で、自動運転のUber車が何人かに目撃され、近く同社がベイエリアで自動運転車の商業利用を始めるのではという憶測に油を注いだ。 Mattermarkの編集長、Alex Wilhelmがモンゴメリー通りとパシフィック通りの交差点に止まっているFord Fusionをカメラに収めた。 続きを読む

  • Airbusは、無人飛行タクシーを本気で考えている

    Airbusは、無人飛行タクシーを本気で考えている

    Fordは自動運転車によるオンデマンドタクシーを2021年までにスタートさせたいようだが、それもAirbusに基準に照らせばスケールが小さい ― この航空機メーカーは、都市部の高まる交通渋滞問題を解決すべく、無人〈飛行〉タクシーを現実のものにしようとしている。 続きを読む

  • Ford、ハンドルもブレーキもアクセルもない自動運転車を2021年までに発売

    Ford、ハンドルもブレーキもアクセルもない自動運転車を2021年までに発売

    Fordは2021年までに自動運転車を発売する ― そして量産されるその車は、ハンドルもブレーキもアクセルペダルもなく、人間ドライバーを必要としないレベル4フル仕様の自動運転機能を提供する。今日(米国時間8/17)カリフォルニア州パロアルトで行われた記者会見で発表した。 続きを読む

  • FordがテキーラのJose Cuervoとパートナーして竜舌蘭の繊維を車の部品に利用

    FordがテキーラのJose Cuervoとパートナーして竜舌蘭の繊維を車の部品に利用

    メキシコ生まれの銘酒テキーラのブランドと自動車企業の結婚が、単純にマーケティングの天国で行われるとは言いがたい。では、Ford とJose Cuervoを結びつけたものは、何なのか? 火曜日(米国時間7/12)に両社は、テキーラ製造の廃棄物である竜舌蘭(りゅうぜつらん)の繊維を、より持続可能なバイオプラスチックとして自動車の部品に利用していくための共同研究でパートナーした、と発表した。その応用部品としての当面の研究対象は、配線を束ねるハーネス、空調設備、そして荷物入れなどだ。 続きを読む

  • FordとDJIがドローンと自動車のコミュニケーションシステムで賞金10万ドルの懸賞

    FordとDJIがドローンと自動車のコミュニケーションシステムで賞金10万ドルの懸賞

    ドローンが車と対話できたら、どうだろう? そんなことは考えたこともない人が多いと思うが、たとえばもしもあなたが国連などの救難機関にいて、ピックアップトラックの床からドローンを発進したいとき、どうするか? Fordと世界最大のドローンメーカーと言われるDJIが今日(米国時間1/4)、FordのAppLinkやOpenXCでドローンと車両がコミュニケーションする技術の開発で、賞金10万ドルの懸賞を発表した。 続きを読む

  • GoogleとFordが自動運転車の開発と生産で提携か…とくに“生産”をFordが担当するらしい

    GoogleとFordが自動運転車の開発と生産で提携か…とくに“生産”をFordが担当するらしい

    Yahoo Autosの記事によると、GoogleとFordがジョイントベンチャーで自動運転車を開発し生産する、そしてそのことを、来月ラスベガスで行われるConsumer Electronics Showで発表するそうだ。テクノロジ業界と自動車業界、両世界の大物同士のパートナーシップだ。 Googleのスポークスパーソンは、同社のコメントは何もない、と述べた。今、Fordにも問い合わせ中だ。 Yahoo Autosの記事では、GoogleはFord一社に縛られるわけではなく、自動運転車の技術に関心のあるほかの自動車メーカーと協働してもよいらしい。… 続きを読む

  • 君も人類史上初の宇宙撮影ポルノ(マジ)に出資してみないか?!

    君も人類史上初の宇宙撮影ポルノ(マジ)に出資してみないか?!

    面白いものが出てくる時代になった。ポルノビデオ撮影のための資金をあつめるべくクラウドファンディングが行われているのだが、その額がなんと300万ドルなのだ。これはもちろんただのポルノではなく、なんと宇宙にて撮影を行うものだとのこと。この初めての宇宙ポルノのためのキャンペーンページはこちらだ。プロジェクトのタイトルは「SEXPLORATION」と名付けられている。俳優と、おそらくはカメラクルーを宇宙に送り込み、そして本格宇宙ポルノを撮影する予定であるとのこと。 続きを読む