founders fund

  • 空港などのX線セキュリティマシンの能力をニューラルネットでアップするSynapse

    空港などのX線セキュリティマシンの能力をニューラルネットでアップするSynapse

    現在、日本の成田空港でパイロット事業を行っており、そのスキャナーにより禁止品目の検出率が従来に比べ14%増えた。 続きを読む

  • Disrup SF:サイアン・バニスターが高校中退からエンジェル投資家への道を語る

    Disrup SF:サイアン・バニスターが高校中退からエンジェル投資家への道を語る

    今日(米国時間9/5)、サンフランシスコで開催中のTechCrunch SF 2018でFounders Fundのパートナー、サイアン・バニスターが15歳のホームレスのティーンエージャーからトップクラスのエンジェル投資家になった驚くべき道筋を語った。バニスターはUber、Thumbtack、SpaceX、Postmates、EShares、Affirm、Nianticといった著名なスタートアップへの投資家だ。 続きを読む

  • 安全検査ロボットのGecko Roboticsが700万ドルを追加調達

    安全検査ロボットのGecko Roboticsが700万ドルを追加調達

    Gecko Roboticsは、壁を登るロボットでこの国の発電所の人命を救うことを目的としている。これを継続するために、同社は700万ドルの資金を調達した。出資したのはFounders Fund、Mark Cuban、The Westly Group、Justin Kan、およびY Combinatorらの名だたる投資家だ。 続きを読む

  • Peter Thielは投資対象としての自動運転技術に半信半疑、「自動車など要らない世界が良い」説

    Peter Thielは投資対象としての自動運転技術に半信半疑、「自動車など要らない世界が良い」説

    億万長者の投資家Peter Thielは、トレンドに投資するのは嫌いだ、とよく言う。今週サウジアラビアのリヤドで行われた投資フォーラムFuture Investment Initiativeで、ジャーナリストのMaria Bartiromoと共にステージに立った彼は、同じ言葉を繰り返した。 今の主な投資対象を聞かれた彼は、シリコンバレーの外に着目していることが多いが、SaaSソフトウェアや仮想コンピューティング、拡張現実、人工知能といった“バズワード”はあまり重視しない、と答えた。 続きを読む

  • 新薬開発をデータ分析で助け実験を効率化するElemental Machinesがシード資金$2.5Mを獲得

    新薬開発をデータ分析で助け実験を効率化するElemental Machinesがシード資金$2.5Mを獲得

    ケンブリッジのElemental Machinesは、ウェットラボのソフトウェアシミュレーターを作っていて、とくに、新薬開発など薬の研究開発をデータによって行うことにより、その時間と費用を低減することをねらっている。 同社は、ラボで得られたデータで、シミュレーションにおける実験の再現性を改良することを目指しており、その新しい考え方に目をつけた投資家のFounders Fundは、同社に250万ドルのシード資金を提供した。 Founders Fundは、SpaceXや、Lyftの車の相乗りサービス、寿命延伸の研究など、未来をラジカルに変える可能性… 続きを読む

  • 将来の健康予測をしてくれる100Plus、Founders FundおよびPeter Thielから50万ドルを調達

    将来の健康予測をしてくれる100Plus、Founders FundおよびPeter Thielから50万ドルを調達

    明日の自分の健康状態、あるいは10年後の自分の健康状態を知りたいと考えたことがおありだろうか。そうした目的に沿うためのサービスづくりを行なっているのが100Plusという新しいステルススタートアップだ。ヘルスケアおよび関連データを扱うプロフェッショナルであるChris Hoggと無料EMR(Electronic Medical Records)サービスのPractice Fusionのファウンダー兼CEOのRyan Howardが設立したサービスだ。 簡単にいえば100Plusは、個々の利用者に利用者自身のデータに基づく将来的健康予測を提供してく… 続きを読む

  • ワークグループのためのマイクロメッセージングツールYammerが$5Mを調達

    ワークグループのためのマイクロメッセージングツールYammerが$5Mを調達

    それまではたったの5000ドルだった。昨年のTechCrunch50の優勝者として、この、ワークグループが互いにマイクロメッセージングするためのサービスであるYammerが、賞金として受け取ったのはそれだけだ。それが今、ファウンダのDavid Sacksによると、$5M(500万ドル)のシリーズA資金をFounders FundとCharles River Venturesから調達した。Yammerは家系図サイトGeniからのスピンオフだが、そのGeniも同じく$5M(500万ドル)を同じ投資家たちからシリーズCで獲得した。 Founders F… 続きを読む