FreakOut

  • フリークアウトとはてな、広告主のブランド毀損防止で協業、はてブのスパム対策活用

    フリークアウトとはてな、広告主のブランド毀損防止で協業、はてブのスパム対策活用

    フリークアウトは19日、自社開発するDSP「FreakOut」において、広告主のイメージ低下を招くサイトへの広告配信を除外するアドベリフィケーション機能を搭載した。FreakOutを利用する広告主は今後、自ら指定する不適切なサイトに広告が掲載されるのを防げる。サイトを判定するアルゴリズムは、はてなブックマークのスパム対策に使われている機械学習エンジンをもとに、フリークアウトとはてなが共同開発した。アドベリフィケーション経由の売り上げは両社でシェアする。 続きを読む

  • 広告テクノロジーのFreakOutがYJキャピタルからシリーズBラウンドで5億円調達

    広告テクノロジーのFreakOutがYJキャピタルからシリーズBラウンドで5億円調達

    FrekOutは広告枠を表示タイミングでリアルタイムに価格を入札して買い付ける、いわゆるRTB(リアルタイム入札)のDSP(Demand Side Platform)という広告のプラットフォームを提供しているスタートアップである。 2010年に創業したこのスタートアップについては過去にもTechCrunch Japanでも取り上げている。このFreakOutが本日、ヤフーのベンチャーキャピタル子会社のYJキャピタルからシリーズBとなる5億円の資金調達をしたことを発表している。資金調達後の企業価値は103億円となったという。 続きを読む

  • 今度はアドテクノロジーのFreakOutが3.5億円を調達

    今度はアドテクノロジーのFreakOutが3.5億円を調達

    またもやアドテクノロジーに対する増資が発表された。FreakOutについては昨年記事にしているが、いわゆるDSP(Demand Side Platform)と呼ばれる広告主にとって広告の価値を高めるプラットフォームを提供するサービスを提供しているが、このFreakOutが総額で3億5,000万円の増資を実施した。珍しいことにその引受先が開示されていないのだが、大手ベンチャーキャピタルと事業者系ベンチャーキャピタルの2社であることは間違いない。 続きを読む

  • [jp]国内でもリアルタイム入札が可能なディスプレイ広告のプラットフォームにFreakOutが参入

    [jp]国内でもリアルタイム入札が可能なディスプレイ広告のプラットフォームにFreakOutが参入

    米国で起こるインターネットの(ディスプレイ)広告業界の変化については昨年記事で紹介しているが、広告のテクノロジーは細分化されて複雑化しているのがわかる。そもそもアドネットワークの時代では、広告主のROIと媒体の収益という相反する事項をアドネットワーク1社がバランスさせることは難しかったが、アドエクスチェンジの登場以降、広告主側(いわゆるデマンド側)と媒体側(いわゆるサーバー側)にあわせたプレイヤーが登場してきている。あわせて、より効果の高い広告を表示させるために、広告を見ているユーザーの属性データ(オーディエンスデータ)を提供する中間… 続きを読む