言論の自由 / 表現の自由(用語)

言論の自由 / 表現の自由に関する記事一覧

  • フロリダ州の「禁止の禁止」令はSNS企業の言論の自由の試金石となる

    フロリダ州の「禁止の禁止」令はSNS企業の言論の自由の試金石となる

    フロリダ州のロン・デサンティス知事は、ソーシャルメディア企業が州議会候補や報道機関による利用を禁止する行為を制限する法案に署名した。これは企業に与えられた言論の自由の権利に真っ向から挑戦するものだ。 続きを読む

  • 私は言論の自由の擁護者だがその意味がわからなくなった、技術と言論の自由に待ち構えているものとは?

    私は言論の自由の擁護者だがその意味がわからなくなった、技術と言論の自由に待ち構えているものとは?

    米国の大統領はおそらく世界最強だといわれている。その彼がTwitterに投稿できない。そしてFacebookにも。それだけでなく、先週私たちが目撃したように、その他の多くのソーシャルネットワークに対してもだ(まあ彼はまだ核ミサイルの発射コードを手にしているので、それはそれで熟考すべき興味深い力だが)。 続きを読む

  • Facebookは言論の自由ではない、暴言に最適化された増幅アルゴリズムだ

    Facebookは言論の自由ではない、暴言に最適化された増幅アルゴリズムだ

    Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は10月17日に講演を行い、「すべての人に発言力を与える」こと、そして「できる限り表現の自由の定義を広く保つ」ための戦いを称賛していた。 続きを読む

  • ザッカーバーグ氏が中国の言論統制を語る「これが私たちが望むインターネットなのか?」

    ザッカーバーグ氏が中国の言論統制を語る「これが私たちが望むインターネットなのか?」

    中国は社会的価値観を輸出し、政治広告は表現の自由の重要な一部分となり、危険な言論の定義は常に牽制しなければならない。FacebookのCEOを務めるマーク・ザッカーバーグ氏は、ジョージタウン大学でそのように論を述べた。 続きを読む

  • 国の安全保障問題を監視するジャーナリズムは国家の敵なのか?

    国の安全保障問題を監視するジャーナリズムは国家の敵なのか?

    6年前、英国情報機関の職員がロンドンの新聞社ガーディアンに押し込み、米国安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデンが持ち出した高度な機密情報を保存していると彼らが目星を付けたコンピューターを破壊するよう、同紙のスタッフに命じた。 続きを読む

  • Facebook広告チームがエリザベス・ウォーレン上院議員の選挙広告削除で墓穴

    Facebook広告チームがエリザベス・ウォーレン上院議員の選挙広告削除で墓穴

    Facebookの広告部がまたやらかした。今回はエリザベス・ウォーレン上院議員の、巨大IT企業の分割を提案する選挙広告を撤去した。 続きを読む

  • FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    2016年のドナルド・トランプの選挙以来、Facebook やTwitterといったソーシャルメディアプラットフォーム上でのヘイトスピーチに注目が集まるようになった。活動家がこれらの企業にコンテンツの節度を改善するよう圧力をかける一方で、いくつかのグループは(ドイツ政府は関与せず)即座にプラットフォームを告訴した。 続きを読む

  • iOS版Telegramのアップデートが再開――Appleが凍結を解除

    iOS版Telegramのアップデートが再開――Appleが凍結を解除

    一日のあいだに物事は良い方向にも悪い方向にも変わるものだ。6月1日、TelegramのCEO Pavel Durovは、6週間におよぶ凍結期間を経てiOS版Telegramのアップデートを再開すると発表した。凍結期間のあいだ、Appleは世界中のApp Storeに登録されたTelegramには手をつけず、すでに同アプリをインストールしたユーザーに対するプッシュ通知も許可していたが、Telegramのアップデートを受け付けていなかったのだ。弊誌が確認したところ、現在ではTelegramのアップデートを許可していることをAppleも認めた。… 続きを読む

  • トランプにブロックされたTwitterユーザーが憲法(基本的人権)違反で彼を訴訟

    トランプにブロックされたTwitterユーザーが憲法(基本的人権)違反で彼を訴訟

    今日(米国時間7/11)提出された訴状で、一部のTwitterユーザーが、自分たちをブロックしたとして大統領を訴えている。原告はKnight First Amendment Institute at Columbia University(コロンビア大学憲法修正第一条に関するKnight研究所)となっていて、トランプはユーザーをブロックすることによって言論を抑圧し、“個々の原告の公開フォーラムへの参加に対し、主観に基づく制約を課している”、としている。 続きを読む

  • TwitterがPolitwoopsへのAPI提供を再開、政治家たちの失言をまた見られる

    TwitterがPolitwoopsへのAPI提供を再開、政治家たちの失言をまた見られる

    Twitterからの発表によると、Twitter上の政治的な失言が再び、Politwoopsに保存され見られるようになる。 Twitterは今年、Politwoopsに対して、APIへのアクセスを禁じた。それにより、政治家たちの削除されたツイートをアーカイブするPolitwoopsのサービスは、利用できなくなったようだ。 続きを読む

  • 連邦型Webは言うは難く行うは易し–ネットの全ユーザが自分のドメインネームを持つことから

    連邦型Webは言うは難く行うは易し–ネットの全ユーザが自分のドメインネームを持つことから

    Twitterが今週初めにジャーナリストGuy Adamsのアカウントを停止した件は、Twitterに代わるもっとオープンなシステムの必要性をめぐってここ2週間ほど沸き立ってきた議論を、さらに前進させるべき契機だ。TwitterはAdamsのアカウントを復活したが、同社の行為はそのような代替システムが重要である理由を示している。それは、デベロッパにもっと多くのAPIツールを与えることではない。それは、インターネット上の言論の自由のために、自律性と自己回復力のあるシステムを構築することだ。 Dave Winerも指摘しているが、必要なものはす… 続きを読む