FreshBooks

  • Outrightの簡易オンライン会計ソフトが、$2M調達して一般公開

    Outrightの簡易オンライン会計ソフトが、$2M調達して一般公開

    今や自営業者やスモールビジネス向けの会計ソフトアプリケーションといえば市場に不足はないが、それでもスタートアップやベンチャーキャピタリストたちは、新製品をひっさげて乗り込むことをためらわない。 GoBootstrapは、中小企業のオーナー向けに、収支の管理を行うとともに入力データに基づいて国税や州税の予測を行うための超カンタンなウェブベースのツールを提供しようというスタートアップだ。 ここに貼ったロゴを見れば、GoBootstrapがOutrightという別の名前で再スタートしたことがわかる。さらに同社は、First Round Capita… 続きを読む

  • FreshBooksが四半期毎産業ベンチマークレポートを公開へ

    FreshBooksが四半期毎産業ベンチマークレポートを公開へ

    トロントに拠点を置き、2004年から請求書発行サービスを手がけているFreshBooksが、集約したビジネスデータを一般に公開し始めた。このデータを見て同業他社と比較した自社の状況を、新規顧客と既存顧客からの収益比率や総請求額など様々な基準から検討することができる。比較対象として参照できる業種はエンジニアリング、ITサービス、法律事務所など一般的なものから、あまり見ることのない「ミュージシャン」などが含まれている。FreshBooksは今後四半期毎にこのレポートを発表していく予定だ(今回のレポートはこちらから見ることができる)。 Fre… 続きを読む

  • FreshBooks、オープンAPIをローンチ

    FreshBooks、オープンAPIをローンチ

    オンラインインボイスサービスのFreshBooksがオープンAPIをローンチした。 Freshbooksの新しいAPIを利用すると、アプリケーションの開発者や企業、サービス提供者、ユーザーは FreshBooksのインボイスのプラットフォームとさまざま種類の新しいカテゴリーのサービスを連携させることができる。これによって生産性の向上、ワークフローの改善、販売、顧客管理、プロジェクト管理、インボイスなどの効率化が図れると期待されている。 このAPIを利用して、時間管理、プロジェクト管理、デスクトップウィジェットなど既存のアプリケーションへ機能… 続きを読む

  • FreshBooks、市場と比較できるレポートを発行

    FreshBooks、市場と比較できるレポートを発行

    オンライン請求システムの「FreshBooks」は、新バージョンを昨日(米国時間10/4)リリース。その中には僕が今後来るだろうと思っていた興味深い要素が含まれている。ユーザーは属している産業や部門ごとに収集されるアグリゲートデータへの参加希望の有無を尋ねられる(オプトイン)。参加者は、例えば自分以外のウェブデザイナーたちのプロジェクト1件あたりの請求額、月収、それに請求金額支払いにかかったスピードなどを知ることができる。時間の経過とともに、個々の平均金額、他の参加者に比べ自分のパフォーマンスが向上しているのかどうかも分かる。Fres… 続きを読む

  • FreshBooks、オンライン請求システムの新しい挑戦

    FreshBooks、オンライン請求システムの新しい挑戦

    さくさく動くオンライン請求サービスは多々あるが、Toronto拠点のFreshBooksは外部サービスとのインテグレーションを行うことで他の類似サービスと差別化を図る。 FreshBooksは2004年に2ndSiteという名前でビジネスをスタート。今日(米国時間8/23)、ユーザーがカスタマーに請求書をUS Postal Mailで自動的に送るサービス提供を始めた。オンライン請求システムを利用を好まないカスタマーは、簡単に郵送での支払いが行えるよう返信用封筒(返信先住所が見えるように小さく「窓」が切り抜かれた封筒)同封の請求書をファースト… 続きを読む